パソコン関連 アフィリエイト広告

レノボIdeaPad Slim 570(5シリーズ)とIdeaPad Flex 5シリーズの比較。どちらがコスパ最強?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

※2023年8月更新

レノボIdeaPad Slim 5シリーズに新型が発売されていますので記事を更新しました。

 

ノートパソコンの中で、コスパ最強と考えている以下の2台

Lenovo IdeaPad Slim 5シリーズ

Lenovo IdeaPad Flex 5 Gen8 14 AMD

について、性能や価格帯が似ているということもあり、どちらを購入したほうがよいか?

について、この2機種の価格や各評価項目を整理し、どちらがよりコスパよいか、を比較していきます。

 

以前の記事で、レノボよりIdeaPad Slim 570 14 AMDをお借りすることができ、実機レビュー記事を書きました。

IdeaPad Slim 5シリーズの兄弟機で、IdeaPad Flex 5シリーズも人気機種で、どっちがよりコスパが良いのだろう?と疑問に思ったというのもあり、比較結果を記事にまとめたいと思います。

 

Lenovo IdeaPad Slim 570 14 AMD 製品紹介

Lenovo IdeaPad Slim 570 14(AMD)

Lenovo直販サイト

OS Windows11 Home(64bit)
CPU AMD Ryzen™ 5 5625U (2.60GHz  2MB)
メモリ 8GB(デュアルチャネル)
ストレージ SSD 256GB
液晶 14″ FHD液晶 (1920 x 1080) IPS, 光沢なし, マルチタッチ非対応, 45%NTSC, 300 nit, 60Hz, LEDバックライト
重量 約1.38kg
サイズ 約 321.7×211.8×17.9mm(最薄部)
バッテリー 56.5Whr(最大15.9時間)
価格 7万円台〜(時期によって変動)

スペックは上記の通りです。

7万円前後で購入可能で、かつ快適に使える性能や質感をクリアしており、コスパが素晴らしい機種です。

Lenovo IdeaPad Slim 570 14 AMD実機レビュー【コスパの神】2022年に発売されたLenovo IdeaPad Slim 570 14(AMD)をレノボよりお借りすることができましたので、レビュー...

 

CPU性能・処理速度

ノートパソコンに搭載されている主要CPUのベンチマークとなる、PassMarkというスコアを紹介します。

CPU PassMarkスコア
Ryzen 9 7945HX 55967
Core i9-13900HX 44998
Core i7-13700HX 34286
Ryzen 7 7745HX 32732
Core i7-13700H 30030
Core i5-13500H 23554
Ryzen 7 7735U 21082
Core i5-1340P※コスパ良し 20595
Core i7-1360P 19600
Ryzen 7 7730U 18864
Core i5-1335U※コスパ良し 17352
Core i7-1260P 17257
Core i5-1240P※コスパ良し 17345
Ryzen 5 7535U※コスパ良し 17123
Ryzen 5 7530U※コスパ良し 16509
Ryzen 5 5625U※コスパ良し 15000
Core i5-1235U※コスパ良し 13865
Core i3-1315U 13755
Ryzen 3 7330U 11816
Core i7-1165G7 10681
Core i5-1135G7 10298
Ryzen 3 5300U 10000
Ryzen 5 7520U 9789
Intel N100 5657
Intel Celeron 7305 2665

事務作業でブラウザをたくさん立ち上げ、かつ重いアプリを複数立ち上げたまま快適に使うのであれば、Ryzen3 5300Uのスコア10000以上あると、重作業でも十分快適に使えます。

Lenovo IdeaPad Slim 570は、AMD Ryzen 5 5625Uを搭載しており、普段使いでは極めて快適です。軽めの動画編集もできてしまうスペックです。

 

レノボ IdeaPad Slim 5i Gen8 14の製品紹介

レノボIdeaPad Slim 5シリーズは新型が発売されていますので、そちらも紹介します。

OS Windows11 Home(64bit)
CPU インテル® Core™ i5-12450H ,インテル® Core™ i5-13500H 
メモリ 16 GB LPDDR5-5200MHz
ストレージ 512 GB SSD, M.2 PCIe-NVMe
液晶 14″ WUXGA液晶 (1920 x 1200) IPS, 光沢なし, マルチタッチ非対応, 45%NTSC, 300 nit, 60Hz, LEDバックライト
液晶(有機EL) 14″ WUXGA OLED(有機ELディスプレイ) (1920 x 1200) 光沢あり, マルチタッチ非対応, HDR500, 100%DCI-P3, 400 nit, 60Hz, ブルーライト軽減パネル
重量 約1.46kg
サイズ 約 312.0×221.0x16.9mm(最薄部)
バッテリー 3 セル リチウムイオンポリマーバッテリー 56.6Wh
価格 7万円台~(時期によって変動)

目立った欠点のない万能スペックで、かつ、価格も非常に安いです。

私自身、旧型の550を妻用に購入し、主にテレワーク・日常用途で使っていますが快適に使ってもらっています。

この値段の割には、質感もなかなか良いです。

Lenovo IdeaPad Slim 5i Gen8は、レビュー記事も書いていますので参考にしてみてください。

レノボIdeaPad Slim 5i Gen 8 14型実機レビュー【新型もコスパの鬼】2023年に発売された新型レノボIdeaPad Slim 5i Gen8 14型(第13世代Intel版)の実機レビュー記事を書きます。...

画面サイズは14インチなので大きすぎず小さすぎず万能サイズで、性能も一般用途には十分すぎるくらいで快適に使えます。

コスパ最強ノートパソコンとしてもっともお勧めの1台です。

  1. AMDモデルならばRyzen 5/メモリ16GBが8万円弱
  2. Intelモデルならば有機EL/Intel Core i5/メモリ16GBが8.98万円 
  3. IntelでIPS液晶ならばIntel Core i5/メモリ16GBが7.48万円

と、いずれかを購入しておけばコスパ的にはほぼ正解、という機種です。

 

レノボ IdeaPad Flex 5 Gen8 14 AMD製品紹介

スペック

レノボIdeaPad Flex 5 Gen8

レノボ直販サイト

OS Windows11 Home(64bit)
CPU AMD Ryzen™ 7 7730U, AMD Ryzen™ 5 7530U
メモリ 16GB
ストレージ SSD 512GB
液晶1 14″ WUXGA液晶 (1920 x 1200) IPS, 光沢あり, マルチタッチパネル, 45%NTSC, 300 nit, 60Hz, ガラス
液晶2 14型 2.2K液晶 (2240 x 1400) IPS, 光沢あり, マルチタッチパネル, 300nit, 100% sRGB
カメラ IR&1080p FHDカメラ(プライバシーシャッター付)
指紋認証 あり
重量 約1.55kg
サイズ 約 313.1×224.9×17.8(最薄部)
バッテリー 3 セル リチウムイオンポリマーバッテリー 52.5Wh
価格 7万円台〜

14インチ、タッチパネル搭載のモバイルノートパソコンです。

コスパが良い構成は、Ryzen 5 7530Uを搭載した高生です。Ryzen 5でも普段使いには性能は十分すぎるでしょう。

コンバーチブル型で、2 in 1の機能を持つノートパソコンとしては、抜群のコスパを誇ります。

価格と納期

AMD Ryzen 5 7530U + メモリ16GBで7.98万と、2 in 1のノートパソコンとしては抜群のコスパです。

納期も1~2日と速いです。

タッチパネルのノートパソコンがコスパ良く欲しい場合に、真っ先におすすめできる機種です。

Ryzen 7 7730Uの構成も選べますが、コスパが良いのはRyzen 5 の構成のほうです。

 

IdeaPad Slim 570とIdeaPad Flex 5シリーズの比較

どちらの機種もコスパ抜群ですが、この2機種の比較をしてみます。

比較項目 Slim 570 Flex 5シリーズ
性能
ディスプレイ △(16:9 非光沢) 〇(16:10 光沢)
キーボード △(普通) △(普通)
重量 △(1.38kg) △(1.55kg)
インターフェイス
バッテリー 〇(最大15.9時間) 〇(最大14時間)
価格 ◎(7万円台〜) ◎(8万円台〜)
デザイン △〜○ △〜○
質感 △〜○ △〜○
耐久性
その他 タッチパネル

兄弟機なので、ほとんど同じなのですが、Flex 570のほうがコンバーチブル型なので

  1. タッチパネル搭載
  2. 重量が重い

という特徴があります。

あとFlex 5シリーズが新型に切り替わり、CPUが最新世代となっています。

 

軽さとコスパ重視ならLenovo IdeaPad Slim 570

Lenovo IdeaPad Slim 570の最大の長所は、なんといっても

  1. 7万前後で購入可能
  2. 快適性能や質感をクリアしている

というところでしょう。

一般ユーザーの大半の方が購入して後悔しない性能・質感と価格を高レベルで実現しています。コスパは神です。

快適性能をもつノートパソコンを少しでも安く、という方にはIdeaPad Slim 570はおすすめです。

 

メモリ16GBならIdeaPad Flex 5シリーズ

IdeaPad Flex 5シリーズの素晴らしいところは、メモリ16GBでも8万円台で購入できてしまうところです。

Lenovo IdeaPad Slim 570は、メモリ8GBのコスパは素晴らしいですが、なぜか16GBにすると10万~となってしまい、コスパがいまいちになってしまいます。

メモリ16GB必須ならばIdeaPad Flex 5シリーズのほうがよいでしょう。

 

コンバーチブル必須ならIdeaPad Flex 570

Lenovo IdeaPad Flex 5シリーズはコンバーチブル型でタブレットとしても使えるのが特徴です。

私もHP ENVYというコンバーチブル型を購入しております。

意外とコンバーチブルとして使う機会はないのですが(^^;タッチパネルは便利で、たまに小学生の子どもが使うときもタッチパネルがある方が使いやすいようです。

 

レノボIdeaPad Slim 5とFlex 5のスペック比較

IdeaPad Slimは新型が発売されていますのでそちらのスペック比較もします。

  1. レノボIdeaPad Slim 5i Gen8
  2. レノボIdeaPad Flex 5 Gen8

こちら2台のスペックを比較します。

比較項目 IdeaPad Slim IdeaPad Flex
CPU ◎(Core i5-13500H) 〇(Ryzen7530U)
メモリ 16GB 16GB
ディスプレイ ◎(有機EL) 〇(IPS)
サイズ 14インチ 14インチ
アスペクト比 ◎(16:10) ◎(16:10)
解像度 1920 x 1200 1920 x 1200
輝度 400nit 300nit
色域 100%sRGB 63%sRGB
ボディ質感 良い 普通
キーボード
重量 1.46kg 1.55kg
USB-A 〇(2) 〇(2)
USB-C 〇(2) 〇(1)
USB-C充電
USB-C映像出力
Thunderbolt/USB4 × ×
HDMI
Webカメラ 1080p 1080p
プライバシーシャッター
バッテリー 56.6Whr 52.5Whr
指紋認証 ×
その他 2in1,タッチパネル
価格 8.98万円 7.48万

IdeaPad Slim 5iのほうは、有機ELの8.98万円構成のほうと比較しています。

 

価格はIdeaPad Slimが安い

価格は、IdeaPad Slim 5i Gen8のほうが、Core i5-12450H+メモリ16GBでも7万円台で購入でき、安いです。

また有機ELモデルも8.98万円と、有機ELディスプレイ搭載にも関わらず凄く安く、有機ELディスプレイ搭載機種を安く購入したい場合にもおすすめです。

有機ELディスプレイ搭載機種は、他メーカーでは上位機種になるのでその分、高くなるのですが、IdeaPad Slim 5i Gen8は凄まじく安いです。

一方、IdeaPad Flex 5 Gen8は

  1. CPU:AMD Ryzen 5 7530U
  2. メモリ:16GB
  3. ストレージ:SSD 512GB

の高スペックでも8万弱と、一般的なノートパソコンと比較しても安いです。

タッチパネル + 2 in 1であることを考えると驚異的なコスパです。

 

IdeaPad Slim 5iとFlex 5のボディ質感はSlimのほうが高い

IdeaPad Slim 5i Gen8

IdeaPad Flex 5 Gen8

IdeaPad Slim 5i Gen8とFlex 5 Gen8は、兄弟機種のため、基本は同じボディを使っているのでは・・・と思いこんでいたのですがどうやら違うようです。

IdeaPad Slim 5i Gen8はフルアルミボディですがFlexのほうは樹脂製で、質感はIdeaPad Slim 5i Gen8のほうが高いです。

またアルミのほうが耐久性も高いのでその点もおすすめできます。

 

IdeaPad Slim 5i Gen8は有機ELディスプレイが選べる

IdeaPad Slim 5i Gen8の素晴らしいところは、有機ELディスプレイが選べて、かつ、9万円弱と安いことです。

上記は有機ELディスプレイを搭載したYoga 770iですが、IPS液晶と比較しても明らかに色が鮮やかで綺麗です。

写真が趣味であるとか、動画を綺麗なディスプレイで見たいのであれば有機ELディスプレイはおすすめです。

 

IdeaPad Flex はタッチパネルで2 in 1として使える

IdeaPad Flex最大の特徴は、タッチパネルとして使えて、2 in 1なのでスタンドモード、タブレットモードとして使えて、タッチペンも付属します。

タッチパネルやスタンドモードなどで使いたい場合、IdeaPad Flexは価格も安く、おすすめできる機種です。

 

IdeaPad Slim 5i Gen8とFlex 5 Gen8の比較まとめ

大半の方にはIdeaPad Slim 5i Gen8 がおすすめ

テレワークやOffice作業など一般的な事務作業用途全般である

  1. テレワーク
  2. Office系事務作業
  3. 文書作成
  4. Web閲覧
  5. 動画鑑賞
  6. SNS・ブログなどの執筆

であれば、IdeaPad Slim 5i Gen8で、十分な性能があります。

また

  1. 有機ELディスプレイが選べる
  2. ボディ質感はSlimのほうが高い
  3. 価格が安い

ことを考えると、大半の方にはIdeaPad Slim 5i Gen8のほうがよいでしょう。

 

2 in 1かつタッチパネルが欲しい場合IdeaPad Flex 5 Gen8はおすすめ

IdeaPad Flexは、タッチパネルで2 in 1のため、子供のプログラミング教室でタブレットモードで使ってもらうなどの機会がある場合、IdeaPad Flexのほうがよいでしょう。

ただ1.51kg(実測値)と少し重く、持ち運びはちょっと重いということを注意してもらえればと思います。

 

レノボIdeaPad Flex 5 Gen8

レノボ直販サイト

 

関連記事

当記事を気に入っていただけましたら、ツイッターのフォローを頂ければ、ツイッターで最新更新情報をお届けいたします。
レノボIdeaPad Flex 5とYoga 6の比較。どちらがおすすめの2in1か?レノボのコスパ最強2 in 1、タッチパネルノートパソコン IdeaPad Flex 5 Gen8 Yoga 6 Gen...
ノートパソコン コスパ最強おすすめ機種紹介【2023年】ノートパソコン購入を検討されている方向けに、「この機種を買っておけば間違いなくお買い得!」という機種を当記事で紹介します。 コスパ...
ノートパソコンメーカー レノボ・DELL・HPの比較とコスパ最強おすすめ機種紹介ノートパソコンをなるべく安く、品質を良いものを購入する場合 レノボ・DELL・HPのパソコンを直販サイトで購入するのがもっともお勧...
買ってはいけないノートパソコンのまとめ【高い買い物なので後悔しないように!】ノートパソコンに何を購入すればよいかが分からない、高い買い物なので買って後悔はしたくない!という方のために、買ってはいけないノートパソコ...
ノートパソコンの寿命・買い替えタイミング解説【4~5年で買い替えた方が良い】2023年9月更新 ここ数年、一気にテレワークが普及したのと、ノートパソコンの性能向上により、デスクトップパソコンよりノートパソコ...
ノートパソコンの選び方を解説【価格・用途・使う状況から選ぶ】ノートパソコンを買うとなった場合、どのような機種を選べばよいか? Windowsは特に、ラインナップが豊富なので知識がないと迷う、...
Lenovoの学生ストア(学割)の割引率はいくら?【学生の保護者も対象です】レノボ(Lenovo)のノートパソコンについて、学生ストア(学割)で購入するといくら安くなるか? 割引率についてまとめます。 ...
レノボノートパソコンのおすすめ機種紹介【コスパがとにかく最強】品質の良いノートパソコンを、とにかく安く買いたい場合におすすめのメーカーがレノボです。 レノボは、特定機種のコスパがとにかく素晴ら...
HPノートパソコンの評判・おすすめ機種を紹介【コスパ良くデザインが良いのが強み】レノボ・DELLと並んで、ノートパソコンをコスパ良く購入したい場合におすすめのメーカーがHPです。 私自身、HPのENVY x36...