車情報

車のバッテリーを安く交換する方法。ネットで購入・実店舗で交換が安くて簡単

車のバッテリーは、3~4年程度で寿命が来るので、交換が必要となります。

 

交換の際、ディーラーやオートバックスなどでバッテリー購入からお願いすれば、何も考えずにおまかせで交換してもらえます。

ただ、その方法は、お金がどうしてもかかってしまいます。

 

私が車を購入してからあまり知識がないときに、何も考えずにオートバックスに交換をお願いしたら、3万以上かかってびっくりしたのを覚えています・・・

思わず、「そんなにかかるんですか!」と言ってしまいました(^^;)

 

最近、レガシィアウトバックのバッテリーを交換したが、少し工夫するだけで、7,840円で交換できたので、その方法をお教えします。

 

バッテリー型番を調査する

まずは、交換するバッテリーの型番を調査します。

一番確実なのは、現在車に取り付けられているバッテリーを、ボンネットを開けて確認することです。

ボンネットを開けると、レガシィの場合は画像の右下のほうにバッテリーが取り付けられており、型番はバッテリーに書いてあります。

レガシィアウトバックの場合、75D23Rでした。

ちなみにアイドリングストップ車の場合、そうでない車と比較して性能の良い専用バッテリーを購入しなくてはならず、割高になる傾向があるので注意です。

同じ型番のものであれば、問題ないはずです。

話は脱線するが、ガソリンを節約するためのアイドリングストップなのに、バッテリー交換でお金が余計にかかるなら、意味がないように思う、のは私だけですかね?

 

ネット通販で同じ型番のバッテリーを購入する

バッテリー型番を調べることができたら、次はネットで同じ型番のものを購入します。

Amazonでも楽天でもよいでしょう。

私の場合は75D23Rで調べて、以下のバッテリーをAmazonで購入しました。

 

 

同じ型番であればなんでもよいですが、パナソニックのカオスというバッテリーは評判が良いので、それを購入してもよいでしょう。

 

オートバックスでバッテリー交換のみお願いする

無事バッテリーが購入でき、家に到着したら、それをオートバックスに持ち込み、交換だけをお願いします。

交換だけ、なんて断られないのか?と思うかもしれないが、普通にやってくれます。

 

オートバックスのメンテナンス会員というのになっておくと、通常1100円の工賃を550円で実施してくれます。

古いバッテリーの廃棄も、もちろん実施してくれます。

メンテナンス会員は、普通にオイル交換などの整備を一度でもお願いしておけば、そのタイミングで入ることができます。

色々整備費用がお得になるので、入っておいたほうがよいでしょう。

 

私はこの方法でレガシィアウトバックのバッテリーを

ネット購入費用7,300円 + 交換工賃540円 = 7,840円

で実施できました。(当時は消費税8%のため交換工賃540円)

自分で交換するわけではないのでラクに交換でき、しかも完全おまかせの4分の1程度の金額で交換できます。おすすめの方法です。

 

車のバッテリー交換時期は?

バッテリーの寿命は、最初に書いた通り3~4年くらいで考えておいたほうがよいです。

私のレガシィのバッテリーも、4年経ったら調子が悪くなり、エンジン始動の音が苦しそうになったのと、燃費が落ちました。

アイドリングストップ車の場合、もっと寿命がくるのが早い傾向にあるようなので、3年ごとくらいには交換してしまったほうがよいでしょう。

 

上記ご紹介の方法は、少なくともバッテリーが生きている状態でないと、実践できません。

バッテリーが上がってしまったら、JAFなどを呼んでとりあえずはエンジンを始動させます。

そのあと値段が高いのを承知で、店舗やディーラーに車を持ち込み、購入から交換まですべてお願いするしかないです。

エンジンを切るとまたバッテリーが上がってしまうため、すぐに交換してもらうしかないです。

 

そうならないように、気持ち早めに交換するのがよいでしょう。

バッテリーが上がってしまうと、焦りますしね(^^;)

 

2022年追記:やってしまった!バッテリーあがり・・・

※2022年11月追記

このような記事を書いておきながら・・・

やってしまいましたバッテリーあがり(^^;

月曜の朝、妻がいつものように車のを使おうとしても。。。ドアが開かない!

また、プッシュエンジンスタートを押してもエンジンがかからない!

完全にバッテリーあがりの症状です・・・

 

仕方がないので、自動車保険の特約でロードサービスを使用、バッテリーを充電してエンジンがかかるようにしてもらい、そのままオートバックスに直行しました(汗)

そこでバッテリーを購入し交換してもらったのですが・・・高い!

パナソニックのカオスという、100D23Rという高性能でメジャーなバッテリーを購入しましたがバッテリー価格が3.95万、交換工賃1100円でした・・・

合計4万以上かかりました(汗)

もともと搭載されていたのが75D23Rなのでもう少し性能控えめのものでしたが売ってなかったんですよね。

 

ネットで探すと、同型バッテリーが2.3万程度で販売されています!

 

ただ今日はバッテリー上がった直後なので、エンジン切ると次にまたエンジンがかかる保証がなく、ネットで購入したものを待つ余裕はなかった・・・

こうならないためにも、バッテリー上がりの兆候が見られるとか、3年くらい交換から経つのであれば、ネットで割安購入し、予防交換しておくのがお勧めといえそうです。

 

まとめ

  1. 現在取り付けられている同じ型番のバッテリーをネット購入
  2. 購入バッテリーを持ち込みオートバックスで交換のみお願いする

 

上記を実践するだけで、全部店舗でお任せする費用の4分の1程度で交換できます。

是非この方法で交換し、バッテリーが上がる前に定期的に、かつリーズナブルにバッテリーを交換していただければ、と思います。