在宅勤務SEの効率アップアイテム紹介

ワークライフバランス

在宅勤務SEの効率アップアイテム紹介

新型コロナの影響で、在宅勤務にスイッチしている方も多いのではないか、と思う。

かくいう私も、大半が在宅勤務となった。打合せも、基本はWEB会議で実施となった。

1か月程度、この生活をしてみたが、慣れてくると、意外とこの生活も悪くない、と思うようになってきた。

在宅勤務を始める前は、「SEといってもプログラム開発だけではなくチーム作業が多いし、顧客打合せやシステム保守作業もあるから、在宅勤務は難しいんじゃないかな・・・」と思っていた。

しかしながらやってみると意外とできてしまう、ということに私自身驚いている。

・チーム作業:WEB会議に常時つなぎっぱなしでコミュニケーション不足解消

・システム保守:自宅からのリモート環境を整えて解決(セキュリティとの兼ね合いはあるが)

・顧客打合せ:WEB会議

こんな感じで、大体は解決できてしまう。

まあ、リリースとか、どうしても顧客現地に行って作業しなければならない作業は、残るけどね・・・

大半が在宅勤務でこなせてしまう、ということに気づくと、今度は在宅勤務の大きなメリットを知ることになる。

一番大きいメリットは、通勤がなくなったので、家族と過ごせる時間が長くなった、ということだ。

また、仕事時間も、ある程度は自由がきくようになった。

子育ては朝と、夕方~夜が一番大変だと思うのだが、会社にいくと、残業もありこの時間帯にいられない、ということが多かった・・・

しかし在宅勤務なら、朝は9時ぎりぎりまで子供といられる。

夕方も定時でいったん仕事を切り上げ、すぐに子どもの面倒を見ることができる。そして落ち着いたあとに仕事を再開することもできる。

逆に在宅勤務のデメリットは、家に仕事の環境が整っておらず、効率がどうしても落ちてしまう、というところだろう。

仕事の効率を少しでも上げるために、揃えると効果的なアイテムについて、紹介する。

 

大画面ディスプレイ

在宅勤務用端末として、ノートパソコンを使っている方は多いのではないかと思う。

ノートパソコンは、場所を取らないので便利なのだが、反面、画面が小さいので作業効率は落ちる。

効率アップには、大画面ディスプレイが必須、と感じる。

特にSEの場合、統合開発環境でプログラムを見たり、設計書を見たりするなど、画面の大きさによって作業効率が大きく変わると思うので、少し値は張るが、用意しておきたいアイテムだ。

上記はHPの23.8インチディスプレイだ。

値段は2020年5月現在で、Amazonで14,180円だ。

この大きさのパソコン用ディスプレイであれば、大抵は解像度1920×1080のフルHDで、HDMIケーブルで接続することができる。

私は在宅ワークで上記ディスプレイを使用しているが、申し分のない大きさだ。

ノートパソコンとディスプレイの接続は、HDMIケーブルがよいだろう。今時のパソコンなら大抵HDMIケーブル接続口が用意されている。


上記はケーブル長さが2メートルで、Amazonで999円だ。

大体これくらいの値段が相場のようだ。

HDMIケーブルは、ノートパソコンとテレビをつないだりもできるので、あると色々と便利だ。ケーブル長は少し長めのものを買っておくと、困らないだろう。

 

無線マウス・キーボード

ノートパソコンをディスプレイにつないで使用するとなると、セットで必ずほしいのが、マウスとキーボードだ。

特に在宅ワークだと使用スペースが限られていたりするので、無線タイプのほうがおすすめだ。

無線にはUSBのレシーバーを接続して使うタイプと、Bluetoothによるレシーバーがいらないタイプがある。

個人的なおすすめは、USBタイプのほうだ。安価だし、動作が安定している。

BluetoothはレシーバーがいらないのでUSBポートを塞がず便利、と思うかもしれないが、ペアリングというパソコン側にマウスとキーボードを認識させる作業が必要になるのと、動作レスポンスもUSBに比べると落ちることが多い。

あと、個人的な話で恐縮だが、Bluetooth接続でパソコンに接続する機器は、SEの仕事のときにバーコードリーダーでトラブったことがあるので(汗)あまりおすすめしたくはない・・・。パソコン側との接続が一定時間で切れるとか、大文字小文字が変に変換されて読まれてしまう、などだ。

作業効率を考えたら、USBタイプのほうが私はよい、と思う。

上記はエレコムのUSBタイプの無線マウス・キーボードセットで、Amazonで2,411円。リーズナブルだ!

作業効率を考えると、マウスとキーボードは別で用意しておきたい。私もそうしている。

 

その他在宅ワークの効率を上げる方法

私も色々試したり、ネットで在宅ワークに成功している企業のノウハウ記事を読んだりで、試行錯誤中なのだが・・・

その中で、在宅ワークで効率が上がる方法をいくつかご紹介したい。

 

きちんとした格好に着替える

そのまま会社にすぐ行けるような恰好で私は在宅ワークを開始している。

着替えると、仕事スイッチが入りやすいと感じる。ぜひお試しあれ。

 

常時Web会議で同僚とつないでおく

在宅ワークに成功している企業が取り入れていた手法だが、これは、効果絶大だ。

二つの意味で効果があるのだが

1.同僚に見られている感があるので、さぼらず仕事ができる

2.同僚とすぐにコミュニケーションが取れる

とくに1番目が、思った以上に効果大だ。

やはり、仕事にはある程度の同僚に見られている感というか、緊張感が必要なんだな、と感じてしまう。

 

自宅の回線速度を早くする

勤務先LANに自宅回線から接続する場合、自宅の回線速度がレスポンスに結構な影響を及ぼすことになる。

快適な在宅ワークを送りたい場合、回線速度の改善は欠かせない。

我が家ではインターネット回線としてNURO光を利用しており、その速さと月額利用料金の安さは誰にでもおすすめできる。

紹介記事も書いたので、参考にしてみてほしい。

在宅勤務ネット回線に回線費用が安く回線速度が速いNURO光をおすすめする
我が家は東京郊外戸建てなのだが、3年半ほどNURO光を使っており、とてもおすすめだと感じているので、ご紹介したいと思う。 新型コロナの影響で、在宅勤務に切...

まとめ

新型コロナの影響で、良くも悪くも在宅ワークをせざるを得ない状況となってきており、この状況は長く続きそうである。

在宅ワークのメリットを最大限に活かしつつ、かつデメリットはアイテムを揃えて解消する、Web会議などのITを駆使する、などで工夫して潰していければ、と思う。

私も引き続き試行錯誤していき、さらに効率の上がるアイテムや方法を見つけた場合は、別途記事でご紹介していこうと思う。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました