親がフォルクスワーゲンゴルフ7を100万で購入!通勤用クルマとして面白い選択だ!

車情報

親が最近、フォルクスワーゲンゴルフ7ハイラインを、中古100万で購入した!という話を聞いた。

 

ゴルフの前はレクサスISに乗っていたのだが、中古車で試乗したゴルフの出来の良さにびっくりし、購入を決めたとのことだ。

 

私も家の近くの道を運転させてもらったり、実際に車を見たりしたので、その印象をお伝えしようと思う。

 

小回りが効いて運転しやすく、パワーも十分!ハンドリングも絶品で、燃費も市街地で14km/Lは走るらしい!通勤用に欲しいぞ!!

 

 

別記事で、通勤用車をスバルで探すとどうだ?という記事を書いているので参考にしてみてほしい。

通勤用の車を50万以下で購入したい!中古車好きスバリストがスバルで探してみる
私はスバリストで、在宅勤務主体となったSEなのだが、すべて在宅勤務にするのが難しく、週2~3回程度出社している。 電車通勤しているが、車通勤にでき...

 

フォルクスワーゲンゴルフ7のスペック

スペック ハイライン コンフォート・トレンドライン
全長×全幅×全高 4265×1800×1460mm
最小回転半径 5.2m 5.2m
車両重量(kg) 1320 1240
エンジン 1.4リッターターボ 1.2リッターターボ 
最高出力 140ps/4,500-4,600rpm 105ps/4,500-5,500rpm
最大トルク 250Nm/1,500-3,500rpm 175Nm/1,400-4,000rpm
トランスミッション 7速DCT
駆動方式 FF
燃費(JC08) 19.9km/L 21.0km/L
乗車定員 5名
価格 315.9万~(新車) 279.9万~(新車)

まさに、通勤用として最適!というスペックだ。

 

1.2リッターターボと1.4リッターターボの二種類があり、1.4リッターのほうはハイパワー版となる。

 

サイズは大きすぎず、最小回転半径5.2mなので取り回ししやすい。

 

燃費もよく、パワーも通勤用としては十分、むしろハイラインだと早い!という印象だ。

 

新車だと値段が高めだが、、、その点は中古車なら解決する。(後述する)

 

フォルクスワーゲンゴルフ7を試乗した印象

親が購入したのは、2015年式のハイライン(パワーのあるほう)であった。

実際に運転させてもらった!

 

これは、、、

 

むちゃくちゃ出来がいい!!

 

エンジンは1.4リッターターボ+7速DCTなのだがこれがすさまじく出来が良い!

 

すぐにターボが効くので、とても1.4リッターのエンジンとは思えない。感覚的には2.5リッター以上に感じる!

 

車重の軽さもあるのだろうが、加速感は私のレガシィアウトバック3.6Rと比較しても、大差ない!

 

実はこの1.4リッターターボは、アウディA4アバントにも搭載されたグレードが販売されていた。アウディにも搭載するくらいだから、出来の良さは折り紙つきだ。

 

ハンドリングも絶品で、低速時は軽くて扱いやすく、スピードが出ると重くなり安定感が増す。

 

最近乗った車だと、レヴォーグSTI Sport がハンドリング凄く良かったのだけど、それに迫る出来だと思う。

 

静粛性、乗り心地も文句なし!乗り心地は、前に親が乗っていたレクサスISよりも、ゴルフのほうが良いとのことだ。

 

燃費は市街地燃費で14km/Lとのこと。ハイオクだが燃費は十分だろう!

 

通勤用として考えるとどうか?

 

毎日の運転にはどうか?

実際に運転した印象を述べたが、走りのレベルは無茶苦茶高い!

 

初代レヴォーグのSTI Sport も感動レベルだったが、それに迫る出来の良さだ!

 

コンパクトカークラスでこの出来の良さとは、、、畏れ入りました。

 

日本車はなかなか追い付けないだろうな、、、という出来だ。

 

ハイラインは相当に早くて気持ちよかったが、通勤用の街乗りにはパワーがありすぎてオーバースペックのようにも感じたので、トレンドラインやコンフォートラインでもいいかも。

 

コストパフォーマンスはどうか?

新車だとぶっちゃけ高いのだが、この車の真価は中古車だろう。

 

中古車を探すと、四年落ちくらいから、100万以下の車両がたくさん見つかる!

 

例えばこの車は、40thエディションという1.2リッターターボの特別仕様だが、4年落ち3.9万kmで、車両価格78万円だ!

 

フォルクスワーゲン(というより輸入車全般)は、中古購入がお買い得だ!

 

燃費や維持費はどうか?

親に聞いたのだが、ハイライン(1.4リッターターボ)の市街地燃費は、14km/Lとのこと。ハイオクがネックではあるが、十分な燃費ではないだろうか?

 

1.2リッターターボのほうだと燃費はさらに良くなり、16km/L 程度にはなるとのことだ。

 

燃費が16km/Lだとすると、私の通勤路が往復20㎞なので、1.25リッターのガソリンで往復できることになる。1か月20営業日で毎日通勤に使うとすると、1か月で必要なガソリンは25リッター。ハイオクが130円なので、3,250円だ。

 

しかもタンク容量は50リッターなので、ガソリン満タンで2カ月は通勤できることになる。相当な低燃費だ!

 

維持費については、自動車税は排気量が少ないので安い。1.2でも1.4でも、34,500円だ。

 

あとは故障がどの程度か?会社の同僚に、10年以上ゴルフに乗っている人がいるが、故障しているという話は聞かないので、壊れやすいということはないのだろう。ただ・・・フォルクスワーゲンはトランスミッション(DSG)が故障する、という話をよく聞くので、これは後述する。

 

故障しないか?

「ゴルフ 故障」とか、「フォルクスワーゲン 故障」などのキーワードで検索すると・・・・

 

トランスミッション(DSG)の故障のことが、たくさん出てくる!

 

ゴルフのトランスミッション(DSG)は、デュアルクラッチ式のトランスミッションで、マニュアルがベースになっているが、それを2つのクラッチで自動変速している、という仕組みだ。

 

このトランスミッションは、走りの評価は高く、キレのある変速で加速感が気持ちよい、などの評価が多いのだが、デメリットとして、走行距離が延びると故障率が高くなる、という話がある。

 

このことについて、いろいろ調べたところ・・・

 

  • 症状としてはジャダー(振動)が出るのが一般的
  • 走行距離が延びると、症状が出始めることがある
  • 一回症状が出始めると、なかなか直らず、最悪ミッション載せ替えもあり得る
  • ミッション載せ替えは費用がものすごく高く60万~かかる
  • 2013年3月に世界的大規模リコールがあった
  • リコール対応後2~3万km走ると再び調子が悪くなる
  • 2016年以降は故障の症例は落ち着いてきている

 

少し前の年式(~2013年)のDSGは、確かに故障しやすいという症例があるようだ。ただ、2016年以降は落ち着いてきているとのこと。

 

これらの情報から、我々消費者が出来ることは・・・

 

  • 新しい年式の中古を選ぶ(2016年~)
  • 走行距離の少ない中古を選ぶ(~4万km程度)
  • 可能であれば試乗し、振動が出ていないかチェックする
  • 認定中古車を購入し1年保証をつける
  • 古い年式ならリコール対応歴やオイル交換歴などチェックする

 

このようなところだろうか?予算次第だが、2016年~で走行距離が少なめの個体を購入できると、安心だと思う。

 

親が購入したのは2015年式、4万kmで、親はかなり距離を乗るほうなので、走行距離が伸びたときに、どのような症状が出るのか、出ないのかは、当ブログにて今後チェック、紹介していきたいと思う。

 

ゴルフ7は通勤用として購入すると面白そうだ!

いろいろ書いてきたが、フォルクスワーゲンゴルフ7を通勤用車として購入することを考えると

 

  • 走りのレベルは無茶苦茶高い
  • ハイオクだが燃費もよい
  • 中古車ならコスパ抜群

 

というところで、日本車にはない個性と走りのレベルの高さが楽しめそうだ!

 

故障したときの維持費は日本車よりは高くなるが・・・毎日の通勤を楽しむという意味合いで、ゴルフをあえて選択してみるというのも、面白そうだ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました