スバルレヴォーグとレガシィアウトバックの違いについて比較考察します【新型アウトバック発売決定!】

車情報

2021年9月追記

新型アウトバックが2021年秋に日本でも発売確定となりました!そのため、新型アウトバックとの比較考察を追記しました。

 

スバルレヴォーグとレガシィアウトバックは、ステーションワゴンとSUVワゴンの違いはあるものの、価格帯など似通っているので、もしかしたら迷う方もいるかもしれません。

私はレガシィアウトバック(BR)のオーナーで、旧型レヴォーグにも代車などで何回か乗ったことがあります。

 

当記事では、レヴォーグとアウトバックの違いや、どちらがおすすめか、について書きたいと思います。

レヴォーグとフォレスターとの違いも、記事に書きましたので参考にしてみてください。

スバルフォレスターのグレードごと価格・装備・見積もり・値引き金額まとめ
2021年9月更新 D型が発売されたため、D型の情報に更新しました。 スバルフォレスターですが、2020年11月のマイナーチェンジにて1.8...

 

新型レヴォーグの口コミをまとめた記事を書いていますので参考にしてみてください。

新型レヴォーグの口コミ・評価まとめ【一般ユーザーの辛口・率直な意見を紹介】
新型レヴォーグ、発売からしばらくたち、一般の方も口コミも集まりつつあるので、まとめてみようと思います。 新型レヴォーグ、日本カーオブザイヤーを受賞し、自動...

 

スバルレヴォーグとアウトバックの印象の違いについて

スバルレヴォーグとアウトバックは、運転フィールや雰囲気に違いがあり、乗り比べると雰囲気の違いは感じ取れると思います。

  • レヴォーグ:スポーティな走りで、走りを楽しみたい人向けだが、新型になり快適性もグンと向上した。
  • アウトバック:おおらかな走りと乗り心地、広い室内空間でファミリー向け。

 

レヴォーグは、旧型ではものすごくスポーティで荒削りなところがあり、走り好きな人が乗る車、というイメージでした。

ただ、2020年10月の新型では大分イメージが変わり、スポーティ路線は少し薄まり、快適なワゴンに方向性が向いているように思いました。

 

アウトバックは、落ち着いていておおらかな走り味でスポーティとはほぼ無縁、大人のワゴンという感じです。

 

アウトバックは車高が高めなのも、違いとしては影響のあるところです。

大人は乗り込みやすいですが、小さな子供は段差があるので若干乗り込みづらいようです。

うちの子供たちも、5歳くらいまでは、アウトバックに乗り込むのは少し苦労していました。

 

運転をする際に、車高が高いというのは、両方の車に乗ったことがありますが、経験上一長一短です。

 

車高が高い事によるメリット

  • ドライバー席からのアイポイントが高く運転しやすい。
  • 高さがあるため乗り心地が落ち着いた印象になる。
  • 雪道や砂利道など悪路走行に強い。

 

車高が高い事によるデメリット

  • ステアリングの反応が一瞬遅れる感じがある。
  • カーブなどで少しふらつく感じがある。
  • 小さい子供が乗り込みにくい。

日常的に乗るなら、車高が高いほうが運転しやすく、乗り心地も良いのでおすすめです。ただスポーティに乗るなら車高が高いのはデメリットです。

 

レヴォーグとアウトバックでは共通している部分もあります。

  • 安定感のある走り味で高速道路での走行に強い
  • 安全性能の高さと視界の良さ
  • AWDにより雨、雪道での走行に強い

まあこのあたりはスバル車全体に言えることかな?ラゲッジも広いので、レヴォーグだけどファミリー向けではない、ということは全くないです。

特にレヴォーグは、新型になり後席も広くなりました。

 

レヴォーグとアウトバックのスペック比較

新型同士で比較します。

※アウトバックは、残念ながら7世代目がまだ日本で発売されていないので、日本の最新型(6世代目)での紹介となります。

スペック 新型レヴォーグ アウトバック
全長×全幅×全高(mm) 4755×1795×1500 4820×1840×1605
ホイールベース(mm) 2,670 2,745
車両重量(kg) 1550~1580 1570~1580
エンジン 1.8リッターターボ 2.5リッターNA 
最高出力 177ps/5,200-5,600rpm 175ps/5,800rpm
最大トルク 300Nm/1,600-3,600rpm 235Nm/4,000rpm
トランスミッション リアトロニック(CVT)
駆動方式 AWD
燃費(JC08) 16.5km/L 14.2km/L
燃費(WLTC) 13.6km/L 12.6km/L
乗車定員 5名
価格 310.2万~ 341万~

スペックと価格だけで比較すると、新型レヴォーグのほうが圧倒的に良いと言えます。

アウトバックは、SGP採用した新型が、まだ日本未発売なのが痛い・・・

2.4リッターターボがアメリカ販売価格なみの値段で販売されると、人気も出そうなのですが。

 

2021年8月追記

アウトバックも、新型が2021年秋に発売予定となりました!

エンジンは、新型レヴォーグと同じ1.8ターボエンジンを積むとのことのため、スペック比較は以下になると予想されます。

 

スペック 新型レヴォーグ 新型アウトバック(予想)
全長×全幅×全高(mm) 4755×1795×1500 4860×1855×1680
ホイールベース(mm) 2,670 2,745
車両重量(kg) 1550~1580 1680〜1690
エンジン 1.8リッターターボ 同左 
最高出力 177ps/5,200-5,600rpm 同左
最大トルク 300Nm/1,600-3,600rpm 同左
トランスミッション リアトロニック(CVT)
駆動方式 AWD
燃費(JC08) 16.5km/L
燃費(WLTC) 13.6km/L 13.0km/L
乗車定員 5名
価格 310.2万~ 414.7万〜

一部予想を含んでいますが、だいたい上記のようなスペック比較になるのではないかと思います。

価格は、レヴォーグのアイサイトX付きが348.7万で、新型アウトバックは、アイサイトX付きだと360万〜程度になるのではないかと予想します。

車格的に、レヴォーグより安くなるというのは考えにくいです。

 

【車購入の前に】愛車一括査定依頼について

もし、車の買い替えを検討されているのであれば、ネットで愛車の無料買取査定をご検討ください。

私の実体験ですが、ディーラーで下取り50万強で提示されたところがあり、そのまま売ったことがあるのですが、同じディーラーで私の車が100万で売りに出されていたことには驚きました!

下取り業者ならば、+2〜30万で売れたであろうと予想します。



ユーカーパック公式サイト。1回の査定で最大5,000社が金額提示!

↑上記の画像もしくはボタンをクリックすると、「ユーカーパック」という買取業者のホームページに飛ぶことができます。

ユーカーパックの良いところは、やりとりする業者は1社だけで、全国5000社のオークションに代理出店してくれるので、複数の業者を相手にせず、高値査定を狙えるということです!

面倒な交渉は不要なので、愛車売却の妥当な金額をチェックしておくという意味でも実施をしておいたほうがよいと思います。

 

レヴォーグとレガシィアウトバックではどちらが力を入れているのか?

正直なところ、アウトバックは完全にアメリカ向けとし、日本ではレヴォーグをフラッグシップにしよう、というスバルの意図が透けて見えます。

新型レヴォーグの気合の入りまくった仕上がりを見ていると、だれでもそう感じるでしょう。

 

ネットの記事で読みましたが、新型レヴォーグの開発責任者が、

「スバルはラインナップが少ないので、新型レヴォーグにすべて込めることができた」

と言っています。

 

よって、現状新車で購入するなら、スバルのラインナップの中でも、新型レヴォーグはとくにおすすめ、ということになります。

ただ、アメリカで売られている新型アウトバックが日本でも販売されれば、状況は変わると考えています。

新型アウトバックですが、2021年秋に日本でも発売を予定しています!記事にまとめていますので参考にしてみてください。

レガシィアウトバック新型が9/2先行受注開始!【グレードごと価格が正式発表されました】
2021年10月7日追記 とうとう、グレードごと価格が正式発表となりました。 スバル公式サイトに載っていますので気になる方はチェックしてみましょう。...

 

ファミリー向けとしてはどうか?

ファミリー向けとしては、以下の点でアウトバックのほうが若干ながら優っていると感じます。

  • 広い室内と落ち着いた内装
  • おおらかな走り味と乗り心地

奥さんからは、アウトバックのほうが好まれるのではないでしょうか?

 

実際我が家も、レヴォーグSTI Sport を代車で借りたとき・・・

嫁さんはレヴォーグの走りの実力を認めつつも、アウトバックのほうが落ち着いていてよい、という感想でした。

 

中古で購入するならどちらが良いか?

中古車価格を調査してみたので紹介します。

 

・レヴォーグ(旧型)

年式 グレード 走行距離 車両価格 中古/新車
2014 1.6GTS(黒) 5.0万km 149.9万 47.9%
2014 2.0GTS(赤) 5.6万km 156.0万 43.8%
2015 1.6GT(銀) 1.0万km 175.9万 60.4%
2016 1.6GTS(青) 4.4万km 179.9万 57.5%
2017 1.6STI(黒) 2.3万km 277.8万 76.5%
2017 2.0STI(白) 6.8万km 259.7万 62.9%

・アウトバック(現行型) リミテッドのみ

年式 走行距離 車両価格 中古/新車
2014 シルバー 6.3万km 153.8万 42.4%
2015 4.8万km 159.0万 43.8%
2016 5.6万km 195.8万 53.9%
2016 5.0万km 209.8万 57.8%
2017 4.5万km 266.2万 73.3%

2014~2017年でいくつかピックアップしてみたが、価格はさほど違いはないかな、と思います。

6年落ちの2014年モデルでも、状態のそこそこ良いものを選ぼうとすると150万~となります。

値段がさほど変わらないので、どちらがよいかは好みと自分が置かれている状況次第(家族構成など)というところです。

ただ、旧型レヴォーグには、2.0というハイオク仕様だが300馬力を叩き出すモデルがあります。ハイパワーワゴンが欲しければレヴォーグ一択でしょう。

 

燃費と維持費の違いは?

 

旧型での比較

レヴォーグ1.6GTと、アウトバックの2.5は、実燃費はほぼ同等のようです。

見づらいが、スバルマガジン1号に、レヴォーグ1.6GTと、アウトバックの燃費測定を実施している記事がありました。それによると

 

  • レヴォーグ1.6GT・・・12.6km/L
  • アウトバック・・・12.4km/L

 

ということでほぼ互角のようです。

ただ市街地燃費の開きが大きいです。

 

  • レヴォーグ1.6GT・・・9.9km/L(市街地)
  • アウトバック・・・7.8km/L(市街地)

 

市街地走行割合が大きい場合、アウトバックのほうがやや不利でしょう。

維持費については、自動車税が若干アウトバックのほうが高いです。

レヴォーグは39500円、アウトバックは45000円です。

 

あとは、レヴォーグがターボでアウトバックが自然吸気という違いはあるが、オイル交換タイミングは両方とも1万キロ1年ごとのようなので、維持費はさほど違いはないと言えます。

 

新型の比較

2021年8月現在、既に発売されている新型レヴォーグと、2021年秋に発売予定している新型アウトバックですが

なんとアウトバックのエンジンは、レヴォーグで新開発の1.8リッターターボと同じになる!ということです。

 

そのため、維持費・燃費はほぼ同等になることが、予想されます。

新型レヴォーグの燃費は13.6km/L(WLTC)ですが、アウトバックも、ほぼ同じ燃費となることが予想できます。

 

弄るのが楽しいのは断然レヴォーグ

レヴォーグは、アフターパーツが豊富にあり、購入後に弄って楽しいのは、間違いなくレヴォーグでしょう。

レヴォーグ1.6ターボは、ECUチューンやアフターパーツの取り付けなどで、馬力やトルクをかなり上げることができるようです。

ECUチューニングなどによる1.6のパワーアップについては、以下記事にて紹介しているので、参考にしてみてください。

レヴォーグ1.6(VM4)のECUチューニング・サブコンによる馬力・トルクアップについて
2021年9月7日追記 信じられないことに、楽天で新型レヴォーグSTI Sport EXが限定1台で半額204.6万で販売されます! 9月9日23:...

車を購入後に弄って楽しみたいなら、レヴォーグでしょう。

 

レヴォーグとアウトバックの比較まとめ

長くなりましたが、まとめます。

  1. スポーティで俊敏なワゴンが欲しいならレヴォーグ
  2. 落ち着いた大人のワゴンが欲しいならアウトバック
  3. ファミリー用途ならアウトバック有利
  4. 購入後弄りたいなら断然レヴォーグ
  5. 新車購入するならレヴォーグしか現状(2020年8月時点)選択肢がない
  6. 中古車ならどちらも値段はほぼ同じなので好みでどうぞ
  7. 維持費、燃料代も大きな違いはない

 

ファミリー用途で奥さんや子供受けが良さそうなのはアウトバック

自分が運転と弄りを楽しむならレヴォーグ

といったところ、でしょう。

 

あと、アウトバックは、新型では更に一回り大きくなることが確定しています。

幅1855、長さ4860mmというのは、運転慣れしていない方や、狭い道を走るにはかなり負担になると思うので、大きすぎる車は難しい、ということであればレヴォーグでしょう。

 

参考にしてみてください。

 

もし、車の買い替えを検討されているのであれば、ネットで愛車の無料買取査定を事前に実施しておくことを、強くおすすめいたします。

私も経験あるのですが、ディーラーの下取りって、買取業者の買取価格よりも安いことがほとんどなんですよね・・・

ディーラーで見積もりもらって、下取り価格を提示されて、前情報がないと、「ふーんこんなもんか」で、終わってしまうと思うのですが、その金額が妥当なのか、は必ずチェックしておいたほうがよいです。

私の実体験ですが、ディーラーで下取り50万強で提示されたところがあり、そのまま売ったことがあるのですが、同じディーラー系列で私の車が100万で売りに出されていたことには驚きました!

おそらく、買取業者に依頼していれば70〜80万程度で売れたはずです。すごくもったいないことをしてしまった・・・

と、私のような失敗をしないためにも・・・ひと手間かけて、事前に買取査定を実施しておくことを、おすすめしたいと思います。




一括査定サイトで大変な思いをした方に!1回の査定で最大5,000社があなたの車に金額提示!

↑上記の画像もしくはボタンをクリックすると、「ユーカーパック」という買取業者のホームページに飛ぶことができます。

ユーカーパックの良いところは、やりとりする業者は1社だけで、全国5000社のオークションに代理出店してくれるので、複数の業者を相手にせず、高値査定を狙えるということです!

私も一括買取査定サービスに申し込んだことがありますが、一斉にいろんな業者から電話がかかってきてめんどくさかった記憶があります。

その点、このユーカーパックならばやり取りは1社だけで済むので、安心です。

 

また、買取業者と直接交渉し、少しでも買取金額を上げたい場合は、複数の業者に直接一括査定依頼できる、こちらがよいかと思います。



《ズバット車買取比較》最大10社無料一括査定

↑上記の画像もしくはボタンをクリックすると、「ズバット車買取比較」というホームページに飛ぶことができます。

私も一括査定依頼は利用したことがあり、複数業者と直接やりとりするのは確かに面倒ですが、その分リターンも大きく、高値で車を買い取ってもらえる可能性が高くなります。

ガチで買取査定を上げたい場合は、こちらも利用するのがよいと思います。

是非とも有効活用し、有利な下取り条件を引き出してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました