SIerの仕事のやりがいとは?向いているのはどんな人か?現役社員が語る

SEの仕事関連

双子のパパである私は、SIerと呼ばれるシステムインテグレータに十数年勤務しており、SEとして働いている。

 

企業規模は社員1000人~なので、いわゆる大企業に分類される会社だが、業界最大手ではない。

 

ネットでは、IT業界は新3K(きつい、帰れない、給料安い)とか

 

仕事内容がつまらない、すぐ脱出すべき、とか

 

SIerはブラックだ、多重下請け構造だ、とか、散々な評価をよく見かけるが(汗)

 

実態について、この業界に長くいるので、その経験から、仕事のやりがいについてご紹介しようと思う。

 

私としては、SIerはネットで叩かれているほど酷くはないと思うので、正しい生の声を紹介できればと思っている。

 

SIer勤務SEはワークライフバランス的にはどうなのか?については別途記事をかいているので、以下を参考にしてみてほしい。

SIer勤務SEはワークライフバランス的にはどうなのか?現役社員が語る
スバリストSETの私は、SIerと呼ばれるシステムインテグレータに十数年勤務しています。 企業規模は社員1000人~なので、いわゆる大企業に分類さ...

 

SIerのSEの仕事内容は?

実は、SIerのSEと言っても、その役割は多岐に渡る。

 

  • ITコンサルタント
  • セールスエンジニア
  • プロジェクトマネージャ
  • ITアーキテクト
  • アプリケーションエンジニア
  • データベースエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • サーバ(インフラ)エンジニア
  • プログラマ
  • サポート(カスタマー)エンジニア

 

ざっと思いつくだけでもこれだけの役割がある。

 

SE(システムエンジニア)というと、プログラムを作る人、というイメージがあるかもしれないが、実はプログラムを作るというのは、SEの役割のごく一部でしかないのだ。

 

まあ、プログラムを作らないとシステムは動かないので、ごく一部といっても、そこを軽視してはいけない、と私は常々思っているのだけどね。

 

上記役割の中で、SIerが特に重要視する職種が

 

  1. プロジェクトマネージャ
  2. ITコンサルタント

 

と感じている。このあたりは、別途詳細な記事を書いているのでそちらを参考にしてほしい。

SIerの仕事内容はつまらないのか?現役社員が語る
スバリストSEである私は、SIerと呼ばれるシステムインテグレータに十数年勤務している。企業規模は1000人~で中堅規模のSIerだ。 ネットでは...

 

まあ、SIerだと、プロジェクトマネージャ、次点でITコンサルタント(というか顧客と仲良くなって、仕事を受注できる人)が重宝されるので、大抵はそこを目指すことになる、と思っておけばよいかと。

 

SIerのSEのキャリアパスは?

SIerの仕事のキャリアパスは、大体以下の通りになる。

 

1~3年目くらい:プロジェクトメンバ

配属されてから1~3年目は、プロジェクトのメンバとして配属され、まずは経験を積むことになる。

 

どの顧客、工程を担当するか、は、配属されるプロジェクトの状況次第、というところが大きいので、ほとんど運である。新人がいきなり設計など実施するのは難しいので、実施しやすいテスト工程から実施してもらうことが多い。

 

目標は、全工程を3年目くらいまでに経験してもらうことだ。なぜ経験してもらうかというと、いずれはプロジェクトマネージャになってもらいたいので、その勉強のために全工程を経験してもらう、という意味合いが強い。

 

あと、新人がどの分野で活躍できるか、という適性を見るという意味合いもある。ただSIerの場合、技術スペシャリストはあまり重視しない傾向にあると感じるけどね・・・

 

ネットか何かのSEの記事で、最初はプログラマで、経験を積んだらSE、みたいな記事を読むことが多いが・・・SIerの場合、それは全く当てはまらない。

 

SIerの場合、プログラムを作成する工程(製造工程という)は、大抵外注するか、会社で別途雇う協力会社(派遣)の人に実施してもらうのが一般的なので、社員は下手したらプログラムをまったく経験しない、なんてことも普通にあり得る。

 

かくいう私も、8年目くらいまではまともなプログラミング経験がなかった・・・そのあと社員でがっつりプログラミングするような、いい感じの規模のプロジェクトに携わることができ、ようやく経験を積めた、という感じだ。

 

プログラミング経験を積むことで、ようやく開発プロジェクトへの自信がついたし、顧客にも「これはできる、これはできない」ということが言えるようになったので、プログラミングは貴重な経験なのだが・・・

 

SIerだと、プログラミングは残念ながら軽視されがちなのが悲しい(泣)

 

・・・話が少し脱線したが、若手のうちはプロジェクトに参画して、色々な工程の経験を積む、ということが一般的かと思う。

 

4~7年目くらい:チームリーダー

3年目くらいまでに順調にSEの経験を積むことができたら、次はチームリーダーというわかりづらい役割で、後輩・協力会社・下請け企業のコントロールをするような立場になる。

 

また、顧客折衝もプロジェクトマネージャと一緒に行うことが多くなる。

 

なぜチームリーダーという役割を作るのか?

 

それは、やはりプロジェクトマネージャになってもらいたいので、その勉強のために、プロジェクトマネージャの業務を一部経験してもらう、という意味合いが大きい。

 

また、大規模プロジェクトの場合、プロジェクトマネージャが全員のメンバや下請け企業を管理するのが難しくなるので、チームリーダーを立ててプロジェクトマネージャの負荷分散をする、という意味合いもある。

 

と、まあこんな感じで、30歳前後くらいまでの中堅は、プロジェクト管理の一部業務を徐々に経験していく、ということになる。

 

8年目~:プロジェクトマネージャもしくは顧客担当リーダー

チームリーダーをある程度経験し、上司の判断で「彼(彼女)はプロジェクトマネージャをやらせてみても大丈夫だな」となったら、とうとうプロジェクトマネージャとなる。

 

いきなり大規模プロジェクトのプロジェクトマネージャを実施することはほとんどなく、大抵は規模の小さいプロジェクトから徐々に経験していく、という流れになる。

 

会社にとって大規模と呼ばれるプロジェクトのプロジェクトマネージャになるのは、大体35~40歳前後くらいが一般的と思われる。

 

また、プロジェクトマネージャでなく、例えば大口顧客と仲良くなったりとか、業務に詳しくなった場合は、その顧客の担当リーダーという役割になることも多い。

 

顧客担当リーダーになった場合は、担当する顧客の案件や商談すべてを管理するような立場となる。ITコンサルタントのような、顧客の相談役のようなことを実施することも多い。

 

顧客担当リーダーとなった場合、その顧客の仕事量にもよるが、案件のプロジェクトマネージャも行う、というパターンが多いかと思う。

 

SIerのSEの仕事が面白くなってくるのは?

私も、上記キャリアに近いような流れで仕事を経験してきている。(上記よりも少し遅かったけど)

 

私の場合だと、チームリーダーになって、顧客の調整やメンバのコントロールなどが少しずつできるようになってきたところでやりがいを少し感じるようになり・・・

 

プロジェクトマネージャになって、本格的にプロジェクト管理や顧客調整などができるようになってから、やりがいを感じるようになってきた。

 

ただプロジェクトマネージャは精神的にも結構きつかったりするのだけどね・・・。うまく行っているうちはいいが、不調になったりすると、プロジェクトマネージャは本当にしんどくなってしまう・・・

 

やりがいと負荷のバランスを取るのが難しいです。

 

SIerのSEに向いているのはどんな人か?

10数年働いてきた経験より、SIerのSEに向いている、やりがいを感じることができる人について、あげてみようと思う。

 

プロジェクトのトップになりたい人

SIerの最大の醍醐味といえば、大規模プロジェクトのプロジェクトマネージャとなり、全責任を持ってプロジェクトのコントロールをしていく、というところだろう。

 

こういう立場は、SIerのプロジェクトマネージャでないと、なかなか経験することができない。

 

  • 一部分のスペシャリストになるよりは、全体を把握したい
  • 誰かの方針に従うよりも自分で考えたい

 

上記が好きな人は、SIerのプロジェクトマネージャがはまるだろう。ただ精神的な負担も増えるので・・・そこは自分が何を重要視するかをよく考えよう。

 

顧客の経営や業務を勉強するのが苦でない人

プロジェクトマネージャ、顧客担当リーダー、ITコンサルタントの場合、技術ももちろん重要だが、それ以上に顧客の経営や業務をしっかり理解することが重要になる。

 

顧客の経営方針や、業務をきちんと理解していないと、良いシステムの提案ができないし、顧客にも響かないからだ。

 

論理的な説明や資料を作成するのが得意な人

プロジェクトマネージャやITコンサルタントの立場になると、プログラムを作るような仕事はほぼなくなり、顧客への説明や資料作りをする仕事が大半になる。

 

ぶっちゃけ、得意言語がJavaとかではなく、ExcelとかPowerPointになる(苦笑)

 

あと、綺麗で見た目がいいだけの資料だと、顧客を納得させられないので、論理的な説明や資料作りのスキルが求められる。

 

技術は手段、と割り切れる人

上述した感じの通り、SIerのSEは、いずれは技術へのこだわりを捨てて、人のコントロールとか、顧客折衝とかがメインの仕事になっていく。

 

それでもいい、と割り切れる人向けだ。

 

SIerの仕事のやりがいまとめ

上述した通り、SIerの仕事は、技術スペシャリストを目指すのが難しく、いずれはプロジェクトマネージャやITコンサルタントなどの仕事をしていくことになる。

 

なので、若手の方で、仕事がつまならいと感じている方も、ある程度我慢して経験年数を積めば、いずれはプロジェクトマネージャなどの仕事ができるようになる。

 

プロジェクトマネージャなどの仕事がやりたければ、下積みだと思って我慢してみるのも重要だと思う。

 

逆に、技術大好き!極めたい!という人は、SIerは残念ながらあまり合わないかもしれない・・・

 

もし、SIerに勤めているものの、「仕事内容が自分に合ってない!」とか、「自分は技術一本でいくけど会社にポジションがない!」ということを感じるのであれば、転職を考えてみてもいいのではないだろうか。

 

以下がマイナビ IT エージェントのサイトリンクになるので、興味のある方は登録だけでもしてみたらいかがだろうか?登録は無料だし、求人情報や条件を見ておくと役に立つこともあるだろう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました