レヴォーグとフォレスターはどちらがお得か?スバルオーナーが比較考察する

車情報

私はスバル歴10年程度のスバリストです。

新型レヴォーグに試乗しており、その仕上がりの良さに驚きました!

フォレスターも去年の11月に年次改良されており、そのタイミングで、新型レヴォーグと同じ1.8リッターターボエンジンが積まれています。

フォレスターもSGP(スバルグローバルプラットフォーム)に置き換わっています。

1.8リッターを積んだフォレスターとレヴォーグはどちらがお買い得なのか?と思ったので、比較記事を書いてみようと思います。

レヴォーグとフォレスターについては、グレードごとの装備や見積もり金額めやすについても書いた記事があるので参考にしてみてください。

スバルレヴォーグの価格・グレードごとの装備・見積もり・値引き金額まとめ
スバルレヴォーグの価格・グレードごとの装備と、実際の見積や値引きはいくらくらいか?についてまとめました。 私はスバリストで、レガシィを2台10年程度乗り継...
スバルフォレスターのグレードごと価格・装備・見積もり・値引き金額まとめ
スバルフォレスターですが、2020年11月のマイナーチェンジにて1.8リッターターボモデルが追加され、魅力が増したな、という印象を受けました! フォレスタ...

 

 

レヴォーグとフォレスターの印象の違いについて

レヴォーグとフォレスターは、走りの印象や雰囲気に以下の違いがあります。

  • レヴォーグ:スポーティな走りで、走りを楽しみたい人向けだが、新型になって上質な走りも手に入れた。
  • フォレスター:おおらかな走りと乗り心地、広い室内空間でファミリー・アウトドア向け。

 

レヴォーグは、旧型はスポーティで荒々しいというイメージでしたが、新型になり、上質な走りを手に入れ、ファミリー用途としても申し分ない完成度になりました。

あとは、レヴォーグとフォレスターでは車高の違いがあり、フォレスターのほうが車高が高いです。

大人は乗り込みやすいし視界も車高が高いほうが良好です。

ただ、小さな子供は段差があるので若干乗り込みづらいです。うちの子供たち(5歳)も、アウトバックに乗り込むのは少し苦労しています。

 

ただ、スバル車は、走り味がどの車種も似ており、共通している部分もあります。

・安定感のある走り味で高速道路での走行に強い

・安全性能の高さと視界の良さ

・AWDにより雨、雪道での走行に強い

 

まあこのあたりはスバル車全体に言えることかな?ラゲッジも広いので、レヴォーグだけどファミリー向けではない、ということは全くありません。

 

レヴォーグとフォレスターのスペック比較

1.8リッターターボモデル同士で比較します。

スペック 新型レヴォーグ フォレスター
全長×全幅×全高(mm) 4755×1795×1500 4625×1815×1715
ホイールベース(mm) 2,670 2,670
車両重量(kg) 1550~1580 1570
最小回転半径 5.5m 5.4m
ラゲッジ容量 561リッター 520リッター
エンジン 1.8リッターターボ 1.8リッターターボ 
最高出力 177ps/5,200-5,600rpm 177ps/5,200-5,600rpm
最大トルク 300Nm/1,600-3,600rpm 300Nm/1,600-3,600rpm
トランスミッション リアトロニック(CVT)
駆動方式 AWD
燃費(WLTC) 13.6km/L 13.6km/L
乗車定員 5名
価格 310.2万(GT)、332.2万(GT-H) 328.9万(SPORT)

同じエンジン搭載、ボディも両車ともSGP採用済みということで、スペックはとてもよく似ています。

レヴォーグは幅がギリギリ1800mm以下に収まっているので、立体駐車場に幅制限がある、などの場合、レヴォーグになるでしょう。

ただ、全長はフォレスターのほうが短く、最小回転半径もわずかですがフォレスターのほうが小さいので、実際に取り回ししやすいのはフォレスターのほうになると予想します。

 

ラゲッジ容量

レヴォーグは561リッター、フォレスターは520リッターです。

ただ、レヴォーグはサブトランクが561リッターのうち69リッターのため、ぱっと見た感じはフォレスターのほうが大きく感じると思います。

高さや幅があるので、フォレスターのほうが荷物は積み込みやすそうです。

 

・レヴォーグ

 

・フォレスター

 

室内広さ

室内は、フォレスターのほうが広く感じますが、レヴォーグも新型になって、特に後部座席が広くなりました。

ファミリー用途ならフォレスターがやや有利ですが、レヴォーグも十分広いので、特に問題はないと思います。

 

・レヴォーグ

 

・フォレスター

 

レヴォーグとフォレスターではどちらが力を入れているのか?

日本ではレヴォーグをフラッグシップにしよう、というスバルの意図が透けて見えます。

新型レヴォーグの気合の入りまくった仕上がりを見ていると、だれでもそう感じることでしょう。

 

ネットの記事で読みましたが、新型レヴォーグの開発責任者が、

「スバルはラインナップが少ないので、新型レヴォーグにすべて込めることができた」

と言っています。

 

ただ、フォレスターも、世界(アメリカ)で最も売れている車で、ややアメリカに向いている感じはありますが、車の作りに力が入っていない、ということは全くありません。

 

ファミリー向けとしてはどうか?

ファミリー向けとしては、フォレスターのほうが若干ながら優っていると感じます。

 

・広い室内と落ち着いた内装

・おおらかな走り味と乗り心地

 

奥さんからは、フォレスターのほうが好まれるのではないでしょうか?

 

実際我が家も、旧型レヴォーグSTI Sport を代車で借りたとき・・・

嫁さんはレヴォーグの走りの実力を認めつつも、スポーティすぎる、という感想でした。

 

ただ、新型レヴォーグに試乗しましたが、室内広さは、旧型と比べて随分と広くなっているという印象でした!

STI Sportグレードにはドライブモードセレクトがあり、コンフォートなら落ち着いた走りができるので、奥さんにも好評なのではないでしょうか?

試乗記を以下記事に書いているので、参考にしてみてください。

新型レヴォーグSTISport試乗インプレッション【スバル会心の出来!】
新型レヴォーグ、アウトバックオーナーでスバリストの私も、実際に試乗することができました! 出来の良さは、カーオブザイヤーを受賞したことからも予想できたが、...

 

装備と価格の違いについて

レヴォーグとフォレスターの装備と価格差について、調べてみました。

 

アイサイトの違い

新型レヴォーグは、アイサイトXという新型のアイサイトがついたグレードが購入できるのに対して、フォレスターはアイサイトXは購入できません。

アイサイトXと普通のアイサイトの装備の違いは、以下の通りです。

装備 アイサイト アイサイトX
アイサイトコアテクノロジー
プリクラッシュブレーキ
前側方プリクラッシュブレーキ
緊急時プリクラッシュステアリング
後退時ブレーキアシスト
AT誤発進抑制制御
AT誤後進抑制制御
ツーリングアシスト
全車速追従機能付クルーズコントロール
定速クルーズコントロール
車線逸脱抑制
車線逸脱警報
ふらつき警報
先行車発進お知らせ機能
青信号お知らせ機能
アイサイトアシストモニター
アイサイトセイフティプラス(運転支援テクノロジー)
スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)
エマージェンシーレーンキープアシスト
アレイ式アダプティブドライビングビーム
アイサイトセイフティプラス(視界拡張テクノロジー)
デジタルマルチビューモニター(フロント/サイド/リヤ)  
前側方警戒アシスト  
アイサイトX テクノロジー[高度運転支援システム]
渋滞時ハンズオフアシスト  
渋滞時発進アシスト  
アクティブレーンチェンジアシスト  
カーブ前速度制御  
料金所前速度制御  
ドライバー異常時対応システム  

個人的には、通常のアイサイトで十分な機能を持っている、とは思いますが、アイサイトXの「前側方警戒アシスト」は欲しいかな・・・

ただ、こちらは、おそらくあと1年待てば、フォレスターの次の年次改良で、アイサイトX搭載グレードが購入可能になると予想しています。

 

装備の違い

レヴォーグの装備をもとに、フォレスターの装備を比較してみました。

GT:レヴォーグGT(310.2万)

GT-H:レヴォーグGT-H(332.2万)

SPORT:フォレスターSPORT(329.8万)

装備 GT GT-H SPORT
アイサイト・共通装備
アイサイト
アイサイトセイフティプラス
歩行者保護エアバッグ
後席USB電源(2ヶ)
アレイ式アダプティブドライビングビーム
タイヤ・アルミホイール
215/50R17タイヤ&17インチアルミホイール
225/45R18タイヤ&18インチアルミホイール
225/55R18タイヤ&18インチアルミホイール
パワーリヤゲート
ハンズフリーオープンパワーリヤゲート
シート
トリコット/トリコット
トリコット/ファブリック
ウルトラスエード/本革
パワーシート
運転席8ウェイパワーシート
運転席10ウェイ&助手席8ウェイパワーシート
運転席8ウェイ&助手席8ウェイパワーシート
アクセスキー対応運転席シートポジションメモリー機能
シートヒーター
運転席+助手席シートヒーター
後席左右シートヒーター
ペダル
アルミパッド付スポーツペダル
照明
インパネアンビエント照明
レヴォーグSTI Sport専用機能
電子制御ダンパー(ZF製)
ドライブモードセレクト

※△はオプション

 

レヴォーグのGT-HとフォレスターのSPORTグレードが、ほぼ同じ販売価格です。

装備も比較してみると、ほとんど違いがないです。

パワーリヤゲートだけは、フォレスターは全グレードオプション扱いみたいです。

レヴォーグではじめて搭載されたドライブモードセレクトは、レヴォーグSTI SPORTのみの機能になります。

やはり、走りを楽しみたい人は、レヴォーグのSTI SPORTということになるでしょう。

 

燃費と維持費の違いは?

レヴォーグ、フォレスターとも、1.8リッターターボモデルの場合、まったく同じ燃費、車重もほぼ同等です。

自動車税も変わらず、燃費や維持費はほぼ同等、と見てよいでしょう。

 

弄るのが楽しいのはレヴォーグ

レヴォーグは、アフターパーツが豊富にあり、購入後に弄って楽しいのは、間違いなくレヴォーグでしょう。

旧型レヴォーグも、各種チューニングパーツやアフターパーツがすごく充実していました。車好きな人が購入しやすい車ということでしょう。

ただ、フォレスターもSPORTならば1.8リッターターボエンジンなので、ECUチューンなどの商品はこれから充実しそうです。

 

レヴォーグとフォレスターの比較まとめ

長くなってしまったがまとめましょう

 

  • スポーティで運転を楽しみたいなら断然レヴォーグ
  • 実用性重視のアウトドアSUVが欲しいならフォレスター
  • ファミリー用途ならフォレスター有利
  • 購入後弄りたいなら断然レヴォーグ
  • 維持費、燃料代はほぼ違いはない
  • 値段と装備はほぼ同じなので、好みで選んでもよい

 

ファミリー・アウトドア用途で家族受けが良さそうなのはフォレスター

自分が運転と弄りを楽しむならレヴォーグ

 

でしょうか。

ただ、記事を書いた2021年1月時点では、フォレスターのほうが値引きが大きく、値引きだけでレヴォーグとは25〜30万程度の開きが生じるようです。

そのため、実際にはフォレスターのほうがお買い得に購入できると思います。

 

レヴォーグは新型になり、室内広さや快適性がグンと向上しています。

旧型のスポーティなイメージが強い方は、一度試乗にいってみたらいかがでしょうか。イメージ変わると思いますよ。

もし、車の買い替えを検討されているのであれば、ネットで愛車の無料買取査定を事前に実施しておくことを、強くおすすめいたします。

私も経験あるのですが、ディーラーの下取りって、買取業者の買取価格よりも安いことがほとんどなんですよね・・・

ディーラーで見積もりもらって、下取り価格を提示されて、前情報がないと、「ふーんこんなもんか」で、終わってしまうと思うのですが、その金額が妥当なのか、は必ずチェックしておいたほうがよいです。

事前にチェックしておけば、ディーラーとの交渉でも、「買取業者だったらこれだけの条件で買い取ってもらえる」と、交渉ができ、値引き上乗せ材料としても使えるからです。

もし、それでも買取業者のほうが圧倒的に条件良ければ、そちらに売ってしまえばよいわけですからね。

私の実体験ですが、ディーラーで下取り50万強で提示されたところがあり、そのまま売ったことがあるのですが、同じディーラー系列で私の車が100万で売りに出されていたことには驚きました!

しかも数日チェックしていたらすぐに売れたし(^^;

おそらく、買取業者に依頼していれば70〜80万程度で売れたはずです。すごくもったいないことをしてしまった・・・

と、私のような失敗をしないためにも・・・ひと手間かけて、事前に買取査定を実施しておくことを、おすすめしたいと思います。



↑上記の画像をクリックすると、「ユーカーパック」という買取業者のホームページに飛ぶことができます。

ユーカーパックの良いところは、やりとりする業者は1社だけで、全国5000社のオークションに代理出店してくれるので、複数の業者を相手にせず、高値査定を狙えるということです!

私も一括買取査定サービスに申し込んだことがありますが、一斉にいろんな業者から電話がかかってきてめんどくさかった記憶があります。

その点、このユーカーパックならばやり取りは1社だけで済むので、安心です。

是非とも有効活用し、有利な下取り条件を引き出してみてください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました