パソコン関連

ノートパソコンが安い時期調査まとめ【週末セールが狙い目】

ノートパソコンは、いつ買うと安いのか?

私自身、ノートパソコンが欲しくて、しょっちゅう価格をチェックしているので、調査結果を記事にまとめて紹介しようと思います。

 

ノートパソコンをコストパフォーマンス重視で選ぶとなると

レノボ・DELL・HPがおすすめメーカーになります。

この3メーカーが、コストパフォーマンスが最高によく、品質もなかなかなので、おすすめです。

そのため、この3メーカー主体で価格調査をしております。

 

この3メーカーでもコスパで順位をつけるとしたら、

レノボ >= DELL > HP

でしょうか。

 

レノボはコスパ最強です。特にIdeaPadのコスパがすこぶる良いです。まずはこれをチェックしてみましょう。

レノボは、ただ安いだけでなく、最低限クリアして欲しい性能や質感という点でも、安いにもかかわらずきっちり満たしています。これは凄いことです。そういう意味でもコスパ最強と言えます。

 

DELLはInspironのコスパが抜群なのと、納期が常に安定しているのが魅力です。

IdeaPadの在庫がなかったり、レノボが中国メーカーなので避けたいとかであれば、DELLを選ぶとよいでしょう。

 

HPは、レノボとDELLに比べると、コスパは少し落ちます。

ですが、Pavilion Aero 13やENVY x360 13など、安いながらも他メーカーにはない光るモデルを投入しているという印象があります。

HPはパソコンのデザインがよいので、そこが気に入って購入する方も多いです。

 

海外メーカーだと品質が心配・・・(特にレノボはネット上の評価もあまりよくないですね)という意見もありますが、

私自身、レノボのノートパソコンを2台購入して使っていますが品質的には全く問題ありません。

 

NEC・富士通・Panasonicなどの国産は、コストパフォーマンス的にはどうしても上記3社に負けます。

なのでコスパ重視なのであれば国産は選ばないほうが良いです。

富士通のLIFEBOOKや、パナソニックのレッツノートはものすごく軽量で魅力もありますけどね・・・高いのが残念です。

 

ノートパソコンが安い時期はいつか?(いきなり結論)

Lenovo・DELL・HPの価格を1年間以上チェックしており、その結果をまとめます。

 

時期による値段の違いはそこまで大きくない!?

年単位で見ると安い時期はあるが、すごく値段に差があるわけではなく数千円〜1万程度の違い。そのため欲しいタイミングが買い時。

週末の金〜日曜日は、安くなっていることが多いので週末の値段をチェックしてみる。

 

長い時期、値段をチェックし続けた結論としては上記です。

たしかにセール時期などで数千円安くなるタイミングはありますが、せいぜいその程度のため、「買った少しあとに、数万円も安くなってました!」みたいなことはまずないです。

 

おそらく、Lenovo・DELL・HPは、コストをギリギリまで切り詰めているので、そこまで値下げの余地がないからだと思います。(HPは微妙に値下げマージン持ってそうですが)

 

私は、2021年9月末頃、LenovoのIdeaPad Slim 550 14(AMD)というコスパ抜群の14インチノートパソコンを購入しました。

Lenovo IdeaPad Slim 550 14(AMD)

Lenovo公式ページ

楽天市場レノボ公式直販サイト

 

この機種は本当にコスパ最高で、AMD Ryzen 3 5300U、メモリ8GB、SSD256GB、フルHDのIPS液晶という快適性能を持つノートパソコンが、5.5万くらいから購入できてしまいます。

それでいて質感も悪くはないです。このコスパは圧倒的です。

 

私は、9月末にこの機種を、5.7万(実際にはOffice付きで7.8万)で購入しています。

10月〜11月は、在庫がなかったためか高くなっており、6万以上の時期もありました。

年間を通じて見てきて、最安値は5.4万でした。(2月)3月は年度末決算なのでしばらくは最安値が続くのではと思います。

 

この機種に限っていうと、10〜11月は在庫がなくて明らかに高く、納期も長い時期があったので、そういうときは別機種を探したほうが良いと思います。

在庫がない時期を除くと、安い時期と高い時期では数千円程度の違いのため、これくらいの差であれば、欲しいときに買ってしまってよいのでは?という意見です。

 

ただ週末はセールを実施していることが多いので、待てるなら週末まで待ったほうがよいでしょう。

 

安くなる時期の傾向も以下にまとめます。

 

週末(金曜夜〜日曜日)

Lenovo、DELL、HPは、週末に価格を安くすることが多いと感じます。

特にHPは、週末セールというのをよく実施しています。

HP週末セールサイト

 

LenovoやDELLも、週末までセール実施というのが多いので、パソコンが欲しいと思ったら週末までは、待ってみたほうがよいでしょう。

 

11月末(ブラックフライデー)

最近、日本でも定着してきましたかね?

アメリカのクリスマスセールの時期で、年間最大のセール時期とされています。

この時期はとくに、Amazonや楽天などネット通販の値段がすごく安くなります。

 

 


上記は、DELLの13インチモバイルノートパソコンで、2022年2月現在、Amazonで6.69万で販売されています。

ブラックフライデーの時期、少しの間ですが、このパソコンがAmazonで4.98万で販売されていたタイミングがありました! 

13インチの軽量モバイルノートパソコンはただでさえ高く、6.69万というのもかなりコスパ高いですが、なんと4.98万!は驚きのコスパです。

 

ただ、どの機種が安売りしているかはなんとも言えないので、この時期に欲しい機種を狙う、というのは難しいかもしれません。

 

年末年始(年末年始セール)

12月のボーナス〜年末年始休みのタイミングで、消費者が買い物をしやすいタイミングですね。

この時期も、各メーカー年末年始セールというのを実施しており、価格が安い傾向にあります。

 

9月末(半期決算セール)・2月〜3月末(年度末決算セール)

こちらは消費者というよりメーカー都合ですが、決算時期に売上を伸ばすためにセールを実施し、安くなる傾向にあります。

特に2〜3月の年度末は安いので、パソコンが欲しい方はこの時期に狙ってみましょう。

 

こうしてみると、ユーザーが購入しようと考えるタイミングが、安くなりやすい、と言えそうです。

 

各メーカーの価格傾向

各メーカーの価格の傾向について、紹介します。

 

Lenovo

2021年のパソコン世界シェアNo.1メーカー(24.1%)

世界シェアNo.1、コスパの高さもNo.1で、安い割に品質もよいので、コスパ重視ならばもっともおすすめできるメーカーになります。

為替の影響もあるからなのか、上記の通り1円単位まで値段が設定されています。

値段は1週間単位で細かく変動することが多く、週末に何らかのセールを実施していることが多いです。

待てるなら週末の値段を何週間かチェックしてみるとよいでしょう。

 

DELL

2021年のパソコン世界シェアNo.3メーカー(17.4%)

Lenovoに次ぐコスパの高さと、安定した納期が最大の魅力です。

DELLも1円単位で値段設定しているのが特徴で、ちょくちょく値段変動がある点、Lenovoと似ているように思います。

LenovoとDELLを比較すると、若干、Lenovoのほうがコスパは良いかなと思います。

ただDELLのほうが納期が安定しているのと、Lenovoは中国メーカーなので避けたいという人も一定割合でいるでしょう。

 

LenovoのIdeaPad Slimと、DELLのInspironはガチンコのライバル機種であり、価格帯や性能も似ています。

DELLのInspironのほうが、質感がIdeaPadよりも少し高いという意見も多く、このあたりは好みで選べばよいかなと思います。

 

HP

2021年のパソコン世界シェアNo.2メーカー(21.7%)

HPはノートパソコンよりもデスクトップが強いイメージです。

ノートパソコンだけのコスパであれば、Lenovo、DELLに少し負けています。

上記はHPモバイルノートパソコンもっともの売れ筋と言える、Pavilion Aero 13-beの価格です。

Lenovo、DELLとは違い、1000円単位のキリのよい価格設定をしているのが特徴で、限界までコストを切り詰めているという感じはしないです。

 

HPは、週末セールを頻繁に実施しており、金〜日は売れ筋パソコンを値下げする傾向にあります。

そのため、欲しいパソコンがある場合、週末にチェックしてみましょう。

HP週末セールサイト

 

HP ENVY x360 13-ay

HP直販サイト

HP直販サイト(価格.com限定モデル)

例えば、上記はHPの人気機種の、ENVY x360 13-ayですが、HP直販だと10.3万〜ですが、2022年2月の週末セールで8.9万まで値下がりしていました。

なので週末セールは必ずチェックしてみましょう。

 

また、HPの場合、価格.com限定モデルが販売されており、おそらく中身は同じですが価格.com限定モデルのほうが安くなっていることが多いです。

HP Pavilion Aero 13-be

HP公式サイト

HP直販サイト(価格.com限定モデル)

上記はHPの人気機種Pavilion Aero 13-beですが、HP直販だと9.3万のところ価格.com限定モデルだと8.4万で販売されています。

人気機種は、価格.com限定モデルが販売されていることが多いので、こちらもチェックしてみましょう。


HP直販サイト(価格.com限定モデル)
icon

コスパ抜群ノートパソコンおすすめ機種紹介

上述の通り、ノートパソコンが安い時期は以下です。

  • 週末(金〜日)
  • 11月末
  • 年末年始
  • 決算期(9月、2〜3月)

 

待てるのであれば、上記時期を狙ってみましょう。

ただ、そこまで大きく値段が変わるかというと、数千円〜1万程度の違いのため、欲しいときが買い時、で買ってしまってもそこまで問題ないのでは、と思います。

 

別記事で、コスパ最高のWindowsノートパソコンについて、以下記事にまとめていますので参考にしてみてください。5.5万〜程度から探せます。

ノートパソコン コスパ最強おすすめ機種紹介【2022年11月調査】2022年11月25日更新 DELL Inspiron 14 AMDが、11月25日に大きく値下げされ、6.82万までになっていま...

 

さらに低予算ということであれば、Chromebookが狙い目になります。こちらも別途おすすめ紹介記事を書いていますので参考にしてみてください。

3万円台から探せます。

Chromebook コスパ最強おすすめ機種紹介【2022年11月調査】2022年11月更新 Windows、Macに続く、第三のOSを搭載したノートパソコンとして登場したクロームブック(Chromeb...