パソコン関連

Intel第12世代ノートパソコン新発売!ダイナブックGZ/HVとCZ/HVとRZ/LV

※2022年4月19日

先行発売されていた量販店モデルの14インチ軽量モバイルノートパソコンが、とうとうダイレクトモデルが発売されました。

 

最新世代のIntel第12世代CPUを搭載したノートパソコンが、いよいよ発売されはじめました!

今回紹介するのは、ダイナブックのノートパソコンで、2022年3月に、Intel第12世代CPUを搭載した機種が新発売されています。

 

今回新発売されたのは、13.3インチの軽量モバイルノートパソコンで、GZ/HVというモデルです。

他にも、15.6インチのCZ/HVというモデルも発売されています。

また、14インチモデルで重量940g、ディスプレイ画面比率16:10という、RZ/LVというモデルも発売されています。

ダイナブック(Dynabook)は、もともと東芝のPCブランド名でしたが、鴻海グループ傘下のシャープが東芝のPC関連会社を買収し、社名を「Dynabook株式会社」へ変更しました。

そのため、少し前の知識で、ダイナブック=東芝というイメージを持たれている方がいるかもしれませんが、現在は買収されているので東芝とは関連のない会社になります。

ダイナブックのモバイルノートパソコンですが、性能がよくて軽量、キーボードもよく、シャープの液晶を使っているので、液晶もキレイと、バランスの良い性能を持っています。

それでいて、価格はそこまで高いわけでもなく(すごく安いわけでもないですが・・・)予算があるのならおすすめのパソコンになります。

13.3インチのモバイルノートパソコンで、重量879gというのが素晴らしい!

  • スペック申し分なしで最新第12世代IntelCPU搭載
  • ディスプレイ性能良し
  • 重量879gと超軽量
  • キーボード良し

という、スキのない出来です。

 

最新Intel第12世代CPUはどの程度性能アップしたのか?

Intel第12世代のCPUは、性能が格段に向上している、という前評判がありましたが、実際に公表されはじめたCPUスコアを見ていると確かにその通りと思います。

 

CPU性能を測るベンチマークとしては最も有名なPassMarkスコアについて、ノートパソコンによく搭載される主要なCPUのスコアを紹介します。

CPU PassMarkスコア
Core i7-1280P(最新第12世代) 約23000
Ryzen 7 5800U 18704
Ryzen 7 5825U 17572
Core i7-1260P(最新第12世代) 約18000
Core i7-1240P(最新第12世代) 約17000
Ryzen 7 5700U 15747
Ryzen 5 5600U 15000
Ryzen 5 5625U 15000
Ryzen 5 5500U 13348
Core i7-1195G7 11835
Core i7-1165G7 10681
Core i5-1155G7 10448
Core i5-1135G7 10298
Ryzen 3 5425U 10000
Ryzen 3 5300U 10000
Core i3-1115G4 6610
Core i3-1005G1(旧世代) 5403
Intel Celeron N4120 2510

目安としてはCorei3-1115G4のスコア6610程度あれば、テレワークなど日常用途では十分で快適です。

ブラウザをたくさん立ち上げ、かつ重いアプリを複数立ち上げたまま快適に使うのであれば、Ryzen3 5300Uのスコア10153程度あると、重作業でも十分快適に使えます。

 

第12世代のCPUが、Core i5-1240PとCore i7-1260P、1280Pですが、第11世代と比較して大幅性能アップとなっています。これは大いに期待できます。

 

ちなみに第12世代ですが、末尾のアルファベットにより以下の通り分類されます。

末尾H:ハイパワーなクリエイター・ゲーミング用

末尾P:一般的なノートパソコン用

末尾U:省エネ版の薄型軽量ノートパソコン用

 

なぜ第11世代→12世代でここまでのパワーアップを実現できたかというと、CPUのコア数が大きく増えているから、のようです。

CPUのコアとは内部にある演算回路のことで、コアが増えるほど並列処理が可能になり、トータルの処理性能もアップします。

第12世代では、このコアにP(performance:高性能)コアとE(efficient:高効率)コアと2種類のコアを搭載するようアーキテクチャが一新されています。

 

コア数がどれだけ増えたかというと・・・

Core i7-1165G7:4コア

Core i7-1270P:Pコア4 + Eコア8コア = 12コア

確かにこれだけ増えれば、スコアも大幅アップするな、というところです。AMDに押されていたので一気に巻き返しするため大幅パワーアップさせたというところでしょうか?

 

Dynabook  GZ/HV 製品紹介

13.3インチモデルを紹介します。

Dynabook GZ/HV

ダイナブック直販サイト(13インチ)

 

スペック

OS Windows 11 Home 64ビット
CPU インテル Core i7-1260P プロセッサー
CPUコア数 12コア/ 16スレッド
メモリ 16GB(16GB×1)/最大16GB
ディスプレイサイズ 13.3型ワイドFHD 高輝度・高色純度・広視野角(IGZO・非光沢)
SSD 512GB SSD
光学ドライブ なし
無線LAN Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)(2.4Gbps)+IEEE802.11ac/a/b/g/n
Bluetooth Bluetooth(Ver5.2)
スピーカー ステレオスピーカー
Webカメラ 有効画素数 約92万画素(Webカメラシャッター付き)
指紋認証 なし
顔認証 あり
Office なし
外形寸法(mm) 約306.0mm(幅)×約17.9mm(高さ)×約210.0mm(奥行)
駆動時間 約24.0時間
重量 約879g
発売年月 2022年3月

上記は一番安い構成になります。

この構成で15.7万です(2022年3月現在)

ダイナブック直販サイトは、会員登録するだけで、相当な割引になるので、価格を参考にする場合はかならず会員登録しましょう。

 

CPUに最新の第12世代CPUを搭載しています。

メモリは16GB、SSDは512GBと、スペック的には極めて高く、申し分のないスペックです。

 

重量・耐久性

このノートパソコン最大の売りは、重量879gと軽量であることだと思います。

また、耐久性もすばらしく、アメリカ国防総省制定のMIL規格に準拠した耐久テストをクリアしています。

 

ディスプレイ

IGZOという、シャープ製のAQUOSスマートフォンにも採用されているディスプレイを使用しています。

解像度は一般的なフルHD(1920×1080、16:9)で、最近のはやりの1920×1200(16:10)の少し縦長ディスプレイではないのが少し残念ですが、スペックは十分です。

 

キーボード

海外製の13.3インチノートパソコンだと、キーボード配置にクセがあるものが多いのですが、ダイナブックのキーボード配置は極めてオーソドックスで使いやすいです。

キーストロークも1.5mmあるので打鍵感も十分です。

海外製の安いモバイルノートはキーボードがちょっと・・・という方は、ダイナブックを検討してみる価値があるでしょう。

 

Dynabook  CZ/HV 製品紹介

15.6インチモデルのほうも紹介します。

Dynabook GZ/HV

ダイナブック直販サイト(15インチ)

スペック

OS Windows 11 Home 64ビット
CPU インテル Core i5-1240P プロセッサー
CPUコア数 12コア/ 16スレッド
メモリ 16GB(8GB×2)/最大32GB
ディスプレイサイズ 15.6型ワイド Ultra HD(4K)(非光沢)
SSD 512GB SSD
光学ドライブ なし
無線LAN Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)(2.4Gbps)+IEEE802.11ac/a/b/g/n
Bluetooth Bluetooth(Ver5.2)
スピーカー ステレオスピーカー
Webカメラ 有効画素数 約200万画素
指紋認証 なし
顔認証 あり
Office なし
外形寸法(mm) 約361.0mm(幅)×約19.9mm(高さ)×約244.0mm(奥行)
駆動時間 約7.5時間
重量 約1.80kg
発売年月 2022年3月

上記は一番安い構成になります。

この構成で14.9万です(2022年4月現在)

ダイナブック直販サイトは、会員登録するだけで、相当な割引になるので、価格を参考にする場合はかならず会員登録しましょう。

 

CPUに最新の第12世代CPUを搭載しており、Core i5とCore i7のいずれかを選択できます。

Core i5でもメモリ16GBを選択でき、Core i5 + メモリ16GBの構成がバランス良いと言えます。

メモリは16GB、SSDは512GBと、スペック的には極めて高く、申し分のないスペックです。

 

Dynabook  RZ/LV 製品紹介

14インチモデルを紹介します。

予算が出せるのなら、もっともおすすめの機種となります。

Dynabook RZ/LV

ダイナブック直販サイト(14インチ)

スペック

OS Windows 11 Home 64ビット
CPU インテル Core i7-1260P プロセッサー
CPUコア数 12コア/ 16スレッド
メモリ 16GB(16GB×1)/最大16GB
ディスプレイサイズ 14.0型WUXGA高輝度・広視野角(Low blue light)(非光沢)
SSD 512GB SSD
光学ドライブ なし
無線LAN Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)(2.4Gbps)+IEEE802.11ac/a/b/g/n
Bluetooth Bluetooth(Ver5.2)
スピーカー ステレオスピーカー
Webカメラ 有効画素数 約92万画素(Webカメラシャッター付き)
指紋認証 あり
顔認証 なし
Office Microsoft Office Home & Business 2021
外形寸法(mm) 約312.4mm(幅)×約15.9mm(高さ)×約224.0mm(奥行)
駆動時間 約20.5時間
重量 約940g
発売年月 2022年4月

上記は一番安い構成になります。

この構成で22.85万です(2022年4月現在)

ダイナブック直販サイトは、会員登録するだけで、相当な割引になるので、価格を参考にする場合はかならず会員登録しましょう。

 

CPUに最新の第12世代CPUを搭載しており、Core i7-1260Pのみのようです。

メモリは16GB、SSDは512GB〜と、スペック的には極めて高く、申し分のないスペックです。

 

しかも16:10縦長ディスプレイの14インチで、重量940gと、非の打ち所がないスペックです。

予算があるのならば圧倒的におすすめの機種です。

 

Intel第12世代CPUを搭載したノートパソコンがいち早く発売!14インチモデルが最もおすすめ

私もノートパソコンが欲しくていろいろ探していたのですが、Intel第12世代CPUを搭載した機種がそろそろ発売される、と見たので楽しみにしていました。

とうとう、発売され始めたな!というところで、他のメーカーからも発売されるのを楽しみにしたいと思います。

13インチ、15.6インチ、14インチモデルと3機種ありますが、予算が出せるのならば、14インチモデルが、最もおすすめな機種となります。

 

ダイナブック直販サイト(13インチ)

ダイナブック直販サイト(15.6インチ)

ダイナブック直販サイト(14インチ)
icon