SEがメンタル不調にならないためのメンタル整え方について

ワークライフバランス

私はSIer勤務SEを15年ほど続けているが、SEというのはメンタル不調になりやすい職業だな、と思う・・・

・勤務時間が長くなりがち

・納期のプレッシャーが強い

・品質のプレッシャーが強い(システムトラブルを起こすと大変)

勤務時間が長くて、しかも精神的負担が大きくなりがちなので、メンタル不調になってしまうのもうなずける環境と言えるだろう・・・

私自身も不調になったことがあるし、後輩でも不調になり、やめていった人を何人も見ている。

そういった経験をしてきているからこそ、不調にならないためにいろいろと心がけていることがあるので、それを共有したいと思う。

なお、メンタルの整え方を心がけるにあたり、以下の本がかなり参考になったので、ご紹介しておく。

メンタル不調は脳疲労が原因

長時間働いたり、精神的プレッシャーのかかる仕事が続くと、疲労感がたまり、

・やる気がでない

・集中力、思考力、判断力が落ちる

・注意力が散漫になりミスが多くなる

・なんとなくだるい

というような状態になる。社会人なら誰しも経験があるだろう。

私は休日作業でよくシステムのテストやリリースをしているのだが、休日作業でプレッシャーのかかる仕事が続き、平日もあまり休めない、という状況が続くと、疲弊して上記のような状態になってしまう。

これらは実は、肉体的な疲労によるものではなく、脳の疲労からきている、というのが、上記で紹介した「すべての疲労は脳が原因」という本に書かれている。

脳は、呼吸や心拍など、人が生きていく上で必要なことを調整する機能があり、これが「自律神経の中枢」と呼ばれる部位になるのだが、長時間働いたり、精神的プレッシャーの強い仕事が続くと、この自律神経が疲労していく。

その結果、メンタル不調になったり、健康(フィジカル)にも影響を及ぼすようになってしまう、ということのようだ。

 

メンタル不調のきっかけになる脳疲労を見逃さない

上記の「やる気がでない」「なんとなくだるい」などの症状が軽微であれば、仕事を休んでゆっくりする、などの対策を都度とれば、また復活して仕事も普通に取り掛かれるようになる。

一番まずいのは、「やる気がでない」などの症状が出ているのに、「仕事が残っているから・・・」などの理由できちんと休まず、無理してしまうことだ。

私自身も経験があるし、メンタル不調になった後輩などを見ていても、長らく無理をしてきて乗りきっているように見えたが、ある時、何かがきっかけで急に折れてしまう、というのをよく見てきた。

一回折れてしまうと、完全に復活するまでに長い期間を要してしまうことが多いと、後輩や自分自身の経験から感じる。

なので、疲労が溜まって「やる気がでない」などの症状が出始めたら、無理をせずにきっちり休む、メンタル不調を重症化させない、というのが何よりも重要だ、と感じている。

 

達成感のある仕事には要注意

「すべての疲労は脳が原因」にも書かれていたが、

達成感のある仕事、というのはメンタル的には最も警戒すべき

と、自分自身の経験や、メンタル不調になった後輩を見ていて感じる。

かなり無理をして、難しい仕事を乗り切り、疲弊しながら終わらせたとする。

そうすると、場合によっては上司や顧客から評価され、褒められることもあるだろう。

上司や顧客から褒められると、達成感を感じ、疲労感が一時的になくなるような感覚になるのだが、これが最も危険だ。

実際には脳疲労は残っているのだが、人間の脳の構造上、達成感によって疲労がマスキングされてしまうことがあるらしい。

そういった状態を続けていると、何らかの仕事で失敗したときに、急に疲労が表れてきてしまい、いきなり心が折れてしまう、ということが起こりえる。

これは自分自身の経験でもあるし、そういう状態になってしまった後輩を見てきている。

他人から見ると、今まで順調にやってきたのに急に折れてしまった、と見えるかもしれないが、実際のところはずっと無理をしてきているだけだった、というだけのことだ。

こうならないためにも、仕事はきついが達成感はある、という状況のときこそ、自分自身のメンタルや体調には気を付ける必要がある。

 

日々の自分の体調を客観的に分析する

「急に折れる」というような事態を回避するためには、日々の自分自身の体調を常に気を付けるしかないと思う。

仕事のある朝に起きて、「今日も仕事やるか!」というような気持ちになれれば問題ないが、日によっては「やる気が出ない・・・」とか、「集中が続かない・・・」というような気分になっていたら、それはメンタル不調の兆候となる。

そういった兆候を見逃さず、必要に応じて半休でもよいから休む、休んでメンタルを整える、というのが、とても大事だと感じる。

マメにやるなら、毎朝自分の調子をメモなどに書いてみてもよいと思う。プロスポーツ選手はそういうことを実施している人もいるようだ。

 

睡眠不足はメンタルの大敵

私は、上述した通り、仕事がきついときほど、朝起きたときのメンタルの調子はどうか、というのに気を配っている。

自分の経験上、夜更かししてしまったときの翌朝は、ほぼ間違いなくメンタルの調子がよくない。

仕事が忙しいと、仕事が終わった後、息抜きに自分の趣味のことをやりたくなってしまうものだが、それはメンタル的には一番よくないことだと経験上感じる。

逆に、プレッシャーのかかる仕事が続いていても、早く寝た日の翌朝は、メンタルが復調していることが多い。

やはり、メンタルの健康を考えると、睡眠時間は最も重要な要因であると、感じる。

 

メンタルを回復する休日の過ごし方

メンタルを回復するための休日の過ごし方だが、

・仕事のことは頭から消して切り替える

・運動や遠出など、疲労の溜まる行動は控える

これらが効果的であると、経験上感じるし、「すべての疲労は脳が原因」の本にも書いてある。

休日なのに仕事のことを心配して、だらだら考えてしまうのが一番よくない。これをやってしまうと、疲労感が取れない。

何か切り替えることをやるとよいと思う。私の場合、子供と過ごしていると、いろいろ振り回されたりして大変なところもあるのだが、仕事のことは忘れることができるので、効果的だと感じている。

あと、心配事が抜けないのなら、いったん書き出してしまうのも効果的と感じる。

TODOリストみたいなものにアウトプットすると、不思議と頭から抜けて切り替えることができるようになる。

あと、気持ちを切り替えるためということで、疲れているのに過度な運動をしたり、遠出して1日中出かけたりするのは、それはそれで脳疲労につながるのでよくないようだ。

確かに自分の経験上も、気持ちを切り替えるためと思って遠出したりしても、結局月曜日は疲れたまま、ということが多かったと感じる。

一番メンタルの回復によいのは、疲れているときは自宅や近場でゆっくり過ごすことだ。

 

まとめ うまくメンタルを整えて不調を回避しよう

冒頭にも書いたが、SEはメンタル的にきつい仕事だな・・・と思うことがよくある。

メンタル不調を起こさないためには、上述した

・メンタル不調の兆候を見逃さず、すぐ休む

・毎朝自分の体調を自己分析する

・休日は仕事のことを考えない

・疲労が溜まっているときは休日ゆっくり過ごして回復に努める

というのが何よりも大事だと感じる。

メンタル不調に悩んでいる方は参考にしてみてほしい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました