パソコン関連 アフィリエイト広告

レノボIdeaPad Slim 170(エントリー)と5シリーズ(ミドルレンジ)の比較

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ノートパソコンの中で、コスパ最強機種であるレノボIdeaPad Slim シリーズ

レノボIdeaPad Slim 170(エントリー)

レノボIdeaPad Slim 5シリーズ(ミドルレンジ)

について、2台とも実機レビューできたということもあり、比較記事とどちらがおすすめか?についてまとめます。

レノボIdeaPad Slim 170と5シリーズの違い

 

 

レノボIdeaPad Slim 170(1シリーズ)と5シリーズの違いについて、ざっくり言うと

IdeaPad Slim 170:エントリークラス

IdeaPad Slim 5シリーズ:ミドルレンジクラス

の違いがあります。

そのため、以下の違いがあります。

  1. 価格:2.5万円程度の差がある 
  2. 性能:5シリーズのほうが良い(メモリ16GBなど)
  3. 機能:5シリーズのほうが良い
  4. 質感:5シリーズのほうが良い

 

詳細な比較結果は以下の通りです。

評価項目 IdeaPad Slim 170  IdeaPad Slim 5
CPU Ryzen 5 7520U Ryzen 5 7530U
PassMarkスコア △(9789) 〇(16221)
メモリ △(8GB) 〇(16GB)
ストレージ 〇(SSD 512GB) 〇(SSD 512GB)
ディスプレイ 〇(IPS) 〇(IPS)
サイズ 14インチ 14インチ
アスペクト比 △(16:9) (16:10)
解像度 〇(1920×1080) 〇(1920×1200)
輝度 △(250nit) 〇(300nit)
色域 △(63%sRGB) △(66%sRGB)
ボディ質感 △(樹脂) 〇(アルミ)
キーボード
重量 △(1.4kg) 〇(1.46kg)
USB-A 〇(2) 〇(2)
USB-C 〇(1) 〇(2)
USB-C充電 ×
USB-C映像出力 ×
Thunderbolt/USB4 × ×
HDMI
Webカメラ △(HD) 〇(1080p)
プライバシーシャッター
バッテリー △(42Whr) 〇(56.6Whr)
指紋認証 × ×
その他機能
価格 5万円台 7万円台

価格差は約2.5万円です。

  1. 性能が大きく違う
  2. ボディがアルミと樹脂で質感が大きく違う
  3. ディスプレイの画面比率が5シリーズのほうが縦に長い
  4. USB-Cの給電に1シリーズは対応していない

などの違いがあります。以下詳しく解説していきます。

 

性能が大きく違う

IdeaPad Slim 170

レノボIdeaPad Slim 170 に搭載されるCPUは、AMD Ryzen 5 7520Uです。

最新世代のRyzen 5ですが、似たような名前のRyzen 5 7530Uと比較して性能は大きく落とされています。

CPUベンチマークのPassMarkスコアでは

  1. Ryzen 5 7530U:16115(平均値)
  2. Ryzen 5 7520U:9383(実測値)

と、大きな開きがありました。

Rzyen 5 7520Uでも、実際に使ってみて、ブラウザを開くとか、ワードプレスでブログを書くくらいであれば快適に動作します。

ただ動画編集など重作業は厳しく、あくまでWeb閲覧や文書作成までの用途に限定して快適に使える、というCPUです。

 

またメモリが8GBというのも、不足はないですが余裕もあまりない、という容量であり、こちらも動画編集など重作業を行うには不足を感じる容量となっています。

 

IdeaPad Slim 5シリーズ

対して、IdeaPad Slim 5シリーズに搭載されるCPUと、PassMarkスコアは以下の通りです。

  1. AMD版:AMD Ryzen 5 7530U:16115
  2. Intel版(IPS):Intel Core i5-12450H:17793
  3. Intel版(OLED):Intel Core i5-13500H:24353

 

代表的なCPUのPassMarkスコアを紹介します。

CPU PassMarkスコア
Ryzen 9 7945HX 55967
Core i9-13900HX 44998
Core i7-13700HX 34286
Ryzen 7 7745HX 32732
Core i7-13700H 30030
Core i5-13500H 23554
Ryzen 7 7735U 21082
Core i5-1340P※コスパ良し 20595
Core i7-1360P 19600
Ryzen 7 7730U 18864
Core i5-1335U※コスパ良し 17352
Core i7-1260P 17257
Core i5-1240P※コスパ良し 17345
Ryzen 5 7535U※コスパ良し 17123
Ryzen 5 7530U※コスパ良し 16509
Ryzen 5 5625U※コスパ良し 15000
Core i5-1235U※コスパ良し 13865
Core i3-1315U 13755
Ryzen 3 7330U 11816
Core i7-1165G7 10681
Core i5-1135G7 10298
Ryzen 3 5300U 10000
Ryzen 5 7520U 9789
Intel N100 5657
Intel Celeron 7305 2665

事務作業でブラウザをたくさん立ち上げ、かつ重いアプリを複数立ち上げたまま快適に使うのであれば、スコア10000以上あると、十分快適に使えます。

めやすとしてはCore i5-1135G7程度以上のスコアです。

5シリーズに搭載されるCPUは、いずれもスコア10000を大きく超えるので、普段使いは極めて快適、動画編集など重作業もある程度こなすことができます。

 

また、メモリが16GBあるのも、余裕がありマルチタスクや重作業でも快適にこなすことができます。

 

ボディ素材の違いによる質感の違い

IdeaPad Slim 170

IdeaPad Slim 170のボディ素材は樹脂で、質感はどちらかというと安っぽいです。

表面やキーボード面は、加工がうまくされており、見た目はアルミっぽい仕上がりで一見、チープさは感じません。

ただ裏面は樹脂感がしっかり出ています。

 

レノボIdeaPad Slim 5シリーズ

   

IdeaPad Slim 5シリーズは、アルミボディで質感はとても高いです。

質感はそこまで重要でないのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、見た目や手に触ったときの感触が違うので、長く使う上で質感は重要な要素です。

キーボードやタッチパッドの操作感にも、質感は効いてきます。

 

ディスプレイの画面比率の違い

ディスプレイの画面比率が、170と5シリーズで違いがあります。

IdeaPad Slim 170:16:9

IdeaPad Slim 5シリーズ:16:10

と、5シリーズのほうが、縦に長くなっており、現在のトレンドの画面比率となっています。

上記写真は、

左がIdeaPad Slim 5i Gen8で画面比率16:10

右が旧型のIdeaPad Slim 550で画面比率が16:9

となりますが、縦の長さが明らかに違い、事務作業は16:10のほうが作業がやりやすくなるのでおすすめです。

 

USB Type-Cの機能の違い

IdeaPad Slim 170

IdeaPad Slim 5i Gen8

IdeaPad Slim 170にも5シリーズにも、USB Type-Cが搭載されていますが機能に違いがあります。

IdeaPad Slim 170:データ転送のみに対応

IdeaPad Slim 5シリーズ:給電およびディスプレイ出力にも対応

USB Type-Cが、給電に対応しているととても便利で、コンパクトサイズのType-C対応充電器を購入しておけばそれでノートパソコンの充電もできます。

Type-Cであればスマホの充電にも対応しているので、充電器が共用でき、純正の重いノートパソコン専用充電器を持ち運ぶ必要がなく、荷物が減らせます。

持ち運びも考慮するなら、電源アダプターはUSB Type-C対応の軽量でコンパクトなものを買ってしまったほうがよいと思います。私も購入しています。

軽量な充電器とケーブルを買えば、重量を合計100~110g程度に抑えることができます。

 

IdeaPad Slim 170と5シリーズの比較まとめ

レノボIdeaPad Slim 5シリーズ

OS Windows11 Home(64bit)
CPU インテル® Core™ i5-12450H ,インテル® Core™ i5-13500H 
メモリ 16 GB LPDDR5-5200MHz
ストレージ 512 GB SSD, M.2 PCIe-NVMe
液晶 14″ WUXGA液晶 (1920 x 1200) IPS, 光沢なし, マルチタッチ非対応, 45%NTSC, 300 nit, 60Hz, LEDバックライト
液晶(有機EL) 14″ WUXGA OLED(有機ELディスプレイ) (1920 x 1200) 光沢あり, マルチタッチ非対応, HDR500, 100%DCI-P3, 400 nit, 60Hz, ブルーライト軽減パネル
重量 約1.46kg
サイズ 約 312.0×221.0x16.9mm(最薄部)
バッテリー 3 セル リチウムイオンポリマーバッテリー 56.6Wh
価格 7万円台~(時期によって変動)

 

レノボIdeaPad Slim 170 14型(AMD)

CPU AMD Ryzen™ 5 7520U 
メモリ 8 GB LPDDR5-5500MHz (オンボード)
ストレージ 512 GB SSD, M.2 PCIe-NVMe Gen4 QLC
液晶 14″ FHD液晶 (1920 x 1080) IPS, 光沢なし, マルチタッチ非対応, 45%NTSC, 250 nit, LEDバックライト
重量 約1.4kg
サイズ 約 325.3×216.5×17.9mm
バッテリー 42Wh (最大時間は未公表)
価格 5万円台前後(時期により変動)

 

価格差は約2.5万

IdeaPad Slim 170と5シリーズの価格差は約2.5万円です。

170が約5万円台、5シリーズが約7.5~8万円です。

ノートパソコンに、7~8万円は出したくない方は、170を選ぶことになると思いますが、5シリーズの7~8万円も性能や質感を考えると、コスパは素晴らしいと思います。

 

5シリーズのほうがコスパ良くおすすめ

個人的にどちらがおすすめか?というと、5シリーズのほうになると言えます。

ノートパソコンは、普通の方はそうそう頻繁に買い替えるものではなく、それならば4年は快適に使える5シリーズを購入したほうが、ストレスなく使えてよいと思います。

5シリーズのレビュー記事を書いていますので参考にしてみてください。

OLED

【有機ELで9万円台】レノボIdeaPad Slim 5i Gen8 OLEDレビュー2023年に発売されたレノボIdeaPad Slim 5i Gen8(有機EL)OLED搭載モデルを、レノボよりお借りすることができたの...

IPS

レノボIdeaPad Slim 5i Gen 8 14型実機レビュー【新型もコスパの鬼】2023年に発売された新型レノボIdeaPad Slim 5i Gen8 14型(第13世代Intel版)の実機レビュー記事を書きます。...

 

またOLEDとIPSの比較記事を書いていますので参考にしてみてください。

事務作業用途ならIPS、動画鑑賞や写真を楽しむならOLEDが良いです。

レノボIdeaPad Slim 5i Gen8のOLEDとIPSの比較。どちらがよい?コスパ最強ノートパソコン レノボIdeaPad Slim 5i Gen8について、OLEDとIPS液晶両方の実機を見る機会がありましたの...

 

事務作業用途限定であれば170でもよい

170でも、Web閲覧や文書作成など事務作業用途限定であれば、問題はありません。

性能に余裕を持たせておきたいとか、動画編集もいずれやってみたいなどあれば、5シリーズのほうが良いですが、重たい作業に使わないのであれば170でもよいと思います。

レビュー記事を書いていますので参考にしてみてください。

レノボIdeaPad Slim 170 14(AMD/IPS)レビュー【5万円台で購入可】レノボのエントリースタンダード14インチノートパソコン IdeaPad Slim 170 14(AMD/IPS液晶)を、レノボよりお借り...

 

DELL Inspiron 14(5430,5435)もチェックするべき

CPU AMD Ryzen™ 5 7530U 
メモリ 8GB~16GB
ストレージ SSD 256GB~1TB
液晶 14.0-インチ 16:10 FHD+ (1920 x 1200) 非光沢 非-タッチ 250nits WVA ディスプレイ 
重量 約1.59kg
サイズ 約 314×226.6 x16.49~19.5 mm
バッテリー 54Wh (最大時間は未公表)
価格 6万円台〜(時期により変動)

14インチのスタンダードノートパソコンであれば、DELL Inspiron 14(5430,5435)も非常に強く、コスパが良いです。

当記事を書いている2023年11月現在、DELL Inspiron 14(5435)が、

AMD Ryzen 5 7530U, メモリ16GB, SSD512GB

で、6.98万と破格のコスパです。

そのため、レノボIdeaPad Slim 5シリーズが欲しいけどちょっと予算オーバー・・・という場合、DELL Inspiron 14もチェックするようにしてみてください。

レビュー記事を書いているので参考にしてみてください。こちらは旧型ですがCPU以外はほぼ同じです。

【5万台から】DELL Inspiron 14 AMD購入レビュー【コスパ最強でほぼ完璧・納期も超早い】DELL Inspiron 14 AMD(5425)を購入しましたので、レビュー記事を書きます。 購入したマシンのスペック...

 

関連記事

当記事を気に入っていただけましたら、ツイッターのフォローを頂ければ、ツイッターで最新更新情報をお届けいたします。
ノートパソコン コスパ最強のおすすめ紹介【レノボ/DELL/HP直販が安い】ノートパソコン購入を検討されている方向けに、「この機種を買っておけば間違いなくお買い得!」という機種を当記事で紹介します。 ただ安...
ノートパソコンメーカー レノボ・DELL・HPの比較とコスパ最強おすすめ機種紹介ノートパソコンをなるべく安く、品質を良いものを購入する場合 レノボ・DELL・HPのパソコンを直販サイトで購入するのがもっともお勧...
レノボ・HP・DELL ノートパソコンセール情報まとめレノボ・HP・DELL、3大ノートパソコンメーカーのセール情報について紹介します。 レノボ・HP・DELLは、ノートパソコン販売台...
ノートパソコン購入でメモリ8GB,16GBどっちにすべき?【16GBをおすすめ】ノートパソコンを購入するとき、メモリ8GB,16GBどっちにすべきか? 私は自分用、奥さん用のノートパソコンを直近で2台購入してお...
買ってはいけないノートパソコンのまとめ【高い買い物なので後悔しないように!】ノートパソコンに何を購入すればよいかが分からない、高い買い物なので買って後悔はしたくない!という方のために、買ってはいけないノートパソコ...
5万円のノートパソコンは買ってもよいか?【7万ほしいが5万でおすすめを紹介】ノートパソコンを予算5万円で購入したいと考える方も多いのではないかと思います。 5万円で快適なWindowsノートパソコンを購入す...
ノートパソコンの寿命・買い替えタイミング解説【4~5年で買い替えた方が良い】2023年9月更新 ここ数年、一気にテレワークが普及したのと、ノートパソコンの性能向上により、デスクトップパソコンよりノートパソコ...
Lenovoの学生ストア(学割)の割引率はいくら?【学生の保護者も対象です】レノボ(Lenovo)のノートパソコンについて、学生ストア(学割)で購入するといくら安くなるか? 割引率についてまとめます。 ...
HPのノートパソコンは学割が安い。価格.com限定モデルよりも安いので必ずチェックを!HPのノートパソコンお買い得情報を毎週チェックしており HPのノートパソコンは学割が安い 価格.com限定モデルよりも安...
レノボノートパソコンのおすすめ機種紹介【コスパがとにかく最強】品質の良いノートパソコンを、とにかく安く買いたい場合におすすめのメーカーがレノボです。 レノボは、特定機種のコスパがとにかく素晴ら...
HPノートパソコンの評判・おすすめ機種を紹介【コスパ良くデザインが良いのが強み】レノボ・DELLと並んで、ノートパソコンをコスパ良く購入したい場合におすすめのメーカーがHPです。 私自身、HPのENVY x36...