安くて性能のよいノートパソコンを購入する方法【2021年1月版】

ノートパソコン

コスパのよいノートパソコンを色々紹介してきて、安くて性能のよいノートパソコンを購入するノウハウについて紹介しようと思います。

 

2021年1月現在のノートパソコンの相場ですが、Windows10を快適に動かすためのミドルクラススペックで、13〜15インチで5万〜8万といったところです。

 

インチサイズが小さいほど、より軽量になるほど、高くなります。

そのため、持ち運び用途でなければ、まずは15インチを検討、たまに持ち運びたい程度であれば、14インチを検討してみてください。

13インチのノートパソコンは持ち運びには便利ですが、その分値段が高くなる傾向にあります。

 

ミドルクラススペックの基準は以下の通りです。

CPU 最新世代(11世代)Intel Core i3 もしくは AMD Ryzen 3 4300U
メモリ 8GB
ストレージ SSD 256GB
液晶 フルHD IPSディスプレイ(解像度1920×1080)

 

上記スペックは、私がSE経験上色々なパソコンを触ってきて、Windowsマシンをそれなりに快適に動かすなら、上記スペックくらいは欲しい、と思うスペックです。

このスペックをベースに、なるべく安くノートパソコンを購入する方法について紹介します。

 

 

パソコンメーカーはレノボ・HP・DELLがおすすめ

ノートパソコンを購入する際の判断基準となるメーカーですが、パソコンを安く購入するならほぼ以下の3メーカーを抑えておけば大丈夫です。

 

  • レノボ(中国)
  • HP(アメリカ)
  • DELL(アメリカ)

この3社が、コスパが圧倒的によく、品質も安定しています。

 

この3社ですが、世界的に見てシェアも圧倒的で、3社だけで実に70%以上ものシェアを持っています。

メーカー シェア(2019年)
レノボ 24.1%
HP 22.2%
DELL 16.8%
Apple 7.0%
Acer 5.7%
ASUS 5.5%
その他 18.7%

2019年の世界パソコンシェアは上記の通りで、レノボ、HP、DELLが圧倒的に強いです。

 

理由は、オススメパソコンを紹介しているとよく分かるのですが、この3社は販売価格が安い、とにかく安い!

また、ただ安いだけでなく、品質や質感も、上記のミドルスペッククラスのノートパソコンを購入すれば満足できるものを売っています。

 

国産メーカーだと、同じスペックのマシンを買おうとしても、この1.5倍〜程度の値段がかかるので、コスパでは正直勝負になりません。

なので、日本人としては残念ですが(車だと国産すごい良いんですけどね!)パソコンを安く買う場合、まずは国産という考えは捨てましょう。

 

レノボ、HP、DELLですが安いだけでなくそれぞれ特徴があります。

 

レノボ:とにかく安い!

レノボは、HP、DELLよりも更に安いモデルを販売している、という印象です。

例えば、別記事で紹介したIdeaPad S540(14,AMD)は、ミドルクラススペックの14インチノートが約5.1万円で購入可能です!

レノボ IdeaPad S540(14,AMD)は14インチノートとしては破格の安さ!【5万円強で購入可能!】
それなりの性能で14インチノートパソコンを購入するなら、これが最も安い!というパソコンがあるので紹介します。 レノボ IdeaPad S540(14,AM...

とにかく安く購入したい!という方は、まずはレノボを探してみましょう。

 

HP:パソコンのデザインがよい

HPは、安いだけでなく、ノートパソコンのデザインも綺麗という印象です。

例えば別記事で紹介した13インチのPavilionですが、約6.5万で購入可能とコスパも良く、さらにデザインも良いです。

HP Pavilion 13-bbは税抜5万円台で購入可能なコスパ抜群13インチノートPCだ!
2020年12月、HPより、コスパ抜群な13.3インチノートパソコンが発売されました! HP Pavilion 13-bbという、13.3インチモ...

デザインも重視するならHPを検討してみましょう。

 

DELL:納期が比較的安定

コロナの影響がありノートパソコンの需要が高まったせいか、レノボとHPは人気モデルの納期が安定していない、という印象がありました。

ただ、その中でもDELLは、納期が比較的安定しているという印象がありました。

似たようなスペックのモデル紹介でも、DELLだと納期が短い、というものがかなりありましたので、もしレノボやHPで納期が長いが、早くパソコンが欲しいという方はDELLを見てみましょう。

 

家電量販店でなくメーカー直販サイトで購入しよう

パソコンを購入するとき、家電量販店で実物を見て購入したくなる気持ちも分かりますが、安く買うのであれば絶対やめましょう。

 

メーカー直販サイトで購入するほうが圧倒的に安いです。

特に上記で紹介したレノボ、HP、DELLが安いので、まずはこの3社の直販サイトを見てみましょう。

 

Lenovo直販サイト

 

HP直販サイト

 

iconDELL直販サイト

クーポン適用やセールで更に安くなる

レノボ、HP、DELLですが、しばらく直販サイトをウォッチしていると、よくセールや割引クーポン配布を行っていることがあります。

そのため、急ぎの購入でなければ、しばらくの期間この3社の直販サイトを継続的に見て、お買い得価格で購入できないか調べるとよいでしょう。

 

例えばDELLのInspiron 13 5000は、この記事を書いている2020年1月頭で20%オフクーポンを配布しており、20%オフで購入可能です。

DELL公式サイト

レノボ、HPでもこのように特定期間でお得に買えるセールを実施していることが多いため、しばらくチェックしてみましょう。

 

性能のよいパソコンを安く購入するならまずはレノボ・HP・DELLの直販サイトで検討を!

繰り返しになりますが、家電量販店で国産のノートパソコンを買うというのは、コスパから見てお得ではありません。

安く買うならば、レノボ・HP・DELLの直販サイトでの購入を検討してみてください。

 

もしネットだけでの購入が不安であれば、サイズ感や質感などを見るために、家電量販店に言って各メーカーのパソコンを触ってみるのはアリだと思います。

ただ、実際に買うのはメーカー直販サイトからにしたほうが絶対にお得です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました