HP Pavilion Aero 13-beの価格・口コミまとめ【コスパ最高】

ノートパソコン

2021年11月26日更新

第二弾として11月25日〜30日まで、ブラックフライデーセールで、割引き販売されています。

HPブラックフライデー公式サイト
icon

メモリ16GB、SSD512GBの構成が特にお買い得で、10.7万→9.98万になっています。

 

ここ最近は特に、ノートパソコンの納期がまったく安定していないので、欲しい方は、即納の状況のうちに、早めに購入してしまいましょう。

 

icon重量1kg未満の軽量モバイルノートパソコンで、HPからとてもコスパの良いパソコンが2021年7月発売されたので紹介します。

Pavilion Aero 13-beという13インチノートパソコンです。

 

重量957gで、一番安いモデルが93,000円と相当にお買い得です!

 

特に10,700円のモデルはすごい!

  • AMD Ryzen 5 5600U
  • メモリ16GB
  • SSD512GB
  • 輝度400nit 色域100%の1920×1200のIPS液晶ディスプレイ
  • 重量957g

と、この性能と重量のモバイルノートとしては、ぶっちぎりのコストパフォーマンス!

icon

HPは、2021年から品切れが続いていたり、コスパの良い価格帯のPavilionが値上げになったりと、微妙感がありましたが、この機種のコスパは素晴らしい!

以前の記事で、HPのPavilion 13-bbがその当時6万円台で購入可能なコスパのよい13インチパソコンとして紹介しましたが、値上げで77,800円〜となってしまい、重量1.31kgのため微妙となってしまいました。

 

また、HPのProBook 635 Aero G7は、重量999gで8万円台で購入可能というコスパの良さでしたが、2021年8月現在、品切れとなっており入荷未定となっています。コスパが良すぎてすぐ売り切れになってしまったか!?

 

その分、このPavilion Aero 13-beは人気が出ています。

他メーカーの製品を見ても、重量1kg未満の軽量モバイルノートパソコンで、この性能を持ちつつ10万未満の機種が他にないため、最もおすすめの機種となります。

 

2021年11月現在、即納可能なようなので、気になる方はチェックしてみましょう。

 

HP Pavilion Aero 13-be 製品紹介

HP Pavilion Aero 13-be

HP直販サイト Pavilion Aero 13-be

icon

スペック

OS Windows11 Home(64bit)
CPU AMD Ryzen™ 5 5600Uモバイル・プロセッサー
メモリ 8GB
ストレージ SSD 256GB
液晶 13.3インチワイド・WUXGA非光沢・IPSディスプレイ(1920×1200)輝度400nit、色域100%
重量 957g
バッテリー 最大10.5時間
価格 93,000円

CPUは最新世代のAMD Ryzen 5 5600U、メモリ8GB、SSD256GBと、極めて高いスペックを誇ります。

重量が957gと極めて軽く、かつ9.3万という価格は素晴らしい!

モバイルノートは軽量だと高くなる傾向にあるので、このコスパは素晴らしいです。

 

価格まとめ

9.3万円構成

  • AMD Ryzen 5 5600U
  • メモリ8GB
  • SSD256GB

 

10.7万円構成

  • AMD Ryzen 5 5600U
  • メモリ16GB
  • SSD512GB

 

12.0万円構成

  • AMD Ryzen 7 5800U
  • メモリ16GB
  • SSD512GB

 

となります。

重量957gと軽く、ディスプレイも輝度400nit・色域100%の1920×1200と高いスペックを保持しているにも関わらず、最安構成は10万未満と素晴らしいコストパフォーマンスです。

 

Officeもつけることがき、PowerPointもついているHome&Businessで、+18400円でつけられます。

 

ディスプレイ

ディスプレイが、一般的なフルFDの1920×1080(16:9)ではなく、1920×1200(16:10)と、縦幅が少し広くなっています。

これにより、ノートパソコンディスプレイの弱点である縦幅が少し広く、Web閲覧がしやすくなっています。

また、輝度400nit、色域100% sRGBというのも、ディスプレイとしては申し分のない性能です。

 

輝度400nit、色域100% sRGBは、私が持っているノートパソコンだと、Lenovo IdeaPad Duet Chromebookが、インチサイズは違うものの同じスペックです。

同じく、私が持っている輝度300nit、色域63% sRGBの、Lenovo IdeaPad Slim 550と比較します。

どんだけLenovo買っているんだという感じですが(^^; やっぱコスパいいんですよね〜

右のIdeaPad Slim 550も、比較しなければ十分に見やすいディスプレイですが、やはり輝度400nit、色域100% sRGBの明るさと発色には敵わない、というところです。

すごく綺麗なので、動画閲覧などにもおすすめできます!

 

CPU性能・処理速度

CPU性能を測るベンチマークとしては最も有名なPassMarkスコアについて、ノートパソコンによく搭載される主要なCPUのスコアを紹介します。

CPU PassMarkスコア
Ryzen 7 5800U 19409
Ryzen 7 5700U 16419
Ryzen 5 5600U 15883
Ryzen 5 5500U 13348
Ryzen 5 4500U(旧世代) 10961
Core i7-1165G7 10681
Ryzen 3 5300U 10151
Core i5-1135G7 10013
Ryzen 3 4300U(旧世代) 8254
Core i3-1115G4 6610
Core i3-1005G1(旧世代) 5403
Intel Celeron N4120 2510

スコア5500〜8000:テレワーク等日常使いでは快適。

スコア8000〜11500:日常使いでは極めて快適、動画編集やゲームも問題なし。

スコア11500〜:複数アプリの重作業や高度な3Dゲーム用途などに。普通の人はここまではいらない。

 

一番安いモデルで搭載されるCPUは、Ryzen 5 5600Uです。

スコアはなんと15883もあり、普段使いでは申し分のない処理速度です。

随分と高いスペックのCPUを搭載しているな、という印象があります。

 

私は、LenovoのIdeaPad Slim 550という機種で、Ryzen 3 5300Uを搭載したパソコンを実際に購入して使っていますが、5300Uでも極めて快適です。

また、外部グラフィックボードがないにも関わらず、聖剣伝説3 レジェントオブマナという、3Dゲームもサクサク動いたので、Ryzen 5 5600Uならば軽めの3Dゲームくらいであれば問題なくできると予想できます。

インターフェイス類

インターフェイス類は、多くはないですが、軽量モバイルノートパソコンとしては揃っているという印象です。

軽量化するために、インターフェイスを省くパターンもあるのですが、この機種はしっかり揃っていて好印象です。

 

レビュー・口コミ評価紹介

HP Pavilion Aero 13-beのレビュー・口コミ評価を探していて、まだ発売されたばかりなので多くはないですが、Amazonに24件のレビュー評価がありましたので紹介します。

 

5点満点で3.8点と、まあまあです。

 

M1MACと比較して外観は少し負けてるかな、画質は同等、重量がかなり軽い
アダプタに差すコネクタが2種類あり用途に合わせて変えられ使いやすい
最近はsRGB100近くないと我慢できないので液晶は合格です
メモリは増設出来ないので16GBのやつ買いましょう。

 

軽さも早さも快適です。
FMV(2014年モデル)からの乗り換えであったため、SSD(512G)とCPU性能のおかげで起動、シャットダウンも格段に速くなりました。

改善点を上げるとするなら
①少し高くてもMicrosoft OFFICE搭載モデルにすべきでした(WPSではマクロが使えません)
②USB(Aタイプ)が2口であり、SDカードスロットとディスクドライブ非搭載のため、無線マウスを使うと不足がちです。(USB増設を外付けして利用しています)

それでも、開封してから1~2時間後には実稼働できたので、セットアップにストレスを感じることはありませんでした。

処理スピードの速さ、軽さ、ディスプレイの画質を高く評価するレビュー結果が多かったです。

 

性能は良いのですが、発熱が気になります。
夏場なのもあるのかもしれませんが、とても熱くなるので、故障しないか心配です。

また、メモリ交換不可なのがとても残念です。
万が一メモリが故障した際などにマザーボード修理を出さないといけないので、困りますね。

あと、人によっては気にならないかもしれませんが、充電中の高周波音が多少気になります。

気になる辛口評価としては発熱が気になる、というもの。

発熱しても壊れなければ問題はないと言えますが、熱くなるのが気になる方は注意しておいたほうがよいでしょう。

 

重量1kg未満のライバルメーカー機種の価格帯

モバイルノートパソコンで、重量1kg未満というと、一気に値段が上がってしまいます。

ライバルメーカーで重量1kg未満、同スペックのものを比較してみます。

 

メーカー 機種 価格 重量
HP Pavilion Aero 13-be 93,000円 957g
Dynabook dynabook GZ/HP 11,7480円 908g
DELL Inspiron 13 7000 118,778円 999g
レノボ Yoga Slim 750 i Carbon 122,624円 966g
ASUS ZenBook 14 Ultralight 139,800円 995g

ASUS以外は13インチ、ASUSは14インチになります。

こうして見ても、HPのPavilion Aero 13-beのコスパの良さは際立っています。

あとは、国産のdynabook(旧東芝)も、結構価格的には頑張っているな、という印象です。

 

レノボのYoga Slim 750i Carbonという機種が、重量966gのため、比較します。

レノボ Yoga Slim 750i Carbon

レノボ公式サイト(新品)

Yoga Slim 750i Pavilion Aero 13-be
OS Windows10 Home(64bit) Windows10 Home(64bit)
CPU Intel Corei5-1135G7 プロセッサー AMD Ryzen™ 5 5600U 
メモリ 8GB 8GB(デュアルチャネル)
ストレージ SSD 512GB SSD 256GB
液晶 13.3インチ・非光沢・IPSディスプレイ 高精細WQXGA(2560×1600)、LEDバックライト、輝度300nit、色域100% 13.3インチワイド・WUXGA非光沢・IPSディスプレイ(1920×1200)輝度400nit、色域100%
重量 966g 957g
大きさ 約 295.9×208.9×14.25mm 約 298 × 209 × 16.9mm
バッテリー 最大14時間 最大10.5時間
価格 12.5万 9.3万

HP Pavilionのほうがコストパフォーマンス的には有利かなと思います。

やはりこの重量で、10万切りの価格は魅力的です。

 

HP Pavilion Aero 13-be は重量1kg未満の新品モバイルノートパソコンとしてはコスパ抜群!

上述のとおり、HP Pavilion Aero 13-beは、重量1kg未満の新品ノートパソコンとしては抜群のコストパフォーマンスとなります。

興味のある方はチェックしてみてください。

 

半導体不足の影響のためか、ノートパソコンはすぐ品切れになったり、しれっと値上がりしたりと、とても荒れた状況になっているなという印象です。

2021年9月現在、即納可能な状況なので、購入検討されているなら早めに購入したほうがチャンスを逃さなくてよいという気もします。

 

HP Pavilion Aero 13-be

HP直販サイト Pavilion Aero 13-be

コメント

タイトルとURLをコピーしました