パソコン関連

レッツノートの中古はどこで買うのがよい?注意点やおすすめショップ紹介

※2022年11月6日更新

Intelの第8世代CPUを搭載した中古モデルが値下がりしてきました。

Intelの第8世代CPUを搭載した品質の良い機種が、6万円台から購入可能なものが探せますので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

コスパの良いノートパソコンを調査していて、コスパ最重視であれば性能が良くて耐久性・信頼性の高いノートパソコンを中古で購入するという選択もありなのでは?

という考えを持ち、そういったノートパソコンの品揃えがよく、ネットで購入可能なお店を見つけたので、紹介します。

また、中古を選ぶ際の注意点についても記載していきます。

 

以前、ブログ執筆のための持ち運びができるノートパソコンを低価格で探していたとき、私は、クロームブックのIdeaPad Duetを3万で購入しました。

このクロームブックは、新品、かつ3万円程度で購入できるモバイルノートパソコンとしては、ベターな選択であったと感じています。

 

ただ、人間というのは欲深い・・・(^^;

このクロームブック、10ヶ月程度使い込み、ブログの記事もこれで100記事程度は書きました。

 

概ね不満はないのですが、もっとこうだったら、という欲が出てきました(^^;

クロームブック不満点
  • キーボートが小型でキーストロークも浅く打鍵には不向き。
  • ブラウザを複数開きまくっていると、たまに固まる。
  • 性能的に仕方ないが、GoogleのExcel(スプレッドシート)を編集しようと思っても遅すぎて使い物にならない。
  • Windows用アプリをインストールしたい。

 

このクロームブックは、サブ機としてはとても優秀ですが、やはりメイン機とするには心もとないところもあるなと・・・まあ値段的には十二分にコスパが良いと言えますが。

 

ということで、しっかりとした性能のノートパソコンを、同じくらいの値段で買えないものか、と探しており、見つけたのが中古ノートパソコンというわけです。

 

ターゲットは、Panasonicのレッツノートの中古です。

なぜレッツノートかというと、

レッツノート利点まとめ
  • 耐久性・信頼性がピカイチ。
  • 取引先企業でも相当数使われているし評判も良い。
  • とても軽い上に性能も良い。12.1インチならば1kgを切る重量のモデルもあり。
  • 中古の流通量が多い(法人向けのものを買い取っていると思われる)
  • 個人の方が中古で格安レッツノートを購入した記事をよく見かけて、満足度も高そう。
  • キーボードが凄く良くタイピングしやすい。

これら理由のためです。

 

レッツノートは、一度実際に持ってみたことがありますが、その軽さは感動ものでした!

また、質感も高く、キーボードの打鍵感も素晴らしいです。

 

しかも、耐久性も素晴らしく、ネットで調べたところ平均使用年数は6年以上とか。

中古で購入するには申し分ない信頼性・耐久性です。

 

レッツノートの種類(シリーズ)について

中古で購入する際の注意点として、レッツノートの種類(シリーズ)について説明します。

※2016年以降のシリーズを紹介しています。

 

シリーズ 特徴
FV(2021~2022年) 14型
LV(2018~2021年) 14型
LX(2016~2018年) 14型
SR(2022年) 12.4型
SV(2018~2022年) 12.1型
SZ(2016~2017年) 12.1型
MX(~2016年) 12.5型 2in1
QV(2019~2022年) 12型 2in1
XZ(2017~2019年) 12型 2in1
RZ(2016~2021年) 10.4型 2in1

インチサイズや世代によって、シリーズ名に違いがあります。

 

SV・SZシリーズ(12.1型)

王道のコンパクトモバイルノートです。レッツノートといったらこのサイズとシリーズを思い浮かべる方も多いと思います。

中古でも最も多く出回っており、狙い目のシリーズとなります。

 

QV・XZシリーズ(12型 2in1)

タブレットモードとしても使える、コンパクトモバイルノートです。

タブレットとしても使える分、少し重い、少し高いなどのデメリットがあります。これは2in1全般に言える特徴ですが。

タブレットモードで使いたい、タッチパネルにしたいなどがない限りは、わざわざこのシリーズを選ぶ必要はないでしょう。

 

FV・LV・LXシリーズ(14型)

ディスプレイが14インチと、レッツノートとしては大型のサイズのモデルです。

12インチではディスプレイが小さい、キーボードが大きいほうが打ちやすい、などの方はこのシリーズにするとよいでしょう。

 

SRシリーズ(12.4型)

2022年秋に発売された新モデルです。

コンパクトサイズながら、ディスプレは3:2の縦長比率のものを搭載し、見やすさ・作業しやすさにも考慮しています。

また884g~と軽量であることも特徴です。

新モデルということもあり、非の打ちどころのない出来であると思いますが、中古ではまだお目にかかれることは少ないでしょう。

 

レッツノートの品揃えがよい通販サイト紹介

レッツノートの品ぞろえが良く、口コミもなかなか良さそうな通販サイトを紹介します。

 

Be-Stock

 

ここではなんと、2022年9月現在、176台ものレッツノートの取り扱いがありました!

1997年からPC通販を実施している老舗のようで、取扱量も素晴らしいです。

 

口コミも調べてみましたが、楽天市場にも出店しており、587件の口コミがあり平均点は4.37/5点と高得点でした。

ほとんどが高評価であるので、安心できるショップと言えそうです。

 

秋葉原中古PC通販OraOrA

もう一つ、レッツノートの品ぞろえが良く、口コミもなかなか良さそうな通販サイトを紹介します。

 

ここは、レッツノートの品揃えがよく、29台あります。口コミもなかなかでした。

秋葉原にある実店舗の、通販サイトみたいですね。

法人向けのパソコンを買いとり、店舗で販売しているようなので、取り扱いも多いようです。

 

口コミも調べてみましたが、楽天市場にも出店しており、24件の口コミがありました。数が少なく平均点が出ていなかったのですが、内訳を調べてみると

  • 24件中13件が満点の5点
  • 24件中5件が4.67点
  • 最低点でも3.5点

と、非常に高得点でほぼ良評価であったので、信頼できるショップと言えそうです。

 

ソフマップ楽天市場店

ソフマップではノートパソコンの中古を数多く取り扱っており、レッツノートも相当数の取り扱いがあります。

ソフマップ楽天市場店

 

上記画像のように、展示品を数多く取り扱っており、新品よりも安くなっているので、新しい年式のものをコスパ良く買いたいのであればおすすめと言えます。

 

お買い得なレッツノートの中古を紹介!

いくつか、実際に売りに出されている、お買い得なレッツノートの中古を紹介します。

 

中古購入の際のCPU性能についての注意点

Intelの旧世代のCPU性能について紹介します。

CPU PassMarkスコア
Core i7-1165G7 10681
Core i5-1135G7 10186
Core i3-1115G4(第11世代) 6610
Core i5-8365U(第8世代) 6386
Core i5-8250U(第8世代) 5966
Core i5-7300U(第7世代) 3620
Core i5-6300U(第6世代) 3270
Intel Celeron N4120 2510

IntelのCPU性能ですが、第8世代にてコア数が増えるという改良が入り、大きく性能アップしております。

 

また、第8世代以降のIntelCPUであれば、Windows11のアップグレードサポート対象のCPUとなります。

たとえば上記のCore i5-8250U、8365Uはアップグレードサポート対象です。

 

そのため

レッツノート選びまとめ
  • 予算があるなら、第8世代以降のCPU + メモリ8GBでWin11アップグレードも考慮
  • コスパ重視なら、2〜3万円台くらいで状態がよいものをチョイス

がよいのではないかと個人的には思います。

 

低価格帯(2万円台~3万円前後)

レッツノート SZ5 

販売価格:29200円、送料1100円

■OS: Windows 10 Pro(64bit)
■CPU: Core i5 6300U(2.4GHz) 第6世代
■メモリ: 8GB
■ストレージ: 256GB SSD
■グラフィック: Intel HD Graphics 520
■ネットワーク:Wifi5,Bluetooth
■ディスプレイサイズ: 12.1インチ
■解像度:1920×1200(WUXGA)
■Webカメラ:あり
■重量:0.85kg

12インチで画面比率は今時流行りの16:10を採用しているレッツノートです。

しかもメモリ8GB、SSDとスペックはこちらのほうが圧倒的に上で、状態の良いものであればコスパは抜群だなと感じます。

 

今のレノボのクロームブック購入前に、これを見つけていたら、多分こっちを買っていただろうなと思います(^^;

 

6万円台 第8世代CPU + メモリ8GB + SSD 12.1インチ

Windows11アップグレードも見据えたスペックとなると、以下くらいのスペックになります。

 

レッツノート SV8 (Let’s note CF-SV8)

販売価格:68200円、送料1100円

■OS: Windows 10 Pro(64bit)
■CPU: Core i5 8365U 第8世代
■メモリ: 8GB
■ストレージ: 256GB SSD
■グラフィック: Intel HD Graphics 620
■ネットワーク:Wifi5,Bluetooth
■ディスプレイサイズ: 12.1インチ
■解像度:1920×1200(WUXGA)
■Webカメラ:あり
■重量:1.05kg

当機種はSVシリーズのため12.1インチのモデルになります。

第8世代のIntel Core i5、メモリ8GB、SSD 256GBと、スペック的には十分で、Windows11のアップグレードにも対応したスペックになります。

しかも、重量は約1kgと、とても軽く、ディスプレイは1920×1200と今どきはやりの縦長ディスプレイを搭載しています。

 

価格は6.82万と、かなりお買い得です。

もともとレッツノートは新品価格が30万程度と高いので、この値段で状態の良いものが買えるならばお得といえるでしょう。

 

6万円台 第8世代CPU + メモリ8GB + SSD 14インチ

同じくIntel第8世代を搭載した機種で、14インチのシリーズを紹介します。

 

レッツノート LV7 (Let’s note CF-LV7)

販売価格:69300円、送料1100円

■OS: Windows 10 Pro(64bit)
■CPU: Core i5 8350U 第8世代
■メモリ: 8GB
■ストレージ: 256GB SSD
■グラフィック: Intel HD Graphics 620
■ネットワーク:無線LAN(ac/a/b/g/n),Bluetooth
■ディスプレイサイズ: 14インチ
■解像度:1920×1080(FULL HD)
■Webカメラ:あり
■重量:1.18kg

当機種はLVシリーズのため14インチのモデルになります。

第8世代のIntel Core i5、メモリ8GB、SSD 256GBと、スペック的には十分で、Windows11のアップグレードにも対応したスペックになります。

価格は6.93万と、こちらも、現在の14インチシリーズを新品購入すると30万~となるので、とてもお買い得です。

 

レッツノートは新品だと25万以上するのになんでこんなに安いのか?

レッツノートは、国産PCでスペックも良いかわりに、ものすごく高く、公式サイトで見ても25万~30万以上するのが一般的です。

じゃあ中古だとなぜここまで安くなるのか?

 

ここからは予想ですが・・・

レッツノートはその価格の高さと信頼性から、ほとんど企業が購入して使っており、個人の購入はほぼないと予想しています。知り合いの大手取引先企業でもレッツノートを使用しているところは多いです。

25万以上のノートパソコンを企業が購入した場合、経費処理としては固定資産として計上し、4年の減価償却にすることが一般的のようです。

そのため4年経つと、経理上は1円を残して全額償却されます。

 

経験上、パソコンは4年経つと、ハード的にはまだまだ使えますが、ソフトをバージョンアップしたいなどの理由で買い換えることが多くなってきます。

中古パソコンショップで販売されているレッツノートは、おそらく減価償却しきって、価値1円になった個体を、廃棄する代わりに企業から回収しているのではないかと予想します。(つまり仕入れ値はほぼタダではないかと予想する)

なので、売値が2〜3万など激烈に安いものが結構ありますが、おそらくそれらはほぼ、4年以上経った個体であるものと予想します。

 

あまり耐久性の良くないノートパソコンだと、4年経つと消耗が激しいですが、レッツノートはもともと耐久性が高く作られているので、中古で販売しても商売になるのだろう、と思います。

個人的に、ノートパソコンは2〜3年もすれば、もっとよいスペックのものに買い替えたくなるものなので、こういった中古でも高性能のものを2〜3年ごとに安く買い替える、というのは選択肢として大いにアリだと思います。

 

中古だとバッテリーが心配!?でも交換可能なので大丈夫!

中古のノートパソコンで一番消耗するのはバッテリーです。

バッテリーは、1〜2年もすると満充電できる容量がどんどん少なくなり、いきなり壊れて使えなくなってしまうことも多いです。

 

この点、レッツノートは安心で、バッテリーパックを購入して容易に交換できることをウリにしています。

調べていると、バッテリーは純正品で1万〜のようですね。


例えば、上記のCF-NX3GDGCSを22000円で購入し、「バッテリー調子悪くなったな・・・」と思って交換しても、3万円強で済みます。

新品で8〜9万のモバイルノートパソコンを買うことを考えれば、十分安い!です。

 

バッテリーの状態を手軽に確認する方法を紹介

Windowsノートパソコンの場合に、バッテリーの状態を手軽に確認するコマンドについて紹介します。

 

 

Windowsの左下スタートボタンより、ファイル名を指定して実行→[cmd]と入力してOKで、コマンドプロンプトを開きます。

 

コマンドで、「powercfg/batteryreport」と打ち、エンターキー押下で、カレントディレクトリ(上記の例だとC:\work)に、実行結果がhtmlファイルにて保存されます。

上記の通り結果が表示されます。

 

DESIGN CAPACITY:パソコン購入時のバッテリー容量

FULL CHARGE CAPACITY:現時点で満充電できる容量

CYCLE COUNT:今までに何回放電:充電したかの回数

 

上記例は、私用で嫁さん用に購入したLenovoのIdeaPad Slim 550の値を取得しました。

購入して約5か月、44180/44500のため、バッテリー容量は99%と、ほぼ劣化していません。

CYCLE COUNTは33回のため、33回は充電切れ→充電を実施しているはずですが、その程度の劣化のため、普通の使い方ならば、そこまですぐにバッテリーが使えなくなることはなさそうです。

 

もし、中古PC購入でバッテリーを気にするならば、ネット通販の場合、上記コマンド実行結果を販売業者に問い合わせてみればよいと思います。

上記紹介のBe-Stockだとバッテリー残量を商品概要に乗せており、この方法にて調べているのだろうと予想します。

(もしネット通販で上記結果を教えてくれないような業者ならば・・・まあやめたほうが無難でしょうね)

 

ノートパソコンでバッテリーの次に心配なのはキーボードだが・・・こちらも交換可能!

ノートパソコンで壊れやすい部品としては、次にキーボードが思いつきます。

特定のキーだけ剥がれたとか、キータッチが効かなくなった、とかはたまにあるのですよね・・・

 

この点、レッツノートは、流通量が多くて耐用年数も長いためか、交換用キーボートというのがネットで探すとすぐに見つかります。

価格は大体4000円程度のようです。

 

こちらは、バッテリーと違って、ユーザーが手軽に交換することを意識した作りではないので、交換は手軽ではないようですが・・・

こちらもネットで検索すると結構出てくるので、自分でもまあできそうな作業ではあります。

バッテリーとキーボードは、中古購入の場合交換前提で考えておいてもよいのかなと思います。

 

レッツノートは中古での購入が安くておすすめ!

高性能ノートパソコンを購入する方法として、耐久性・信頼性の高いレッツノートを中古で購入する通販サイトの紹介をさせていただきました。

正直なところ、2〜3万程度で高性能なレッツノートが購入可能なのであれば、わざわざ新品を買う必要もないのかなと感じます。

 

2〜3万でノートパソコン購入となると、新品だとほぼ選択肢がなく、私のように格安クロームブックを購入する程度しか選択肢がないですが・・・

中古でも気にならないのであれば、レッツノートを買ったほうが満足度は高いと思います。私はクロームブックを買いましたがちょっと後悔しています(^^;



Be-Stock レッツノートのページ

 

ちなみに、予算が5.5万以上あり、かつ、海外メーカーでも構わないということであれば、Lenovo・DELL・HPの機種ならば、新品・かつ快適性能を満たすWindowsパソコンを購入できます。

別途まとめ記事を書いているので参考にしてみてください。

ノートパソコン コスパ最強おすすめ機種紹介【2022年12月調査】2022年12月2日更新 DELL Inspiron 14 AMDが、11月25日に大きく値下げされ、6.82万までになっています...

 

また、予算が3〜4万円程度ということであれば、クロームブックであればそこそこ快適に動くマシンを新品で購入できます。

別途紹介記事を書いているので参考にしてみてください。

Chromebook コスパ最強おすすめ機種紹介【2022年11月調査】2022年11月更新 Windows、Macに続く、第三のOSを搭載したノートパソコンとして登場したクロームブック(Chromeb...