スバル

スバル車のメリットは何か?レガシィを10年乗ったオーナーの私がお伝えする。

当記事では、スバル車に興味を持っているものの、トヨタなどに比べたらマイナーなので、なんとなく購入に踏み出せない人に対して、スバル車の素晴らしさを伝えます。(笑)

 

スバルのクルマというと皆さんどういう印象を持たれているでしょうか。

 

正式社名はSUBARUだが、カタカナのスバルのほうがディーラー名などに使われており馴染みがあるので、当ブログではこちらの名称を用います。

 

知り合いの人の話を聞いていると、マイナーという印象を持っている人が多いです。

 

マイナーなメーカーという印象で、スバル車の購入を避ける人もいます。

 

これは、スバル車が好きで、レガシィ2台を10年近く乗っている私にとってはとても残念なことです。

 

そのため、スバル レガシィオーナーの私が、スバル車の良いところ、悪いところについて率直な意見を書きます。

 

ちなみに私はここ10年近くはスバル車オーナーですが、トヨタ車、日産車オーナーであったこともあるし、レンタカー、試乗で輸入車含めた様々なメーカーのクルマに乗ってきたので、それなりに客観的な評価はできるつもりです。

 

私の愛車のレガシィアウトバックを子育てとして使うとどうか?という記事を書いているので参考にしてみてください。

https://papa-worklifebalance.com/legacy-outback-br

 

スバル車の良いところ

 

視界の良さによる運転のしやすさ

スバルは、0次安全という思想を持ってクルマを作っています。

 

0次安全というのは、まず視界を確保して運転しやすいクルマ作りをすることで、安全性を確保する、という考え方です。

 

これはどのスバル車にも共通して受け継がれており、どのクルマに乗っても視界は良いし、ドライビングポジションも決まりやすいので運転しやすいです。

 

そのため同じスバル車の乗り換えならば、車種が変わっても同じように運転できるので、安心感があります。

 

安定感のある走り

スバル車は、他の国産メーカーよりも、クルマを走らせたときの安定感にこだわっているように感じられます。

 

そのため、高速道路での直進安定性は良いし、山道などカーブの多いところを走らせても、安定感があって安心して走らせられます。

 

また、スバルは四輪駆動(AWD)にこだわっており、私のレガシィも四輪駆動であるが、雨や雪道での安定感は抜群です。

 

私はレガシィで雪道を走らせたことはあまりないが、前所有していた日産車で走らせた雪道と比較して、安定感が段違いであったと感じました。

 

そのため降雪地域に住んでいる方にとっては、スバル車の四輪駆動はとても頼もしい相棒となるでしょう。

 

ちなみにスバル車は四輪駆動のラインナップが多く、レガシィ、アウトバック、レヴォーグ、XV、フォレスターは全車四輪駆動だが、インプレッサは前輪駆動のモデルもあり、BRZは全車後輪駆動モデルになるので、購入の際には注意しましょう。

 

個人的には、インプレッサの前輪駆動モデルも乗ったことがあり悪くはないと思ったが、やはりスバル車は四輪駆動が本命、と思います。

 

高い安全性

スバル車は安全性に強いこだわりがあります。

 

いち早く自動ブレーキ「アイサイト」を発売したし、自動ブレーキだけでなく、車両の衝突安全性もいつもトップクラスの評価を得ており、スバルは国産メーカーで最も安全なクルマ、と評価されているほどです。

 

他メーカーでも、高い価格帯のクルマは自動ブレーキや衝突安全性などの安全性が優れているモデルが多いが、スバルはエントリー車種のインプレッサでさえ、高い安全性を持たせています。

 

つまりは安全性に対するコストパフォーマンスが高い、ということです。

 

スポーティーなモデルが多い

スバル車は他メーカーと比較して、エンジンパワーなど高いスポーティーモデルが多いです。

 

私が乗っているレガシィという車種は、快速ワゴンとして名を馳せたモデルで、ターボエンジンを積んだモデルは滅法速いです。

 

私が今乗っているモデルはレガシィアウトバック3.6Rという、ターボエンジンモデルではないが大排気量エンジンのモデルで、260馬力あり高速道路などでアクセルを本気で踏むと、引くほど速いです(汗)。

 

レヴォーグは全車ターボエンジンモデルで排気量1.6リッターと2.0リッターの二種類あるが、1.6リッターモデルのほうでも十二分に速かったです。

 

このスポーティーモデルこそが、スバル車の本命だろうと個人的には思います。

 

いまいちなところ

 

燃費の良いクルマがない

スバル車は、トヨタのハイブリッドやマツダのディーゼルのように、燃費特化のモデルがないです。

 

少ないのではなく、本当にありません。

 

一応XVやフォレスターにはハイブリッドがあるが、燃費はトヨタに比べると見劣りします。

 

そのため、燃費を最重視する場合、残念ながらスバルは候補に入らない、でしょう。

 

コンパクトなクルマがない

スバル車は、コンパクトカーがない。

 

これも少ないのではなく本当にないですね。

 

他メーカーのOEMならあるが、スバルが自社生産しているコンパクトカーはないです。

 

インプレッサが最小サイズだが、インプレッサも他社コンパクトカーに比べると大きいし、値段も高いです。

 

そのため、軽やコンパクトカーを買う場合はスバル車は候補に入らない、でしょう。

 

ミニバンがない

トヨタのノアや日産のセレナのような、3列シートのミニバンがスバルにはないです

 

そのため、ミニバンが欲しい場合はスバルを諦めるしかないです。

 

一応、中古車ではエクシーガという3列シートのクルマがスバルにもあります。

 

ディーラーが少ない

スバルディーラーは数があまり多くないです。

 

トヨタなどに比べると圧倒的に少ない。そのため近くにディーラーがない可能性があります。

 

また、ディーラーが少ないせいか、整備はいつも予約がいっぱいで混んでいます。

 

これが原因でクルマを買わない、というほどのマイナス要素ではないが、気にはしておいたほうがよいです。

 

誤解されていること

 

ディーラーの対応悪いんでしょ?

そんなことはないです。

トヨタや日産車を持っていた私の経験では、他メーカーと大差ない。そのためディーラー対応について心配することはないです。

 

故障しないの?

トヨタに比べるとスバルは故障しやすいのではないか、という印象を持っている人がいるようたが、そんなことはないです。

私の経験上、ここ10年くらいの国産車であればどのメーカーも故障率は大差ない、というか国産車はほとんど故障しないので、心配しなくてよいです。

 

整備にお金かかるのでは?

スバルは水平対向エンジンなど独特の技術を使っているので、整備にお金がかかるのでは、という印象を持っている人がいるが、そんなことはないです。

 

他国産メーカーと整備費は大差ないです。

 

あえて言うならば、スバルは四輪駆動のクルマが多いが、四輪駆動は二輪駆動のクルマに比べると、整備項目がわずかに増えるのでその分はお金がかかります。

 

まあこれも大した金額ではないし、スバルに限った話でもないのですが。

 

【車購入の前に】愛車一括査定依頼について

もし、車の買い替えを検討されているのであれば、ネットで愛車の無料買取査定をご検討ください。

私の実体験ですが、ディーラーで下取り50万強で提示されたところがあり、そのまま売ったことがあるのですが、同じディーラーで私の車が100万で売りに出されていたことには驚きました!

これがもし下取り業者で売っていたならば、+2〜30万で売れたであろうと予想します。

↑上記の画像もしくはボタンをクリックすると、「カーセンサー車査定」のホームページに飛ぶことができます。

カーセンサーはリクルートが運営する車買い取り査定サイトです。

複数買取業者の一括査定、もしくはオークション形式による最も高値をつけた1社のみとの交渉を選択可能です。

一括買い取り査定サイトの最大手で、買い取り形式も選択できるので自分の希望に応じた活用ができます。

複数業者との電話が煩わしいという場合は、オークション形式にしてしまえば、1社のみとのやり取りで済みます。

また、買取業者と直接交渉し、少しでも買取金額を上げたい場合は、複数の業者に直接一括査定依頼できる、こちらがよいかと思います。

↑上記の画像もしくはボタンをクリックすると、「ズバット車買取比較」というホームページに飛ぶことができます。

私も一括査定依頼は利用したことがあり、複数業者と直接やりとりするのは確かに面倒ですが、その分リターンも大きく、高値で車を買い取ってもらえる可能性が高くなります。

ガチで買取査定を上げたい場合は、こちらも利用するのがよいと思います。

 

まとめ

スバル車は・・・

  • 走りを重要視する人
  • 安全性を重要視する人
  • 四輪駆動による雪道走行を重要視する人

 

上記のような方におすすめできます。

 

マイナーメーカーだから、と購入を躊躇している方には、是非試乗してみてください。

 

そして、クルマの良さに気づいたならば、是非購入を検討してみてください。