プログラミングスキル向上のための書籍おすすめ

ワークライフバランス

プログラミングスキル向上のための書籍おすすめ

私の職業はSEで、ここ7~8年くらいはJavaのWebシステム、もしくはVisualStudioでのC/S開発主体で実施してきている。

立場的に、若手や協力会社プログラマに作ってもらったプログラムのレビューや、リリース、保守などを実施してきている。

どういったプログラムが読みやすいか、保守しやすいか、というのも大体わかってきたが、プログラミングのスキルを上げるために、もっと勉強をしたいと思い、書籍を買って読んだり、探したりしている。

当記事では、私が読んだり、探したりしておすすめと思った本を紹介していきたい。

 

実践Javaコーディング作法 プロが知るべき、112の規約と21の心得


会社の先輩がおすすめ、と言って教えてくれた本で、Javaのコードを例に、プログラミングのお作法について実践的なことがたくさん書かれている。

実際のプロジェクトで見たことのあるコーディング規約で、この本に載っていることが書かれていたな、と思うものもあり、とても参考になった。

新人や若手のコードを見ていると、Javaのスキル云々より、まず変数やメソッドなどの命名がバラバラでわかりづらい・・・などど感じることが多い。

そのため、当書の第一章「命名に関する規約」だけでもあらかじめ読んで理解しておくと、それだけでプロっぽいコード内容になる、と感じる。

この本の内容を、自分が関わっているプロジェクトのスタンダードにしたい気分である。

 

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

プログラミングの名著、で検索すると、ほぼ必ずヒットしてくる本だ。

この本も、どういったコードがわかりやすくて、理解しやすいか、ということがコード例をもとにたくさん書かれているので、ぜひ参考にしてもらいたい本だ。

 

Java言語で学ぶデザインパターン入門


この本も超絶に有名な本だろう。

オブジェクト指向言語でよく使われるコーディング内容を23のパターンで解説したもので、プログラミング上級者はこのパターンをきちんと理解して、クラス構成などを設計しているな、と感じる。

プログラミング上級者を目指すならば必読の本といえそうだ。

 

まとめ

いくつか本を紹介したが、自分が常々感じるのは

プログラミングは本を読むだけではなかなか理解が進まず、自分でコードを色々書いてみて、はじめて理解できる。

と感じる。

また、他人が作ったプログラムの保守や改修などを経験していると、「これはわかりづらいなあ」とか、「これは冗長で改修しづらいなあ」と感じることがよくある。

そういったコーディングをしないためにも、今回ご紹介した書籍の内容をしっかりと理解し、第三者がみても保守しやすい、理解しやすいコーディングを心掛けてもらいたい、と思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました