パソコン関連 アフィリエイト広告

HP ENVY x360 14-fc/faは14インチ化/IntelとAMD版両方が新発売

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

HPのハイエンド2in1ノートパソコン

HP Envyシリーズについて

HP Envy x360 14-fc(Intel)

HP Envy x360 14-fa(AMD)

の、2種類が2年ぶりに新発売されました。

 

今回は、HPの新製品発表会に招待していただいたので参加してきました。

2年ぶりのモデルチェンジというのと、IntelとAMD同時発売ということで気合が入っていると感じました。

  1. Intel Core Ultraもしくは最新のAMDを搭載し性能大幅アップ
  2. 13⇒14インチ化で重量1.33→1.39kg

と、大きく進化していましたので、旧型と比較しつつ、詳しく説明していきます。

 

日本HPより当サイト用の割引クーポンを提供していただきました。

下のリンクより購入していただくと、税込13.2万円以上のノートパソコンが7%オフで購入できます。【広告】【提供:株式会社日本HP

日本HP 7%OFFクーポンページ

 

上記の7%オフクーポン適用で、Intel Core Ultra 7+メモリ16GB+2.8K OLEDで17.98万の構成が1.14万オフ、16.7万で購入できます。

HP ENVY x360 14 製品紹介

Intel Core Ultra版

OS Windows 11 Home 64ビット
CPU インテル® Core™ Ultra 5 125U, Core™ Ultra 7 155U
メモリ 16~32GB
ディスプレイ(OLED) 14.0インチ・2.8Kブライトビュー・OLEDタッチディスプレイ(2880×1800 / 16:10 / 400nit / 48~120Hz)
ディスプレイ(IPS) 14.0インチ・WUXGA非光沢・IPSタッチディスプレイ(1920×1200 / 16:10 / 400nit / 60Hz)
SSD 512GB~1TB PCIe® Gen4 NVMe™ M.2 SSD
光学ドライブ なし
無線LAN IEEE 802.11ax (Wi-Fi 6E対応)
Bluetooth Bluetooth(Ver5.3)
Webカメラ 5MP IR カメラ (約500万画素)
認証 顔認証
外形寸法(mm) 約 313 × 218× 16.9 mm(最厚部)
駆動時間 最大15時間(IPS)、10.5時間(OLED)
重量 1.39kg
価格 16万円台~

AMD版

OS Windows 11 Home 64ビット
CPU AMD Ryzen™ 5 8640HS, Ryzen™ 7 8840HS
メモリ 16~32GB
ディスプレイ(OLED) 14.0インチ・2.8Kブライトビュー・OLEDタッチディスプレイ(2880×1800 / 16:10 / 400nit / 48~120Hz)
ディスプレイ(IPS) 14.0インチ・WUXGA非光沢・IPSタッチディスプレイ(1920×1200 / 16:10 / 400nit / 60Hz)
SSD 512GB~1TB PCIe® Gen4 NVMe™ M.2 SSD
光学ドライブ なし
無線LAN IEEE 802.11ax (Wi-Fi 6E対応)
Bluetooth Bluetooth(Ver5.3)
Webカメラ 5MP IR カメラ (約500万画素)
認証 顔認証
外形寸法(mm) 約 313 × 218× 16.9 mm(最厚部)
駆動時間 最大14.5時間(IPS)、10.5時間(OLED)
重量 1.39kg
価格 13万円台~

Intel,AMD版とも、CPUが違うだけで、スペックはほぼ同じです。

 

価格

Intel版

AMD版

スタートプライスは、AMD版のほうが2万円以上安く、メモリ32GB+SSD1TBの最高性能構成だと、AMD版のほうが1万安いです。

1万の価格差を気にするような価格帯の機種ではないと思うので、好きなほうを買うのがよいでしょう。

Intel Core Ultraに興味を惹かれますが、最新のAMD Ryzenもベンチマークのスコアは高いです。

HP Envyに搭載されるIntel Core Ultraは、HではなくUシリーズのようなので、パフォーマンスはHシリーズよりも控えめであることが予想されます。

ベンチマーク上の性能は、AMDのほうが有利と言えます。

 

HPは学割も実施しており、以下に該当する方であれば安く購入できます。

  • 小学校、中学校、高等学校、大学、大学院、専門学校の学生、またその学校に進学が決定した生徒
  • 大学受験予備校に在籍する学生
  • 上記学生のお客様の保護者
  • 教職員および教育関連機関にお勤めのお客様

例えば私は小学生の保護者なので該当になります。

HP直販サイト(学割ページ)

 

IntelとAMDのどちらを選ぶか?私はAMDを選びます

HP Envy x360 14は、IntelとAMD両方のモデルが発売されています。

最高構成で比較すると

  1. Intel Core Ultra 7 155U
  2. AMD Ryzen 7 8840HS

の比較となります。

ノートパソコンに搭載されているCPUのベンチマークとなる、PassMarkというスコアを紹介します。

CPU PassMarkスコア
Ryzen 9 7945HX 55967
Core i9-13900HX 44998
Core i7-13700HX 34286
Ryzen 7 7745HX 32732
Core i7-13700H 30030
Ryzen 7 8845HS ※最新世代 29904
Core Ultra 7 155H ※最新世代 24910
Core Ultra 5 125H ※最新世代 21300
Core Ultra 7 155U ※最新世代 15459
Core Ultra 5 125U ※最新世代 17921
Ryzen 7 7735U 21082
Core i5-1340P 20106
Core i7-1360P 19600
Ryzen 7 7730U 18864
Core i7-1260P 17257
Core i5-1240P 17345
Core 5-120U ※最新世代 17292
Ryzen 5 7535U 17123
Core i5-1335U 16814
Ryzen 5 7530U 16509
Ryzen 5 5625U 15000
Core i5-1235U 13865
Core i3-1315U 13755
Ryzen 3 7330U 11816
Core i7-1165G7 10681
Core i5-1135G7 10298
Ryzen 3 5300U 10000
Ryzen 5 7520U 9489
Intel N100 5657
Intel Celeron 7305 2665

まだ、サンプルが乏しいのですが、Intel Core Ultra 7 155Uのスコアは意外と伸び悩んでいるという印象です。

対して、AMD Ryzen 7 8840HSは、サンプルが見つからなかったのですが、類似のRyzen 7 8845HSが、スコア約29000もあるので、8840HSもそれに近いスコアが出ると予想され、性能は8840HSのほうが上と言えます。

 

また、グラフィック性能について、Intel Core Ultra 7 155Uは、グラフィック性能が大きく引き上げられたIntel® Arc™ graphicsではなく、Intel® Graphicsのようです。

対して、AMD Ryzen 7 8840HSは、8845HSと同じく現時点のCPU内蔵グラフィックスでは最高性能の、AMD Radeon™ 780Mのため、グラフィック性能もAMDに分があると考えられます。

 

価格は最高構成のメモリ32GB+SSD1TBで、AMDのほうが1万円安いです。

私が現時点でHP Envyを購入するなら、AMDのほうにします。

個人的にHP Envyは、旧型のAMDモデルを持っていて、気に入っていたのでめちゃくちゃ欲しい・・・と思ってます。

 

旧型との比較

旧型と比較して何が大きく変わったか?というと

  1. Intel Core Ultraもしくは最新のAMDを搭載し性能大幅アップ
  2. 13⇒14インチ化で重量1.33→1.39kg

となっています。

旧型は価格の割に、CPU性能が物足りなかったので、性能が大幅アップしたのはうれしい進化です。

また13⇒14インチ化についても、旧型はもともと軽くはなかったので、今回の14インチ化で重量が1.3kg台に抑えてきたことはプラスだと感じています。

13インチと14インチでは、画面のみやすさが体感上結構違います。

特に、私のように2021年以前の画面比率16:9のEnvyを使っている方には、今回新型はディスプレイがとても見やすく感じると思います。

 

またキーボードも旧型はよく、新型もチェックしてみましたがとてもきれいな配置でした。

キーボードの良さも引き継いでいると感じます。

 

ディスプレイは16:10のOLED/IPS

HP Envy x360 14は、ディスプレイに、解像度2.8Kのディスプレイを選択できます。

解像度1920×1200のIPS液晶も選べますが、せっかくHP Envyを購入するのであればOLEDのほうが良いと感じます。

HP Envyは、旧型の有機EL(OLED)も、とてもきれいなディスプレイでした。

今回のOLEDも期待できると思います。

 

上記機種HP Spectre x360 14との比較

OS Windows 11 Pro 64ビット
CPU インテル® Core™ Ultra 7 プロセッサー 155H
メモリ 32GB(デュアルチャネル)
ディスプレイ 14.0インチワイド・2.8Kブライトビュー・OLEDタッチディスプレイ(2880 × 1800)
SSD 1TB SSD(PCIe Gen4x4 NVMe M.2)
アクティブペン HP MPP アクティブペン(ブラック)
無線LAN IEEE 802.11ax (Wi-Fi 6E対応)
Bluetooth Bluetooth(Ver5.3)
Webカメラ HP Wide Vision 9MP IR カメラ (約900万画素)
指紋認証 あり
顔認証 あり
外形寸法 約 313 × 220 × 16.9 mm
駆動時間 最大13時間(66Wh)
重量 1.44kg
価格 20.98万~

HPのハイエンド2in1ノートパソコンとしては、HP Envyより上位機種のHP Spectreがあります。

こちらも14インチでスペックはとても似ており、HP Spectreのほうが若干重いです。

スペック上は、HP Envyもほぼ同等なので、HP Envyがいかに高級路線に振りきってきたか、が分かります。

しかもHP Envyのほうが安いので、HP Envyはとてもお買い得と言えます。

 

新型HP Envyは大幅進化し高級PCへシフト

上記紹介の通り、HP Envyは、旧型はスタンドモードモデルHP Pavilionより少し高級、暗いの位置づけでしたが、新型となり、高級感やスペックがさらに大幅進化したと感じます。

特に、13⇒14インチ化し、重量がさほど増えなかったのが大きなプラスだと感じます。

機種自体はとても良い出来であると感じますので、実機レビューが楽しみな機種です。

 

関連記事

当記事を気に入っていただけましたら、ツイッターのフォローを頂ければ、ツイッターで最新更新情報をお届けいたします。
Intel Core Ultra搭載 HP Spectre x360 14 2024年新型発売HPの個人向けフラッグシップノートパソコン HP Spectre x360 14/16 について、期待のIntel最...
ノートパソコンメーカー レノボ・DELL・HPの比較とコスパ最強おすすめ機種紹介ノートパソコンをなるべく安く、品質を良いものを購入する場合 レノボ・DELL・HPのパソコンを直販サイトで購入するのがもっともお勧...
HPのノートパソコンは学割が安い。価格.com限定モデルよりも安いので必ずチェックを!HPのノートパソコンお買い得情報を毎週チェックしており HPのノートパソコンは学割が安い 価格.com限定モデルよりも安...
HPノートパソコンの評判・おすすめ機種を紹介【コスパ良くデザインが良いのが強み】レノボ・DELLと並んで、ノートパソコンをコスパ良く購入したい場合におすすめのメーカーがHPです。 私自身、HPのENVY x36...
ノートパソコンを2023年から28台レビュー。おすすめ機種まとめレノボ・DELL・HPのノートパソコンを、2023年から現在にかけてに28台レビューしました。 レビューしてきた機種の中で、特にお...