新型レヴォーグのハンドリングと乗り心地は相当に進化している!

車情報

8月20日に先行予約開始となった新型レヴォーグについて、スバリストである私も大いに興味のある一台なので、記事をいくつか書いてきた。

8月上旬に自動車メディア向けのプロトタイプモデル試乗会が実施されたようで、その試乗動画がyoutubeにアップされているのだが、ハンドリングと乗り心地についてはどのメディアでも絶賛の嵐になっている。

こういう動画をみると、自分が実際に試乗するときも大いに楽しみになるし、仮に実車を見ずに注文したとしても、後悔しないレベルに仕上がっていると思えるな、と思う。

今回の記事では、自動車メディアの動画を紹介しながら、ハンドリングや乗り心地がどれだけ高いレベルに仕上がっていそうか、についてご紹介していきたいと思う。

新型レヴォーグのグレードや価格情報については、別途記事を書いているので以下を参考にしてみてほしい。

スバルレヴォーグの価格・グレードごとの装備・見積もり・値引き金額まとめ
スバルレヴォーグの価格・グレードごとの装備と、実際の見積や値引きはいくらくらいか?についてまとめました。 私はスバリストで、レガシィを2台10年程度乗り継...

ハンドリングや乗り心地のセッティングを変えることのできる、ドライブモードセレクトについて紹介した記事を別途書いているので、参考にしてみてほしい。

新型レヴォーグのドライブモードセレクトが凄い!
新型レヴォーグ、8月20日に先行予約開始となり、メディアも情報解禁されたようで、さまざまな記事や動画がネットに掲載されるようになってきた。 調べれば調べる...

 

各自動車メディアの試乗動画紹介

参考までに各自動車メディアの試乗動画をいくつかご紹介する。

どの動画も、新型レヴォーグの乗り心地、ハンドリングについては大絶賛の嵐となっており、とても期待がもてそうだ。

実際に自分が試乗してみたら、超絶によく感じるんだろうなあ。私は現行レヴォーグSTI Sportでも、ハンドリングはものすごく良く感じましたからね。それよりもさらに進化しているというのだから、驚きです。

LOVECARS!TV!(川口まなぶさん)

【新旧比較】スバル 新型レヴォーグ を現行型 レヴォーグと比較試乗!

川口まなぶさんの動画は、説明がわかりやすいですね。以下のコメントをされています。

・静粛性が旧型に比べて1ランク上がっている

・ハンドリングはしっとりを通り越してうっとりするレベル!

・ボディの振動や揺れが旧型に比べて抑えられており、1~2クラス上の車に感じる

 

うな丼さん(クルマ系youtuberさんの動画)

【新型 レヴォーグ】感動できるステアリングフィール!!

新型レヴォーグの動画を見るまでは私は知らなかったのですが、有名な車系youtuberの方のようです。再生回数凄い。

・コーナリングが気持ちよい!切り始めからさわやかに応答してくれる

・デコボコ道を走っても、乗り心地はフラット!

・新開発1.8リッターターボエンジンの加速感が凄い!

新型レヴォーグのエンジンについては、別途紹介記事を書いているので、参考にしてみてほしい。

新型レヴォーグの新開発1.8リッターエンジンはどうなのか?スペックや燃費などご紹介する!
8月20日に先行予約開始となった新型レヴォーグについて、スバリストである私も大いに興味のある一台なので、記事をいくつか書いてきた。 今回は、スバリストなら...

 

五味やすたかさん

スバル 新型レヴォーグ #03 【試乗】STIスポーツの走りを徹底チェック!! さらに新旧モデル比較も!! SUBARU LEVORG E-CarLife with 五味やすたか

別記事でも紹介した五味やすたかさんの動画で、こちらも再生回数はすごいです。正直ベースのコメントのため信用・信頼できます。

・ハンドリングが凄くなめらか!少量のハンドル操作で、しっかり応答してくれる

 

新型レヴォーグのボディ&シャシー

SUBARU車は、2016年のインプレッサより、車体(プラットフォーム)を刷新。スバルグローバルプラットフォーム(SGP)を適用してきており、新型レヴォーグにも適用された。

新型レヴォーグには、ただSGPを適用するだけでなく、組み立て工法を見直して、フルインナーフレーム構造を採用した、とのこと。

今まで行なわれてきた工法は、フロアやサイドコンポーネントを別々に作成、それを集めて溶接してボディに仕上げるという手順のようだ。

ただ、このやり方だと、骨格に外板が付いた状態で溶接するため、スポット溶接できない部位が生じるので、それを改め、すべての骨格を理想的な溶接位置で結合した後、外板を被せてボディに仕上げるのが、フルインナーフレーム構造、とのことだ。

ボディー・シャシーの技術的なところは私はあまり詳しくは分からないが、ボディ剛性を上げるために溶接や組み立て工程を変えてしまうという、SUBARUの執念には恐れ入る。

結果、乗り心地や素直なハンドリングに結びついているようだ。

 

新型レヴォーグのパワーステアリング

新型レヴォーグは、SUBARUとして初採用した、ダブルピニオン電動パワーステアリングというものを使い、極上のハンドリングを実現しているようだ。

ボディやパワステの技術的な話は、五味やすたかさんの解説動画がyoutubeにアップされているので、参考にしてみてほしい。

スバル 新型レヴォーグ #04 【マニアック解説】良いモノには理由がある!! レヴォーグの造りを深部まで解説!! SUBARU LEVORG E-CarLife with 五味やすたか

 

ここまでやるか!新型レヴォーグ

新型レヴォーグは、ボディ&シャシーや電動パワステなど、今までにない手法を採用し、徹底的な走り味、ハンドリングの向上を狙っているようだ。

試乗動画では乗り心地やハンドリングは各メディア大絶賛のため、ものすごく期待が持てそうだ。

まさにスバル車として日本のフラッグシップを開発する、という開発者の意図を感じられるので、新型レヴォーグはとても楽しみな1台だ!

新型レヴォーグの情報について、8月24日に発売されたスバリスト用情報雑誌「SUBARU MAGAZINE」に紹介されているので、参考にしてみてはいかがだろうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました