パソコン関連 アフィリエイト広告

レノボYoga Pro 7i Gen8レビュー【外出クリエイティブワークにおすすめ】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

レノボの14.5インチハイパワーノートパソコン レノボYoga Pro 7i Gen 8をレノボよりお借りすることができましたので、実機レビューを書きます。

レビュー機のマシンのスペックは以下の通りです。スタンダードグレードの11万円台からの構成でした。

  1. CPU:Intel Core i7-13700H
  2. メモリ16GB
  3. SSD 512GB
  4. NVIDIA GeForce RTX™ 4050 Laptop GPU 6GB GDDR6
  5. 14.5インチ 3K液晶 (3072 x 1920) IPS, 光沢なし, マルチタッチ非対応, 100%DCI-P3, 400 nit, 120Hz

※レビュー機はグラフィックカードにRTX4050を搭載していましたが、現在購入できる構成はRTX3050のみのようです。

 

この性能の高さをもちつつ、12万円台から購入可能で、グラフィックカードを搭載した構成でも15万円台から購入できます。

また1515g(実測値)と、持ち運びすることもできる重量です。

  1. 動画編集やゲームなど幅広い用途での活用
  2. 持ち運んでのクリエイティブワーク

上記用途に、特におすすめできます。

これだけの性能をもつノートパソコンを、1.49kgという重量で持ち運べるというのは他機種にはなかなかない特徴の機種です。

 

※新型のGen9が2024年3月発売されました。

OS Windows11 Home(64bit)
CPU インテル® Core™ i7-13700H プロセッサー
メモリ 16 GB LPDDR5-5200MHz (オンボード)
ストレージ 512 GB SSD M.2 2280 PCIe-NVMe Gen4 TLC
液晶 14.5″ 3K液晶 (3072 x 1920) IPS, 光沢なし, マルチタッチ非対応, 100%DCI-P3, 400 nit, 120Hz
グラフィックカード NVIDIA® GeForce RTX™ 3050 Laptop GPU 6GB GDDR6
カメラ IR&1080p FHDカメラ (電子式プライバシーシャッター付)
指紋認証 なし
重量 約1.49kg
サイズ 約 325.5×226.49×15.6mm(最薄部)
バッテリー 最大17時間  73Wh
価格 15万円台

レノボYoga Pro 7i Gen8 のおすすめポイント

性能が高い、かつ1515g(実測値)と比較的軽量

レノボYoga Pro 7 Gen8 は、Intel Core i7-13700Hと外部グラフィックカードを搭載し、かつ、重量1515gと、持ち運びも可能な重量であることが最大の特徴です。

レビューでベンチマークをとりましたが素晴らしい性能で、この性能で重量約1.5kgというのが素晴らしいと言える機種です。

 

ゲーム・動画編集もOK

レノボYoga Pro 7i Gen8は、外部GPUを搭載しているためグラフィック性能も高いです。

そのため動画編集などクリエイティブワークや、FF15など重量級の3Dゲームでも楽しめるだけの性能があります。

 

ハイパワーで持ち運び可能なところに唯一無二の価値がある

レノボYoga Pro 7i Gen8は、高い性能を持ちつつ、比較的軽い重量で持ち運べるというところに最大の価値があると言えます。

外部グラフィックも搭載しつつ、持ち運びもできるというのは素晴らしいです。

また外観も、落ち着いていて普段使いもできるというのも、ポイント高いです。

 

価格も性能を考えると安い

価格も、外部グラフィックカード搭載構成で15.98万円と安いです。

この性能と軽さに対するコスパは素晴らしいものがあります。

 

レノボYoga Pro 7i Gen8 での注意点

電源が大きくて大容量

グラフィックカード搭載構成は、電源容量が大きく、レビュー機は140Wもの容量がありました。

電源アダプタのみの重さで実測431gと、重量もそれなりにあります。

ためしに、65Wの充電器での充電を試してみましたが、使い続けていると逆にバッテリー容量が減っていってしまっていたため、65Wでは足りませんでした。

外部グラフィックカード未搭載構成であれば、電源アダプタ容量は100Wになるため、これでも大きいですが少しは抑えられます。

そのため、充電器として、純正のものでなく別メーカーの充電器を使っている場合、容量に注意してください。普通の容量のものだと足りない可能性が高いです。

 

比較検討したい機種はほぼ不在で唯一無二の価値がある

レノボYoga Pro 7i Gen8のように、比較的軽量でグラフィックカードも搭載しているような機種はほぼほかには見当たらず、ライバルほぼ不在の機種となります。

14.5インチという画面サイズも絶妙で、クリエイティブワークを行うにも小さすぎない画面サイズで、かつ持ち運ぶこともしやすいサイズ感となります。

 

レノボYoga Pro 7i Gen8のスペック

レノボYoga Pro 7i Gen8

レノボ公式サイト

OS Windows11 Home(64bit)
CPU インテル® Core™ i7-13700H プロセッサー
メモリ 16 GB LPDDR5-5200MHz (オンボード)
ストレージ 512 GB SSD M.2 2280 PCIe-NVMe Gen4 TLC
液晶 14.5″ 3K液晶 (3072 x 1920) IPS, 光沢なし, マルチタッチ非対応, 100%DCI-P3, 400 nit, 120Hz
グラフィックカード NVIDIA® GeForce RTX™ 3050 Laptop GPU 6GB GDDR6
カメラ IR&1080p FHDカメラ (電子式プライバシーシャッター付)
指紋認証 なし
重量 約1.49kg
サイズ 約 325.5×226.49×15.6mm(最薄部)
バッテリー 最大17時間  73Wh
価格 15万円台

 

レノボYoga Pro 7i Gen8の価格・おすすめ構成

Intel Core i5-13500Hでグラフィックカードなしの構成で12.48万

Intel Core i7-13700H+GeForce RTX3050の構成で15.98万

となります。

せっかくこの機種を購入するなら、グラフィックカードありで軽量な構成の15.98万のほうを購入するのがよいと思います。

 

レノボYoga Pro 7i Gen8の外観と機能

外観・デザイン・質感

外観はとても落ち着いており、高級感のある外観となっています。

また高性能であるにもかかわらず、ボディは薄く、持ち運ぶこともできるサイズとなっています。

 

13.3インチのHP ENVYと重ねてみたときのサイズ感です。

13.3インチよりもわずかに大きい程度で、14.5インチといえどもコンパクトなサイズに仕上がっていることが分かります。

 

また、15.6インチのモバイルディスプレイとの大きさ比較は上記写真の通りです。

縦幅はほぼ同じで、15.6インチ並みの見やすさもあります。

 

重量

メーカー公称の重量は1.49kgです。実測値は1515gとほぼ同じでした。

14.5インチ、外部グラフィックカードも搭載してこの軽さは素晴らしいと言えます。

 

アダプターは140W出力、USB TYpe-Cのもので431gとなります。軽くはないですが、容量を考慮すると頑張っていると思います。

本体実測値 1515g
アダプター 431g

アダプタ容量が140Wもあるので、外部メーカーの充電器ではなかなか代替が難しく、純正の充電器を持ち運ぶことになるでしょう。

 

ディスプレイ

液晶(GPUなし) 14.5″ WQXGA液晶 (2560 x 1600) IPS, 光沢なし, マルチタッチ非対応, 100%sRGB, 350 nit, 90Hz
液晶(GPUあり) 14.5″ 3K液晶 (3072 x 1920) IPS, 光沢なし, マルチタッチ非対応, 100%DCI-P3, 400 nit, 120Hz

レノボYoga Pro 7i Gen8 は、有機ELの設定はなく、IPS液晶のみとなります。

外部グラフィックカードありの構成のほうが、解像度も高く、少し高性能なディスプレイとなります。

 

上記は、左が13.3インチのHP ENVY(輝度400nit、色域sRGB100%)とのディスプレイ比較です。

IPSですが十分に綺麗で明るく、色もあざやかなディスプレイです。

 

有機ELでなくとも十分に品質の高いディスプレイで、リフレッシュレートも120Hzと高いです。

画像編集・動画編集・ゲーミングなど幅広い用途に使えます。

 

キーボード

キーピッチは横19mm、縦18.5mmです。

IdeaPadでも採用されている右端のENTERキーやBackspaceキーがやや小さい配置です。

ただ配置自体にクセはなく、普通に使えるキーボードだと言えます。

 

キーストローク は約1.6mm です。

打鍵感も普通で、キーボードで点数をつけるなら75点くらいのキーボードです。

タッチパッドの操作感は良好です。

Yogaシリーズでやや残念なのはこのキーボードで、下位クラスのIdeaPadシリーズとあまり差がないところが少し残念なポイントと言えます。

ただこの機種はストロークが少し深いので、他のYogaシリーズの7 Gen8と比べると、こちらのほうが少しキーが打ちやすいように思いました。

 

キーボードバックライトも搭載しており、暗い場所での作業も苦になりません。

 

    インターフェイス

    左側面のインターフェイスは、奥から順番に

    1. HDMI
    2. USB 3.2 Gen 2 Type-C (Ful Function)
    3. Thunderbolt™4 ポート(Ful Function)

    となります。

     

    右側面のインターフェイスが、奥から順番に

    1. USB 3.2 Gen 1 (Powered USB)
    2. マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
    3. 電源ボタン
    4. 電子式プライバシーシャッター

    となります。

     

    USB Type-C対応のDELLモニターに接続して検証したところ、問題なく4K出力、充電が可能でした。

    ただし充電のほうは、ディスプレイからの給電だけでは足りず、逆に容量が減っていってしまっていたため、もっと大きい給電容量が必要なのだろうと思います。

     

    バッテリー駆動時間のチェック

    バッテリーは73Whrと、非常に大きいバッテリー容量となります。

    以下の条件にてバッテリー駆動時間のチェックを行いました。

    • 輝度MAX
    • youtube動画流しっぱなし
    • 解像度3072×1920(最大)
    メーカー公称時間 最大17時間
    残量0%まで 3時間59分

    最大輝度、最大解像度で使うとバッテリー持ちはよくないので、バッテリーなしで使う場合は解像度や輝度を下げるとよいでしょう。

     

    WEBカメラ

    IR&1080p FHDカメラ (電子式プライバシーシャッター付)を搭載しています。

    ノートパソコンのカメラで写真を撮りました。映りはとてもきれいで、Web会議も問題なくこなせます。

     

    スピーカー

    前面左右に2つのスピーカーが搭載されています。

    スピーカーの音質はとても良いです。HP ENVY x360 13-ayが10点とすると、14点くらいです。完全なる主観の点数となります・・

    何台かのノートパソコンスピーカーを聞き比べてみて、HP ENVYのスピーカーは優秀ということが分かっていますが、レノボYoga Pro 7i Gen8は相当に音がよいと思います。もしかすると今まで聞いた中でトップかもしれません。

     

    無線速度のテスト

    自宅のWiFiは、11ac(Wi-Fi5)で5.0GHzを使用していますが、同じ部屋だと370Mbps速度が出ており、高速です。

    ただし他機種だと500Mbps程度は出ていたのですが当機種ではそこまでの速度は出ませんでした。ただ実用上遅いと感じることはないです。

     

    1階にルーターがある状態で、2階で計測しても360Mbpsを計測し、受信感度も良好です。

     

    ネットワークアダプタは、IntelのWi-Fi 6E対応のものが搭載されていました。

     

    起動時間チェック

    1回目 9.72秒
    2回目 9.82秒
    3回目 9.77秒

    起動時間はとても高速です。

    10秒以内で起動するため、ストレスなく起動します。

     

    レノボYoga Pro 7i Gen8

    レノボ公式サイト

     

    レノボYoga Pro 7i Gen8の内部性能・処理速度

    レノボYoga Pro 7i Gen8は、Intel Core i7-13700Hという高性能CPUを搭載しています。

    パソコン処理性能を計測する上でメジャーな、以下のベンチマークソフトを使って計測した結果を紹介していきます。

    • PassMark
    • CineBench R23
    • PCMARK10
    • Crystal DiskMark(ディスク速度)

     

    また、ゲーミング性能についても、以下のベンチマークソフトを使って計測します。

    • FF14(中量級3D)
    • FF15(重量級3D)
    • ストリートファイター6(重量級)
    • 3DMark

     

    画像編集性能については、画像編集ソフトRawTherapeeでRAW現像10枚の書き出し時間を計測しました。

    • RawTherapeeでのRAW現像時間

     

    動画編集性能については、動画編集ソフトDavinci ResolveでフルHDのyoutube動画書き出し時間を計測しました。

    • Davinci Resolveでのyoutube動画書き出し

     

    生成AIの性能を測るため、PhotoDirectorによる画像生成AIの速度を計測しています。

    • PhotoDirectorによる画像生成AI

     

    計測結果については、電源に接続し、最適なパフォーマンスの計測としています。

    PassMarkのみは、バランス、電源に接続しないバッテリー駆動での計測も行っています。

     

    CPU性能を測るベンチマークとしては最も有名なPassMarkスコアについて、ノートパソコンによく搭載される主要なCPUのスコアを紹介します。

    CPU PassMarkスコア
    Core i7-13700HX 34522
    Core i7-13700H 27804
    Core i7-12700H 27020
    Core i5-13500H 23554
    Ryzen 7 6800H 23797
    Ryzen 7 7735U 21082
    Core i5-1340P 20595
    Ryzen 7 6800U 20584
    Core i7-1360P 19600
    Ryzen 7 7730U 18864
    Ryzen 7 5800U 18837
    Ryzen 7 5825U 18386
    Core i5-1335U 17352
    Core i7-1260P 17257
    Core i5-1240P 17345
    Ryzen 5 7535U 17286
    Ryzen 5 7530U 16509
    Ryzen 5 5600U 15000
    Ryzen 5 5625U 15000
    Core i5-1235U 13865
    Core i3-1315U 13755
    Core i7-1250U 12421
    Ryzen 3 7330U 11816
    Core i5-1230U 10840
    Core i7-1165G7 10681
    Core i5-1135G7 10298
    Ryzen 3 5300U 10000
    Core i3-1115G4 6610
    Intel N100 5657
    Intel Celeron 7305 2665

    事務作業でブラウザをたくさん立ち上げ、かつ重いアプリを複数立ち上げたまま快適に使うのであれば、Core i5-1135G7のスコア10000以上あると、重作業でも十分快適に使えます。

    Intel Core i7-13700Hは、ハイパフォーマンスCPUで、クリエイティブワークやゲーミング用途として使うCPUとなります。

     

    PassMark

    電源接続時(最適なパフォーマンス)

    電源接続時(バランス)

    バッテリー駆動時

    65W充電器接続時

     

    平均値と比較しても、とても高いスコアが出ています。

    マルチ/シングル 最適なパフォーマンス バランス
    マルチスレッド 32079 30948
    シングルスレッド 4057 4103

    バッテリー駆動のスコアは23432と大きく落ちましたので、基本は電源に接続してパフォーマンスをフルに発揮しながら使うのがよいと言えます。

    また試しに65Wの充電器に接続して検証してみましたが、65Wではフルの性能を発揮できず、充電容量も減ってしまう結果となりました。もっと大きい容量の充電器が必要となります。

     

    他の主流CPUの実測値と比較しました。

    CPU マルチ シングル
    Core i-13700HX 36225 3955
    Core i-13700H 32079 4057
    Ryzen 7 6800H 25955 3458
    Core i5-13500H 24533 3830
    Core i5-1340P 21578 3742
    Core i7-1260P 21696 3540
    Ryzen 7 6800U 21461 3459
    Ryzen 7 7735U 21278 3419
    Ryzen 7 7730U 21446 3258
    Ryzen 5 7535U 18944 3298
    Ryzen 7 5800U 18644 3108
    Core i5-1335U 17694 3684
    Core i5-1235U 16601 3465
    Ryzen 5 5625U 16933 3138
    Core i7-1250U 13518 3557
    Core i7-1165G7 11005 3142

    とても高性能であることがベンチマーク結果からも分かります。

     

    CineBench R23

    マルチコアスコア:15428

    シングルコアスコア:1856

    マルチコアスコア・シングルコアスコアともに、PassMarkと同様にとても高いスコアでした。

     

    ほかの主要CPUと比較します。

    CPU マルチコア シングルコア
    Core i7-13700HX 19558 1656
    Core i7-13700H 15428 1856
    Ryzen 7 6800H 13505 1481
    Core i5-13500H 11027 1779
    Ryzen 7 6800U 11620 1481
    Core i5-1340P 9301 1714
    Ryzen 7 7735U 9250 1515
    Ryzen 7 7730U 9411 1423
    Ryzen 5 7535U 9269 1463
    Core i7-1260P 9158 1481
    Ryzen 7 5800U 9276 1436
    Ryzen 5 5625U 8064 1390
    Core i5-1235U 6961 1461
    Core i7-1250U 5334 1515
    Core i7-1165G7 4122 1383

    PassMarkと同様に、非常に高いスコアです。

     

    PCMARK10

    PCMARK10は、実際のアプリケーションを使用したベンチマークソフトで、実際にパソコンを使った時の作業快適性を計測するのに適しているといわれているベンチマークです。

    測定結果は以下の通りです。

    トータルスコア:7121

     

    Essentials:9409(推奨値4100)

      Essentialsはパソコン基本性能の測定結果です。

      推奨値4100なので、高い数値です。実際に使ってみてもレスポンスは極めて快適です。

       

      Productivity:9577(推奨値4500)

        ProductivityはOfficeなどビジネス系アプリの速度で、これも非常に高いスコアです。

         

        Digital Contents Creation:10873(推奨値3500)

          Digital Contents Creationは画像編集や動画編集などの性能を表すスコアです。

          こちらも非常に高いスコアです。

           

          Intel Core i5-1340Pを搭載したYoga 7i Gen8と比較してみます。

          レノボYoga Pro 7i Gen8:Intel Core i7-13700H

          レノボYoga 7i Gen8:Intel Core i5-1340P

          計測内容 Yoga Pro 7 Yoga 7i Gen8
          トータル 7121 5623
          App Start-up Score(アプリ起動) 10594 12449
          Video Conferencing Score(Web会議) 7637 8347
          Web Browsing Score(Web閲覧) 10297 9788
          Spreadsheets Score(表計算) 12571 6973
          Writing Score(文書作成) 7297 7352
          Photo Editing Score(画像編集) 13466 10158
          Rendering and Visualization Score(レンダリング) 13525 4690
          Video Editing Score(動画編集) 7058 6320

          特にクリエイティブワークのスコアが高いと言えます。

           

          以下、他主要CPUとのスコア比較です。

          Web Browsing Score(Web閲覧)

          Web Browsing Score(Web閲覧) スコア
          Intel Core i7-13700H 10297
          Intel Core i7-13700HX 10187
          Intel Core i5-1340P 9788
          Intel Core i5-1335U 9582
          Intel Core i7-1260P 9128
          AMD Ryzen 5 5625U 8862
          AMD Ryzen 5 7535U 8754
          Intel Core i7-1250U 8698
          AMD Ryzen 7 7735U 8761

           

          Spreadsheets Score(表計算)

          Spreadsheets Score(表計算) スコア
          Intel Core i7-13700H 12571
          AMD Ryzen 5 7535U 11578
          AMD Ryzen 7 7735U 11080
          Intel Core i7-13700HX 10928
          AMD Ryzen 5 5625U 7148
          Intel Core i5-1340P 6973
          Intel Core i5-1335U 6889
          Intel Core i7-1260P 6536
          Intel Core i7-1250U 6481

           

          Writing Score(文書作成)

          Writing Score(文書作成) スコア
          AMD Ryzen 5 5625U 7393
          Intel Core i5-1340P 7352
          Intel Core i7-13700H 7297
          AMD Ryzen 5 7535U 7202
          Intel Core i7-13700HX 6895
          Intel Core i5-1335U 6402
          Intel Core i7-1260P 6344
          Intel Core i7-1250U 6275
          AMD Ryzen 7 7735U 5181

          ほぼすべての項目で、トップクラスのスコアとなっています。

           

          Crystal DiskMark

          シーケンシャルリードが6000を超えており、極めて高速です。

          2021年式のHP ENVYも高速でしたが、HP ENVYは3500だったのでとても高速です。

          機種 シーケンシャルリード
          DELL XPS 13 Plus 6589
          レノボLegion Pro 5i Gen8 6569
          レノボYoga Pro 7i Gen8 6482
          HP ENVY 13-bf(2022年式) 5332
          レノボYoga 7 Gen8 5091
          レノボYoga 7i Gen8 5091
          レノボIdeaPad Slim 5i Gen8 5086
          HP Pavilion Aero 13-be(2023年式) 5045
          レノボThinkPad X1 Gen11 3888
          レノボThinkBook 13x Gen2 3603
          HP ENVY 13-ay(2021年式) 3500

           

          FF14 暁のフィナーレベンチマーク(中量級3D)

          標準品質(ノートPC)で、非常に快適の結果となりました。

          CPU スコア
          Intel Core i7-13700HX+RTX4070(標準) 29454
          Intel Core i7-13700H+RTX4050(標準) 21573
          Intel Core i5-13500H 8214
          AMD Ryzen 5 7535U 7918
          AMD Ryzen 7 7735U 7490
          Intel Core i5-1340P 7383
          Intel Core i7-1260P 7299
          Intel Core i5-1235U 7287
          Intel Core i5-1335U 5638
          Intel Core i7-1250U 5187
          AMD Ryzen 7 7730U 5081

           

          FF15ベンチマーク(重量級3D)

          スコアは標準品質でとても快適、という結果になりました。

          CPU スコア
          Intel Core i7-13700HX+RTX4070(標準) 15852
          Intel Core i7-13700H+RTX4050(標準) 9322
          Intel Core i5-13500H(軽量) 2875
          AMD Ryzen 7 7735U(軽量) 3470
          AMD Ryzen 5 7535U(軽量) 3130
          Intel Core i7-1260P(軽量) 2486
          Intel Core i7-1250U(軽量) 2309

          重量級3Dゲームでも動作は問題ないくらいの性能があります。

           

          ストリートファイター6ベンチマーク(重量級)

          スコア100/100なので完璧なスコアでした。

          ただ、ベンチマークの動画を見ていると、一部FPSが60よりも落ちるタイミングが少しありました。

          RTX4070ではまったくそういうことはなかったので、RTX4050ではわずかに、グラフィック性能が不足していると言えそうです。

          CPU スコア
          Intel Core i7-13700HX+RTX4070(標準) 100/100
          Intel Core i7-13700H+RTX4050(標準) 100/100

           

          上記はベンチマークの動画を撮ったもので、大半はなめらかに動いてますが、一部FPSが落ちるタイミングがありました。

          ストリートファイター6を快適にプレイするには、もう少しグラフィックパワーがあったほうがよいようです。

           

          その他のゲーム

          アーマードコア6(必要スペック:中~高)

          最近発売されたアーマードコア6でも、推奨GPUは「NVIDIA GeForce GTX 1060」以上なので、余裕で推奨スペックをクリアしています。

          アーマードコアは昔、1と2をかなり遊んだ記憶があり、この機種なら6も余裕で遊べるので魅力的ですね。

           

          エルデンリング(必要スペック:高)

          フロムソフトウェア渾身の3D探索型アクションゲームで、全世界で話題沸騰となっているゲームです。

          激ムズと評判になっており、ゲーマー魂をくすぐられる作品です。

          グラフィックは美麗な3Dとなっており、その分マシンスペックも高いものが求められます。

          必要スペックは以下の通りです。

          グラフィックのGeForce GTX 1070のスペックですが、後述する3D MARK Fire Strikeでスコア14688でした。

          この機種ならクリアしており、エルデンリングも問題なくプレイできます。

          ただ、レビュー機のGPUはRTX4050でしたが、現在はRTX3050しか選択できず、3050だと推奨環境には届かない可能性があるので注意が必要です。

          ゲーム用途主体で買う、というよりは、ゲームもある程度できる、くらいの感覚で購入するのが良い機種だと言えます。

           

          3DMark ベンチマーク

          Fire Strikeのスコアは18579でした。

          Fire Strikeのスコア目安は以下の通りです。

          グラフィックボード 3DMark Fire Strike
          GeForce RTX 3080 Ti 38323
          GeForce RTX 3080 36176
          GeForce RTX 4070(Laptop) 27898
          GeForce RTX 4060 27500
          GeForce RTX 3060 20764
          GeForce RTX 4050 Laptop 18579
          GeForce RTX 3050 Ti 14911
          GeForce GTX 1060 10000
          GeForce GTX 1650 9000
          AMD Ryzen 7 6800U(CPU内蔵) 6666
          Intel Core i5-13500H(CPU内蔵) 5237
          AMD Ryzen 5 7535U(CPU内蔵) 5103
          Intel Core i5-1340P(CPU内蔵) 5000
          Intel Core i7-1260P(CPU内蔵) 4462
          Intel Core i5-1235U(CPU内蔵) 4284
          Intel Core i7-1250U(CPU内蔵) 4122
          AMD Ryzen 7 7730U(CPU内蔵) 4000
          AMD Ryzen 5 5625U(CPU内蔵) 3288

          めやすとしてはGeForce GTX 1650、1060がエントリー向けグラフィックボードとなります。

          エントリーグラフィックボードの約1.8倍のスコアとなっており、グラフィック性能も高いと言えます。

           

          RawTherapeeでのRAW現像時間

          フリーの画像編集ソフトRawTherapeeを使って、スマホで撮影したRAW画像10枚のRAW現像にかかる時間を測定しました。

          CPU 時間
          Intel Core i7-13700HX 11秒
          Intel Core i7-13700H 11秒
          Intel Core i5-13500H 13秒
          Intel Core i5-1340P 13秒
          AMD Ryzen 5 7535U 15秒
          Intel Core i7-1260P 15秒
          Intel Core i5-1335U 17秒
          Intel Core i5-1235U 18秒
          AMD Ryzen 7 7730U 17秒
          Intel Core i7-1250U 21秒
          AMD Ryzen 7 5800U 23秒

          とても速い結果となりました。画像編集も快適にこなせるでしょう。

           

          Davinci Resolveでのyoutube動画書き出し時間

          動画編集ソフトDavinci Resolveで、4分のフルHDのyoutube動画書き出し時間にかかった時間を計測しました。

          CPU 時間
          Intel Core i7-13700HX+GeForce RTX 4060 42秒
          AMD Ryzen 7 6800H+GeForce RTX 3050 Ti 48秒
          Intel Core i7-13700H+GeForce RTX 4050 56秒
          Intel Core i5-13500H 1分10秒
          Intel Core i5-1340P 1分17秒
          AMD Ryzen 7 7735U 1分18秒
          AMD Ryzen 7 6800U 1分18秒
          AMD Ryzen 5 7535U 1分22秒
          Intel Core i7-1260P 1分28秒
          AMD Ryzen 7 7730U 1分29秒
          Intel Core i5-1235U 1分40秒
          Intel Core i5-1335U 1分48秒
          AMD Ryzen 7 5800U 1分56秒
          Intel Core i7-1250U 2分22秒

          動画の書き出しもとても速いです。動画編集にも向きます。

           

          PhotoDirectorによる画像生成AI

          PhotoDirectorの機能で、画像の生成AI機能が使えるため、画像生成AIを試しました。

          CPU 時間
          Intel Core i5-1335U 10.58秒
          Intel Core i7-13700H 11.22秒
          AMD Ryzen 5 7535U 11.40秒

          何度か試してみたところ「はりねずみ」というワードで、大体11秒ちょっとくらいで完了しました。

          Core i5-1335Uと、さほど変わらない結果になりました。

          生成AIについては、グラフィック性能が高いからといってスピードがそこまで早くなるわけでもない?のかもしれません。

          まだ、はじめたばかりなので、これから様々なパソコンでも試していきます。

           

          レノボYoga Pro 7i Gen8

          レノボ公式サイト

           

          排熱性能と静粛性

          CPU負荷をツールでかけてみて、CPU温度と本体の温度、静粛性をチェックしてみました。

          パフォーマンスモードで計測しています。

          負荷をかけ続けた時の状態です。

          上記が測定結果ですが、負荷をかけるとCPU温度が上がり、90℃超まで上がりました。

          その後も90℃前後の温度を維持し続けます。

          CPU電力は、負荷をかけると60W超まで上がり、そのあと50W超程度で推移していました。

          この間、キーボードは上部が少し、熱くなる感覚がありますが、普通に使えます。CPU温度の割には、排熱性は高いといえます。

           

          また、負荷をかけた時の音についてはそれなりに音がします。

          ノートパソコンのタッチパッド付近のところで、スマホの騒音測定アプリで測定したところ、負荷をかけている状態で平均40~43db程度でした。

          それなりに音は聞こえますが、ものすごくうるさいというほどではありません。

          騒音目安については以下の通りです。

          騒音値(db) めやす
          50db 大きく聞こえる。静かな事務所
          40db 聞こえるが会話に支障なし。図書館、静かな住宅地の昼
          30db 小さく聞こえる。郊外の深夜、ささやき声
          20db ほとんど聞こえない。ささやき

           

          レノボYoga Pro 7i Gen8のレビュー評価まとめ

          評価まとめ

          各作業のレビュー結果は以下の通りです。

          Web閲覧 ◎(快適)
          Office系事務作業 ◎(快適)
          動画鑑賞 ◎(快適)
          Web会議 ◎(快適)
          SNS・ブログ ◎(快適)
          プログラミング ◎(快適)
          画像・写真編集 ◎(快適)
          動画編集 ◎(快適)
          ゲーム 〇(3DゲームもOK)

           

          ノートパソコン自体の質感、デザイン、耐久性、キーボード、持ち運びやすさ、コスパなどのレビュー結果は以下の通りです。

          質感 〇(良い)
          ディスプレイ ◎(とても良い)
          キーボード △~○(普通)
          インターフェイス ○(良い)
          デザイン ○(良い)
          バッテリー ×~△(バッテリー持ちはそれなり)
          持ち運び ◎(この性能で軽量なのはすごい)
          コスパ ◎(とても良い)

          性能が良く、かつ持ち運べるところが素晴らしい機種です。コスパも高いです。

           

          レノボYoga Pro 7i Gen8の良い点

            1. 性能が良く、かつ軽い
            2. ディスプレイの性能も良い
            3. コスパも良い

            高性能CPUを搭載し、外部グラフィックカードも搭載しつつ、かつ約1.5kgと軽くて持ち運べるところが素晴らしい機種です。

            ディスプレイの性能も良く、コスパも良いので、欠点がほぼなく完成度の高い機種です。

             

            レノボYoga Pro 7i Gen8で気になった点

            1. 特にないがあえて言うならキーボードは普通

            バランスが良く完成度が高いので、欠点と言えるようなところは特にないです。

            あえて言うなら、上級機種のわりにキーボードは普通で、ミドルレンジのIdeaPad Slim 5iとほぼ同じ、というくらいです。

             

            このノートパソコンを購入するのに向く方

              1. 持ち運んでどこでもクリエイティブワークやゲームがしたい方
              2. 幅広い用途に使いたい方

              1.5kgと比較的軽く、動画編集やゲームにもしっかり使える性能があるというのが素晴らしいです。

              そのため持ち運んでクリエイティブワークやゲームがしたい方に向きます。

              また、万能な機種なので、用途は決まっていないが幅広い用途に使っていきたい方にも向きます。

               

              レノボYoga Pro 7i Gen8

              レノボ公式サイト

               

              関連記事

              当記事を気に入っていただけましたら、ツイッターのフォローを頂ければ、ツイッターで最新更新情報をお届けいたします。
              ノートパソコン コスパ最強のおすすめ紹介【レノボ/DELL/HP直販がコスパ最強】ノートパソコン購入を検討されている方向けに、「この機種を買っておけば間違いなくお買い得!」という機種を当記事で紹介します。 ただ安...
              ノートパソコンを2023~2024年に30台レビュー。おすすめ機種まとめレノボ・DELL・HPのノートパソコンを、2023年から現在にかけてに28台レビューしました。 レビューしてきた機種の中で、特にお...
              ノートパソコンメーカー レノボ・DELL・HPの比較とコスパ最強おすすめ機種紹介ノートパソコンをなるべく安く、品質を良いものを購入する場合 レノボ・DELL・HPのパソコンを直販サイトで購入するのがもっともお勧...
              Lenovoの学生ストア(学割)の割引率はいくら?【学生の保護者も対象です】レノボ(Lenovo)のノートパソコンについて、学生ストア(学割)で購入するといくら安くなるか? 割引率についてまとめます。 ...
              HPのノートパソコンは学割が安い。価格.com限定モデルよりも安いので必ずチェックを!HPのノートパソコンお買い得情報を毎週チェックしており HPのノートパソコンは学割が安い 価格.com限定モデルよりも安...
              レノボYoga Pro 7i Gen9発売。Intel Core Ultra搭載で13万円から【軽量クリエイターノート】レノボの軽量クリエイティブワークに使えるノートパソコン レノボYoga Pro 7i Gen9 14型(Intel) が20...