スバル新型フォレスターの不具合【リコール】情報まとめ

車情報

スバル新型フォレスターですが、D型SPORTの試乗を行い、事前に予想した以上に印象が良く、買い替え対象の有力候補となりました。

 

中古での購入も大いにアリかなと思っており、新型の不具合情報を調査してみようと思いましたので、まとめてみます。

新型フォレスターの一般ユーザー評価については、以下記事にてまとめていますので参考にしてみてください。

スバルフォレスターの評価・口コミまとめ【一般ユーザーの辛口評価も紹介します】
2021年9月更新 D型の価格情報を追記したのと、口コミ評価を最新化しました。 スバルフォレスター、D型も発売され、一般の方も口コミも集まり...

 

新型フォレスターのリコール・サービスキャンペーン情報まとめ

2021年9月現在、新型フォレスターのリコール・改善情報がいくつか出てきたので、まとめます。

スバルのリコール情報ページ

 

2021年4月15日

リヤスタビライザのブラケットと車体の締結面において、使用過程でボルトが緩み、当該取り付け部にガタが生じて異音が発生することがある。そのまま使用を続けるとボルトが脱落する可能性があり、最悪の場合ブラケットが周辺部品を傷つけるおそれがある。

リコール対象車両・期間

e-Boxer:平成30年7月3日 ~ 令和元年5月31日

2.5ガソリン:平成30年8月24日 ~ 令和元年5月7日

2020年12月11日

パワーリヤゲート装着車両において、コントロールユニットによるリヤゲートラッチの制御が不適切なため、リヤゲートラッチの状態がパワーリヤゲートの作動条件を満たさなくなるものがある。そのため、電動操作によるパワーリヤゲート開閉作動ができなくなるおそれがある。

リコール対象車両・期間

e-Boxer:平成30年8月24日 ~ 平成31年4月11日

2.5ガソリン:平成30年7月3日 ~ 平成31年4月11日

2019年11月28日

ブローバイガス還元装置において、PCVバルブの材質が不適切なため、クランクケース接続部の耐久性が不足しているものがある。そのため、当該接続部の破損により燃焼室にエンジンオイルが浸入し燃焼、マフラーから多量の白煙が発生して、最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがある。

リコール対象車両・期間

e-Boxer:平成30年8月24日 ~ 平成30年10月17日

2.5ガソリン:平成30年7月3日 ~ 平成30年10月22日

2019年1月31日

電動パワーステアリングにおいて、コントロールユニットの端子部の製造条件が不適切なため、回路が絶縁されずに導通するものがある。 そのため、警告灯が点灯するとともにパワーステアリングのアシスト機能が停止し、ステアリングの操作力が増大するおそれがある。

リコール対象車両・期間

e-Boxer:平成30年12月28日~平成31年1月16日

2.5ガソリン:平成30年12月28日~平成31年1月14日

2019年8月29日

ハイブリッドシステムの電圧変換装置(DC/DCコンバータ)において、構成部品であるICの製造工程設備の取扱いが不適切なため、加工時に不純物が付着したものがある。そのため、最悪の場合、不純物の影響により当該ICの内部回路が絶たれ、DC/DCコンバータが作動停止し、EV走行及びアイドリングストップしなくなるおそれがある。

リコール対象車両・期間

e-Boxer:令和元年7月12日 ~ 令和元年7月22日

2018年9月27日

電動式リヤゲートに取り付けられているリヤゲートステー取付用ブラケットにおいて、製造管理が不適切なためボールスタッドのカシメが不十分なものがある。そのため、リヤゲート全開の状態からさらに上側に力を加えた場合、ボールスタッドがブラケットから外れ、リヤゲートやリヤゲートステーが降下し身体の一部にあたるおそれがある。

リコール対象車両・期間

2.5ガソリン:平成30年7月3日 ~ 平成30年8月6日

 

新型フォレスターに関するのは、2018〜2021年で上記6件です。

  • 電動パワーリヤゲート:2件
  • 電動パワーステアリング:1件
  • ハイブリッドシステム:1件
  • エンジン関連:1件
  • スタビライザー:1件

内訳は上記の通りです。

また、C型で追加されたSPORTに関するリコール情報は、まだ出ていません。

個人的には、ハイブリッドシステムに関するものが1件と少ないのが、とても優秀だなと感じます。

 

国土交通省の不具合情報一覧まとめ

国土交通省のホームページにも、ユーザーの不具合情報一覧があるので、新型フォレスターのものをまとめてみます。

 

右折時待ちでアクセルペダルを踏んでも発進しなくなった。アクセルペダルを強めに踏むとアイサイトが一時停止しました、パーキングに入れて下さいと表示が出て、パーキングに入れなおしてみたが症状は改善せず。エンジン再スタートで動くようになった。

対象車両:e-Boxer

ショッピングセンターに入ろうと、ゆっくり左折したところ、突然アイサイト視界不良やVDCなどの警告表示が点灯し、エンストした。シフトをパーキングに戻して下さいとの表示が出て、エンジンを再始動させることになった。

対象車両:e-Boxer

チェックしたところ新型フォレスターに関するものは、この2件ですね。

両方ともe-Boxerで、エンストに関するもので、エンジン再始動で直った、という事象のようです。

 

新型フォレスターの不具合は少ないという印象

上記でまとめてみましたが、新型フォレスターの不具合は、少ないという印象です。

敢えて言うと、e-Boxerに関する不具合のほうが多いようなので、中古で買う場合は、2.5ガソリンや、1.8ガソリンターボモデルのほうを買ったほうが、不具合に当たる可能性は低そうです。

 

この不具合の少なさなら、中古でも全く心配せずに購入できますね!

 

リコールは面倒だが、悪くもない・・・と思う

個人的な意見ですが、リコールは確かに面倒ですが、無償修理してもらえるし、ディーラーにいく良い機会なので、悪くもないかな、と思っています。

不具合を隠さないできちんと対応してもらえるほうが、ありがたいですよね。

それに、待ち時間に試乗をお願いする、とかもできますしね(笑)

 

【車購入の前に】愛車一括査定依頼について

もし、車の買い替えを検討されているのであれば、ネットで愛車の無料買取査定をご検討ください。

私の実体験ですが、ディーラーで下取り50万強で提示されたところがあり、そのまま売ったことがあるのですが、同じディーラーで私の車が100万で売りに出されていたことには驚きました!

下取り業者ならば、+2〜30万で売れたであろうと予想します。



ユーカーパック公式サイト。1回の査定で最大5,000社が金額提示!

↑上記の画像もしくはボタンをクリックすると、「ユーカーパック」という買取業者のホームページに飛ぶことができます。

ユーカーパックの良いところは、やりとりする業者は1社だけで、全国5000社のオークションに代理出店してくれるので、複数の業者を相手にせず、高値査定を狙えるということです!

面倒な交渉は不要なので、愛車売却の妥当な金額をチェックしておくという意味でも実施をしておいたほうがよいと思います。

 

また、買取業者と直接交渉し、少しでも買取金額を上げたい場合は、複数の業者に直接一括査定依頼できる、こちらがよいかと思います。



《ズバット車買取比較》最大10社無料一括査定

↑上記の画像もしくはボタンをクリックすると、「ズバット車買取比較」というホームページに飛ぶことができます。

私も一括査定依頼は利用したことがあり、複数業者と直接やりとりするのは確かに面倒ですが、その分リターンも大きく、高値で車を買い取ってもらえる可能性が高くなります。

少しでも高値売却を目指す場合は是非実施してみてください!

 

スバルは故障が多い?そういうわけでは全く無いので、安心してください

こういうニュースを見ると、スバルは故障しやすいのか?みたいなことを感じる方もいると思いますが、全くそんなことはないです。

 

スバル車が故障しやすいか、について書いた記事があるので、参考にしてみてください。

スバル車は故障しやすい?【そんなことは全く無いので安心して購入できます】
スバリストSEの私は、スバル車(レガシィ)を10年乗り継いできています。 ネットで、「スバル車は故障しやすい」みたいな口コミをなぜかよく見かけるので、実際...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました