パソコン関連 アフィリエイト広告

レノボIdeaPad Slim 5i Gen8のOLEDとIPSの比較。どちらがよい?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

コスパ最強ノートパソコン レノボIdeaPad Slim 5i Gen8について、OLEDとIPS液晶両方の実機を見る機会がありましたので、比較記事を書きます。

  1. 有機EL/Intel Core i5/メモリ16GBが8.98万円 
  2. IPS液晶/Intel Core i5/メモリ16GBが7.48万円

と、有機EL(OLED)・IPS液晶ともに性能や質感からすると全メーカー最安値レベルです。

IdeaPad Slim 5i Gen8は、フルアルミボディで質感も高く、性能も良いのでおすすめの機種です。

レノボIdeaPad Slim 5i Gen8はOLEDとIPSどちらがよい?

OLEDモデル:Intel Core i5-13500H・有機EL・メモリ16GBで8.98万円

IPSモデル:Intel Core i5-12500H・IPS・メモリ16GBで7.48万円

です。(価格は2023年9月時点で変動する可能性があります)

 

2台とも触ってみた感想としては

  1. 動画鑑賞や写真を楽しむ用途メインなら有機EL
  2. 事務作業メインならIPS
  3. 迷ったら有機ELを買っておけばOK
  4. 事務作業メインならレノボThinkBook 13x Gen2も良い

と思います。

CPUが、IPSとOLEDモデルで1世代違いますが、性能はどちらも十分に高く、あまり気にしなくても良いと思います。

 

上記は有機ELモデルのほうのディスプレイです。テレワークなど事務作業用途で使う機会が多いなら、有機ELの画面は色が鮮やかすぎると感じるのでIPSのほうでよいと思います。

趣味やプライベートで使うなら有機ELのほうが画面が綺麗でよいと思いますし、迷ったら1.5万円の価格差で有機ELが手に入るのはとてもコスパが良く、有機ELを選択すればよいと思います。

 

レノボIdeaPad Slim 5i Gen8(IPS/OLED)のスペック

OS Windows11 Home(64bit)
CPU インテル® Core™ i5-12450H ,インテル® Core™ i5-13500H 
メモリ 16 GB LPDDR5-5200MHz
ストレージ 512 GB SSD, M.2 PCIe-NVMe
液晶 14″ WUXGA液晶 (1920 x 1200) IPS, 光沢なし, マルチタッチ非対応, 45%NTSC, 300 nit, 60Hz, LEDバックライト
液晶(有機EL) 14″ WUXGA OLED(有機ELディスプレイ) (1920 x 1200) 光沢あり, マルチタッチ非対応, HDR500, 100%DCI-P3, 400 nit, 60Hz, ブルーライト軽減パネル
重量 約1.46kg
サイズ 約 312.0×221.0x16.9mm(最薄部)
バッテリー 3 セル リチウムイオンポリマーバッテリー 56.6Wh
価格 7万円台~(時期によって変動)

目立った欠点のない万能スペックで、かつ、価格も非常に安いです。

CPUが1世代違うのと、ディスプレイ以外のスペックは同じです。

 

CPU PassMarkスコア
Core i7-13700H 30030
Core i7-12700H 27020
Core i5-13500H 22939
Ryzen 7 6800H 23797
Core i5-12500H 21683
Core i7-1360P 20813
Ryzen 7 6800U 20727
Ryzen 7 7730U 18864
Ryzen 7 5800U 18837
Ryzen 7 5825U 18386
Core i5-1340P 17878
Ryzen 5 7530U 17704
Core i5-1335U 17352
Core i7-1260P 17203
Core i5-1240P 17345
Ryzen 5 5600U 15000
Ryzen 5 5625U 15000
Core i5-1235U 13865
Core i3-1315U 13755
Ryzen 3 7330U 11816
Core i7-1165G7 10681
Core i5-1135G7 10298
Ryzen 3 5300U 10000
Core i3-1115G4 6610

上記はCPUベンチマークとして有名なPassMarkのスコアです。

Core i5-13500H、12500Hはゲーミング・動画編集も余裕でこなせるくらいのハイスペックCPUとなっています。

レビュー記事を以下に書いていますので参考にしてみてください。

OLED

【有機ELで9万円台】レノボIdeaPad Slim 5i Gen8 OLEDレビュー2023年に発売されたレノボIdeaPad Slim 5i Gen8(有機EL)OLED搭載モデルを、レノボよりお借りすることができたの...

IPS

レノボIdeaPad Slim 5i Gen 8 14型実機レビュー【新型もコスパの鬼】2023年に発売された新型レノボIdeaPad Slim 5i Gen8 14型(第13世代Intel版)の実機レビュー記事を書きます。...

 

レノボIdeaPad Slim 5i Gen8の価格と納期

上記スペックのマシンが、2023年9月現在、7万円台から購入できます。

納期も1~2日と速いです。

性能に対する価格・コスパは素晴らしいものがあります。

コスパ最強ノートパソコンとしてもっともお勧めの1台です。

 

動画編集や写真を楽しみたいならOLEDがよい

レノボIdeaPad Slim 5i Gen8のようにボディ質感や性能が高く、有機ELディスプレイを搭載して8.98万円という価格は、全メーカー最安値レベルです。

 

上記は有機EL搭載モデルの写真を撮ったものですが、とても色鮮やかで明るく、美しいディスプレイです。

写真が趣味であるとか、動画を綺麗なディスプレイで見たいのであれば、当機種は極めてコスパが良く、おすすめです。

 

テレワークなど事務作業用途メインならIPSも良い

IPS液晶のほうのモデルがディスプレイ性能がいまいちというと全くそんなことはなく

  1. 解像度1920×1200
  2. 画面比率16:10
  3. 非光沢
  4. 輝度300nit
  5. sRGBカバー率66%

という、IPSモデルでも事務作業に適したディスプレイ性能があります。

一般的な事務作業用途であれば十分に見やすいディスプレイで、文字を見たりするのはむしろOLEDよりIPSのほうが見やすいのでは?と思えるディスプレイでした。

そのため事務作業用途メインならIPSのほうでよいと思います。

 

迷ったら、有機EL搭載で8.98万円というのは全メーカー最安値レベルのため、有機ELのほうを購入すればよいと思います。

 

レノボIdeaPad Slim 5i Gen8 IPS/OLEDの比較

レノボIdeaPad Slim 5i Gen8のIPS・OLEDの比較をします。

比較項目 OLED IPS
CPU Core i5-13500H Core i5-12500H
PassMarkスコア ◎(22939) ◎(21683)
メモリ 〇(16GB) 〇(16GB)
ディスプレイ ◎(有機EL) 〇(IPS)
サイズ 14インチ 14インチ
アスペクト比 ◎(16:10) ◎(16:10)
解像度 〇(1920×1200) 〇(1920×1200)
輝度 ◎(400nit) 〇(300nit)
色域 133%sRGB 66%sRGB
ボディ質感 〇(アルミ) 〇(アルミ)
キーボード
重量 1.46kg 1.46kg
USB-A 〇(2) 〇(2)
USB-C 〇(2) 〇(2)
USB-C充電
USB-C映像出力
Thunderbolt/USB4 × ×
HDMI
Webカメラ 1080p 1080p
プライバシーシャッター
バッテリー 56.6Whr 56.6Whr
指紋認証 × ×
その他
価格 8.98万円 7.48万円

価格差は1.5万円、性能やボディはOLEDとIPSでほぼ同じです。

OLEDで8.98万円というのはとても安く、興味があるならOLEDのほうを購入すればよいと思います。

ただ上述の通り、文字を打つなど事務作業用途メインならIPSでもよいと思います。

 

事務作業メインならレノボThinkBook 13x Gen2も良い

レノボ ThinkBook 13x Gen2

レノボ直販サイト

OS Windows11 Home(64bit)
CPU インテル® Core™ i5-1235U
メモリ 16GB
ストレージ 512 GB SSD, M.2 PCIe-NVMe
液晶 13.3″ WQXGA液晶 (2560 x 1600) IPS, 光沢なし, マルチタッチ非対応, 100%sRGB, 400 nit, LEDバックライト, ブルーライト軽減パネル
重量 1.2kg
サイズ 約 296x209x12.9mm
バッテリー 56Whr 最大19.2時間
価格 9万円前後(時期により変動)

事務作業メインなら、IdeaPad Slim 5i Gen8ではなく、レノボThinkBook 13x Gen2も良いと思います。

こちらはディスプレイが13.3インチと少しコンパクトになりますが、その分軽量で持ち運び安いです。

 

Intel Core i5、メモリ16GB、SSD512GBと十分なスペックで、ディスプレも解像度2K、100%sRGB、輝度400nitと素晴らしいスペックです。

重量は1.2kgとなかなか軽量で、価格は8万円台~と、かなりのコスパです。

 

個人的には、キーボードの配置が綺麗で打ちやすいのが高評価ポイントでした。

キーボードとタッチパッドはIdeaPad Slim 5i Gen8と明確に差を感じるポイントでした。

 

またディスプレイもsRGB100%と十分に綺麗で、文字も見やすいディスプレイであったので、事務作業メインならこっちの機種のほうがよいと思います。

実機レビューを書いているので参考にしてみてください。

レノボThinkBook 13x Gen2レビュー【モバイルノートとして凄く良い】※2023/12/12 12/15 12時までタイムセール実施中で、7.89万円で購入可能です。 2023年に発売されたレノ...

 

レノボIdeaPad Slim 5i Gen8のIPS/OLED比較まとめ

  1. 動画鑑賞や写真を楽しむ用途メインなら有機EL
  2. 事務作業メインならIPS
  3. 迷ったら有機ELを買っておけばOK
  4. 事務作業メインならレノボThinkBook 13x Gen2も良い

以上となります、参考になれば幸いです。

 

 

関連記事

当記事を気に入っていただけましたら、ツイッターのフォローを頂ければ、ツイッターで最新更新情報をお届けいたします。
ノートパソコン コスパ最強おすすめ機種紹介【2023年】ノートパソコン購入を検討されている方向けに、「この機種を買っておけば間違いなくお買い得!」という機種を当記事で紹介します。 コスパ...
ノートパソコンメーカー レノボ・DELL・HPの比較とコスパ最強おすすめ機種紹介ノートパソコンをなるべく安く、品質を良いものを購入する場合 レノボ・DELL・HPのパソコンを直販サイトで購入するのがもっともお勧...
買ってはいけないノートパソコンのまとめ【高い買い物なので後悔しないように!】ノートパソコンに何を購入すればよいかが分からない、高い買い物なので買って後悔はしたくない!という方のために、買ってはいけないノートパソコ...
ノートパソコンの寿命・買い替えタイミング解説【4~5年で買い替えた方が良い】2023年9月更新 ここ数年、一気にテレワークが普及したのと、ノートパソコンの性能向上により、デスクトップパソコンよりノートパソコ...
ノートパソコンの選び方を解説【価格・用途・使う状況から選ぶ】ノートパソコンを買うとなった場合、どのような機種を選べばよいか? Windowsは特に、ラインナップが豊富なので知識がないと迷う、...
Lenovoの学生ストア(学割)の割引率はいくら?【学生の保護者も対象です】レノボ(Lenovo)のノートパソコンについて、学生ストア(学割)で購入するといくら安くなるか? 割引率についてまとめます。 ...
HPのノートパソコンは学割が安い。価格.com限定モデルよりも安いので必ずチェックを!HPのノートパソコンお買い得情報を毎週チェックしており HPのノートパソコンは学割が安い 価格.com限定モデルよりも安...
レノボノートパソコンのおすすめ機種紹介【コスパがとにかく最強】品質の良いノートパソコンを、とにかく安く買いたい場合におすすめのメーカーがレノボです。 レノボは、特定機種のコスパがとにかく素晴ら...
HPノートパソコンの評判・おすすめ機種を紹介【コスパ良くデザインが良いのが強み】レノボ・DELLと並んで、ノートパソコンをコスパ良く購入したい場合におすすめのメーカーがHPです。 私自身、HPのENVY x36...