レノボThinkPadの中古はどこで買うのがよい?おすすめショップ紹介

ノートパソコン

レノボのThinkPadは、もともとIBMが製造・販売していた高品質・高耐久性のノートパソコンです。

 

ノートパソコンを色々探していて

性能が良くて耐久性・信頼性の高いノートパソコンを中古で購入するのが、一番お得なんじゃね?

という結論に達し、そういったノートパソコンの品揃えがよく、ネットで購入可能なお店を見つけたので、紹介します。

 

ノートパソコン中古で、高耐久・高品質、かつ、流通量が多い機種というと

  • レノボ ThinkPad
  • パナソニック レッツノート

上記2機種が2強と感じます。

 

 

レノボThinkPadをおすすめしたい理由ですが

  • 耐久性・信頼性が高い。取引先企業でも相当数使われているし評判も良い。
  • 中古の流通量が多い(法人向けで減価償却しきったものを買い取っていると思われる)
  • 個人の方が中古でThinkPadを購入した記事をよく見かけて、満足度も高そう。
  • 交換部品流通が豊富
  • キーボードが抜群に良い

これら理由のためです。

 

私自身、ノートパソコンが好きで、近所のビックカメラアウトレット店などで、中古のノートパソコンが展示されているのを良く見たり触ったりします。

やはり、数々の中古ノートパソコンの中でも、ThinkPadとレッツノートの品質は頭一つ抜けているな、という感覚です。

 

ただThinkPadは機種にもよります。最近のモデルだと、フラッグシップモデルのX1は、レッツノートと比較しても遜色ない品質レベルです。

 

キーボードタッチも抜群で、これもやはりThinkPadとレッツノートがずば抜けて良い印象です。

個人的には、やや打鍵感の強いThinkPadのほうが好みです。

 

ThinkPadを購入する、おすすめのお店を探しましたので紹介しようと思います。

 

ThinkPadの品揃えがよい通販サイト紹介

私が探していて、ThinkPadの品ぞろえが良く、口コミも良い通販サイトを紹介します。

 

中古パソコンショップ Be-Stock

Be-Stock ThinkPad専門店

ここではなんと、319台ものThinkPadの取り扱いがありました!

1997年からPC通販を実施している老舗のようで、取扱量も素晴らしいです。

 

口コミも調べてみましたが、楽天市場にも出店しており、587件の口コミがあり平均点は4.37/5点と高得点でした。

ほとんどが高評価であるので、安心できるショップと言えそうです。

 

ホームページも、検索条件が詳細で、検索結果も見やすいので、とても探しやすいです。

 

お買い得なThinkPadの中古を紹介!

いくつか、実際に売りに出されている、お買い得なThinkPadの中古を紹介します。

 

ThinkPad X1 Carbon 2018

販売価格:70000円(税込)、送料1100円

■OS: Windows 10 Pro(64bit)
■CPU: Core i5 8250U(2.4GHz) 第8世代
■メモリ: 8GB
■ストレージ: 256GB SSD
■グラフィック: Intel UHD Graphics 620
■ネットワーク:Wifi 5,Bluetooth
■ディスプレイサイズ: 14インチ
■解像度:1920×1080(Full HD)
■Webカメラ:あり
■重量:1.13kg

スペック的には申し分ないモデル。

X1 Carbonは、ThinkPadのフラッグシップモデルです。

私も実際手にとって触ってみたことがありますが、キーボードタッチの良さと軽さは、素晴らしいものがありました。

 

CPU性能は、最新のレノボのノートパソコンには劣るところもありますが、元値が高いというのもあり、質感・耐久性・軽さ・キーボードの良さはずば抜けて良いという印象があります。

 

ThinkPad X1シリーズは新品だと20万弱するのになんでこんなに安いのか?

ThinkPad X1シリーズはフラッグシップモデルでスペックも良いかわりに、かなり高く、公式サイトで見ても20万弱するのが一般的です。

じゃあ中古だとなぜここまで安くなるのか?

 

ここからは予想ですが・・・

ThinkPad X1シリーズはその価格の高さと信頼性から、ほとんど企業が購入して使っていると予想しています。

知り合いの大手取引先企業でもThinkPadを使用しているところは多いです。

 

10〜20万のノートパソコンを企業が購入した場合、経費処理としては固定資産として計上し、3年の均等減価償却にすることが一般的のようです。

そのため3年経つと、経理上は1円を残して全額償却されます。

 

経験上、パソコンは3年経つと、ハード的にはまだまだ使えますが、ソフトをバージョンアップしたいなどの理由で買い換えることが多くなってきます。

中古パソコンショップで販売されているThinkPadは、おそらく減価償却しきって、価値1円になった個体を、廃棄する代わりに企業から回収しているのではないかと予想します。

 

あまり耐久性の良くないノートパソコンだと、3年経つと消耗が激しいですが、ThinkPadはもともと耐久性が高く作られているので、中古で販売しても商売になるのだろう、と思います。

個人的に、ノートパソコンは2〜3年もすれば、もっとよいスペックのものに買い替えたくなるものなので、こういった中古でも高性能のものを2〜3年ごとに安く買い替える、というのは選択肢として大いにアリだと思います。

 

中古だとバッテリーが心配!?でも交換可能なので大丈夫!

中古のノートパソコンで一番消耗するのはバッテリーです。

バッテリーは、1〜2年もすると満充電できる容量がどんどん少なくなり、いきなり壊れて使えなくなってしまうことも多いです。

 

この点、ThinkPadは安心で、交換部品が豊富に用意されています。

 

調べていると、バッテリーは1万弱くらいのようですね。

交換パーツが豊富というのは心強いです。

 

ノートパソコンでバッテリーの次に心配なのはキーボードだが・・・こちらも交換可能!

ノートパソコンで壊れやすい部品としては、次にキーボードが思いつきます。

特定のキーだけ剥がれたとか、キータッチが効かなくなった、とかはたまにあるのですよね・・・

 

この点、ThinkPadは、流通量が多くて耐用年数も長いためか、交換用キーボートというのがネットで探すとすぐに見つかります。

 

こちらは、バッテリーと違って、ユーザーが手軽に交換することを意識した作りではないので、交換は手軽ではないようですが・・・

こちらもネットで検索すると結構出てくるので、自分でもまあできそうな作業ではあります。

バッテリーとキーボードは、中古購入の場合交換前提で考えておいてもよいのかなと思います。

 

ThinkPadのフラッグシップモデルを中古で購入するというのもアリかも

高性能ノートパソコンを購入する方法として、耐久性・信頼性の高いThinkPadを中古で購入する通販サイトの紹介をさせていただきました。

 

正直なところ、パソコンは3年ほどで買い替えたくなるものです。

なので、3年落ちでフラッグシップモデルが半値以下になっているのであれば、それを短いサイクルで購入していくほうがお得なのでは?という感じもします。

是非参考にしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました