父親は子育てでは役立たずなのか?もっと育児参加できる方法はないか。

ワークライフバランス

最近、妻と昔の子育てについて話すことがあり、「父親は子育てでは役立たずなのか?もっと育児参加できる方法はないか・・・」ということについて考えさせられることがあり、記事にしたいと思う。

妻曰く・・・

「最近は多少マシになったが、子供が生まれたばかりのときは、残業が多く仕事ばかりで、ほとんど私一人で子育てしていた」

「日曜日も、仕事で疲れていて寝てしまっていることがあった」

ということだ・・・

私自身の気持ちとしては、子供が産まれたあとは、仕事以外のプライベートで遊ぶようなことは一切せず、家庭重視で考えている、と思っていたのだが・・・

妻の意見は、厳しいものであった。

この問題は、父親個人の問題よりも、日本の社会としての、仕事と家庭の両立の意識の問題があると感じるので、意見を述べさせていただくとともに、父親としてどうするべきか?を書きたいと思う。

参考までに、父親の子育てで参考になる本をブログの他記事で紹介しており、以下の本を参考にしてみてほしい。


また、別記事で、子供が産まれたあと妻と良好な関係を維持していくための心構えを書いているので、参考にしてほしい。

404 NOT FOUND | 双子パパ スバリストSEのサイト
~趣味の車情報、IT製品、双子子育てなどについて紹介していきます~

 

世界の父親の育児参加の時間

内閣府の少子化対策のページに、各主要国の父親の育児参加時間が公開されているので、ご紹介したい。

ページに紹介されていたデータを、Excelの棒グラフにした。

一目瞭然だが、日本は韓国に次いで父親の子育て参加時間が少なく、3.1時間となっている。さらに、母親と父親の時間の差は、4.5時間で最大となっている。

いかに日本が、子育てが母親頼みになっているか、がわかる統計だろう・・・

 

日本の父親の育児参加時間が少ない理由

日本の父親の育児参加時間が少ないのは、なぜか?

日本の父親はダメなのか?

そんなことはないはずだ。

日本の社会が男性の育児を認めていないから、としか言いようがないように感じる。

母親にとっては、納得のいかない理由だろうが・・・

自分も子供が産まれた後に働いているときも、以下のように感じていた。

・男性は育休がとりづらい。というかそもそも育休の期間が短い。

・子供が産まれても、男性は仕事が減らしてもらえるわけではない。むしろ年齢的に忙しくなる。

・子供が産まれたから男性は早く帰ってよい、という雰囲気が全くない。変わらず忙しく働かないといけない。

全部の職場がそうとは言えないと思うが、大抵の企業は、このような状態にあるのではと思う。

職場の上司からも、よく「自分は子供が産まれても、仕事が忙しくてほとんど子供に会えなかった」ということを言う人が多い。

そういう人は、全員ではないが、部下にも同じように子供が産まれても仕事を変わらずやるべきだ、という考えを持っている人が多いように感じる。

まずは、この日本の会社の雰囲気から、変えていかないといけないように思う。

 

じゃあ、どうするのか?

日本の社会が現状どうであれ、子供が産まれたばかりのときに仕事ばかりしていては、奥さんにも一生恨まれることになるし、子供の貴重な成長の機会も見逃してしまう、ということになりかねない。

子供が産まれたら、ある程度、仕事のことはセーブして、少し余裕をもって働く、ということを心掛けないと、子育てと仕事の両立は難しい、と感じる。

しかしなんで、日本はこう残業ばかりしながら働かないといけないのかね・・・

アメリカなんかは、ほとんど残業せず、仕事の後の飲み会で拘束されるということもまずないようなので、仕事とプライベートをきっちりと分けて働いているようだ。

子供が産まれても男性には残業を強要し、飲み会などで拘束する日本の社会がおかしいように感じる。

・・・という今の日本の現状を嘆いても仕方ないので、子供が産まれたお父さんたちは、以下を心掛けてみてほしい。後から奥さんに恨まれることのないように・・・

・育休は確実に取得する

・しばらくは仕事の負担が減るように調整する。決して、上司の「難しい案件だが君ならできる!」みたいな忙しそうな仕事には手を出さないこと!!

・なるべく定時で帰る。

・有休もしっかり取得する。

・現在はテレワークという子育ての強い味方があるので、積極的に活用する。

・可能であれば奥さんの実家の力を借りることも考慮する。近くに住むなど。

・父親である自分も進んで子育てするんだ、という意識を持つ

 

父親も子育てをするんだ、という意識を持つことの重要性

自分の子育てについて、嫁が振り返った時に指摘されたのは

「男性は家に帰ったり休みの日になると、スイッチがオフになってしまう。母親の自分はオフにできる時間がない」

「世の中の男性は、子育てを手伝うという意識でしかできていないのでは。自分も母親と同じ意識で子育てするよう意識してほしい」

とのことであった・・・

このあたりは、仕事で時間があまりとれなかったとしても、自分の意識付けでなんとかなりそうだ。

ただ、仕事で忙しすぎると子育てを考える余裕がなくなってしまうので、やはりある程度の余裕は必要なのだけどね・・・

自分は、子供が産まれたあと、自分にとって難しい仕事ばかりしていて、余裕のない状況になってしまい、その結果子育てへの意識も薄くなってしまっていたと思う。

これから子供が産まれるお父さんには、このような後悔の気持ちを味わってほしくないな・・・と思う。

子供の子育ての機会は一生に一度であると自覚し、子育てを優先する、というのをぜひ意識してみてほしい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました