SEの作業効率を上げるテクニック マルチディスプレイ

パソコン関連

SEは、設計書を書いたりプログラムを書いたりするので、パソコンモニターの大きさが作業効率に直結する。

そのため、なるべく大きいモニタを用意するのだが、SEのテクニックとして、1台のパソコンで複数台のディスプレイを同時に使う、マルチディスプレイ(デュアルディスプレイ)をご紹介する。

まあ、SEのテクニックといっても、そんな大層な代物ではないのですがね・・・(汗)

 

マルチディスプレイ(デュアルディスプレイ)とは?

冒頭でも少し紹介したが、1台のパソコンに2台のディスプレイをつなげて、表示領域を増やす方法のことだ。

こんな感じで、左右のディスプレイ両方に、1台のパソコンの画面を映している状態のことを言う。

この画像だと右をメインディスプレイにしているのだが、ブラウザの画面やExcelなどを、クリックして左側に持っていくことで、左側のディスプレイに移すことが可能だ。

プログラムを書く画面はメインディスプレイにしておき、プログラムを書くために必要なWebページや設計書は、サブディスプレイに移しておく、といった使い方が可能になる。

この状態にしておくことで、画面をいちいち切り替える必要がなくなるので、作業効率が上がる。

 

マルチディスプレイ設定方法

2台のモニターと接続用ケーブルさえ揃っていれば、なにも難しいことはない。

最近のデスクトップパソコン本体には、複数のディスプレイ接続方法が用意されているものがほとんどなので、それを複数のディスプレイにつなぐだけだ。

最近だと、アナログRGB(VGA)、HDMI、Display Portが主流だろう。

・アナログRGB(VGA)


・HDMI


・Display Port

 

ケーブルの接続口は上記を参考にしてほしい。HDMIとDisplay Portは若干似ているので注意だ。

ノートパソコンだと、ディスプレイ接続口はHDMIのみ、というものが多いが、ノートパソコンのディスプレイと、外部モニターでのマルチディスプレイ、ということもできる。

もしHDMIもない場合は、USBから変換するアダプタも販売されているので、それを使うといいだろう。


上記のような感じだ。

ケーブルさえつないでしまえば、パソコン側の設定は簡単だ。

Windows10での設定例だが、デスクトップを右クリック→ディスプレイ設定を開き

複数のディスプレイのところで「表示画面を拡張する」になっていることを確認

ディスプレイの配置を変更する、のところで、2台識別されていることを確認し、メインで使いたいディスプレイを「1」にする。

たったこれだけだ。設定は何も難しくはない。

 

まとめ マルチディスプレイを活用して作業効率を上げよう

偉そうなことを書いてみたが、SEで生産性を気にしている人は当たり前のように活用しているので、割と知られたテクニックだと思う。

ディスプレイって、会社だと意外と余りがちになると思うので、是非上記を参考にマルチディスプレイにチャレンジしてみてはいかがだろうか。

表示領域が増えると、作業もはかどりますよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました