パソコン関連 アフィリエイト広告

ノートパソコン 14インチでコスパ最強おすすめ機種紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ノートパソコンで14インチというと、持ち運び重視の13インチよりは画面が少し大きい、15~16インチの据え置き型よりは持ち運びしやすいなど、バランスの取れた万能サイズです。

また14インチは、13インチや15~16インチよりも、コスパに優れた商品が多いのが最大の特徴です。

そのためコスパ重視でノートパソコンを選ぶなら、最もおすすめできるサイズと言えます。

当記事では、14インチのコスパ最強おすすめ機種を紹介していこうと思います。

14インチノートパソコンコスパ最強機種

はじめに14インチのコスパ最強ノートパソコンを紹介します。

一般用途コスパ最強:レノボIdeaPad Slim 5i Gen8(7.5万)

OS Windows11 Home(64bit)
CPU インテル® Core™ i5-12450H ,インテル® Core™ i5-13500H 
メモリ 16 GB LPDDR5-5200MHz
ストレージ 512 GB SSD, M.2 PCIe-NVMe
液晶 14″ WUXGA液晶 (1920 x 1200) IPS, 光沢なし, マルチタッチ非対応, 45%NTSC, 300 nit, 60Hz, LEDバックライト
液晶(有機EL) 14″ WUXGA OLED(有機ELディスプレイ) (1920 x 1200) 光沢あり, マルチタッチ非対応, HDR500, 100%DCI-P3, 400 nit, 60Hz, ブルーライト軽減パネル
重量 約1.46kg
サイズ 約 312.0×221.0x16.9mm(最薄部)
バッテリー 3 セル リチウムイオンポリマーバッテリー 56.6Wh
価格 7万円台~(時期によって変動)

目立った欠点のない万能スペックで、かつ、価格も非常に安いです。

私自身旧型を購入し妻が使っており、また新型の実機レビューをしていますので参考にしてみてください。

OLED

【有機ELで9万円台】レノボIdeaPad Slim 5i Gen8 OLEDレビュー2023年に発売されたレノボIdeaPad Slim 5i Gen8(有機EL)OLED搭載モデルを、レノボよりお借りすることができたの...

IPS

レノボIdeaPad Slim 5i Gen 8 14型実機レビュー【新型もコスパの鬼】2023年に発売された新型レノボIdeaPad Slim 5i Gen8 14型(第13世代Intel版)の実機レビュー記事を書きます。...

またOLEDとIPSの比較記事を書いていますので参考にしてみてください。

事務作業用途ならIPS、動画鑑賞や写真を楽しむならOLEDかなと思います。

レノボIdeaPad Slim 5i Gen8のOLEDとIPSの比較。どちらがよい?コスパ最強ノートパソコン レノボIdeaPad Slim 5i Gen8について、OLEDとIPS液晶両方の実機を見る機会がありましたの...

画面サイズは14インチなので大きすぎず小さすぎず万能サイズで、性能も一般用途には十分すぎるくらいで快適に使えます。

コスパ最強ノートパソコンとしてもっともお勧めの1台です。

  1. 有機EL/Intel Core i5/メモリ16GBが9.48万円 
  2. IPS液晶/Intel Core i5/メモリ16GBが7.48万円

と、いずれかを購入しておけばコスパ的にはほぼ正解、という機種です。

AMDモデルとIntelモデルの両方があり、有機ELはIntelモデルのみです。

IPS液晶構成なら、どちらか安いほうを購入すればよいと思います。

有機ELのほうが欲しい場合、

Lenovo IdeaPad Slim 5i Gen8 -OLED-と記載されているほうを購入してください。

 

レノボIdeaPad Flex 5 Gen8

 Lenovo IdeaPad Flex 5 Gen8

レノボ直販サイト

OS Windows11 Home(64bit)
CPU AMD Ryzen™ 5 7530U 
メモリ 16GB
ストレージ 512 GB SSD, M.2 PCIe-NVMe
液晶 14″ WUXGA液晶 (1920 x 1200) IPS, 光沢あり, マルチタッチパネル, 45%NTSC, 300 nit, 60Hz, LEDバックライト, ガラス
重量 約1.55kg
サイズ 約 313.1×224.9×17.8(最薄部)
バッテリー 52.5Whr(最大14時間)
価格 8万円台前後(時期によって変動)

IdeaPad Slim 5シリーズの兄弟機種です。

2 in 1のノートパソコンとしてコスパが素晴らしく、最新AMD Ryzen 5 7530U、メモリ16GBで8月現在、セール中で7.48万円です。

2 in 1でタッチパネルのノートパソコンが欲しい場合、特におすすめできます。

レビュー記事を書いているので参考にしてみてください。

レノボIdeaPad Flex 5 Gen8 レビュー【コスパ最強2 in 1、安い】2023年に発売された新型レノボIdeaPad Flex 5 Gen8 をレノボよりお借りすることができたので、実機レビュー記事を書きま...

 

DELL Inspiron 14 AMD

DELL Inspiron 14 AMD

DELL直販サイト

CPU AMD Ryzen™ 5 7530U 
メモリ 8GB~16GB
ストレージ SSD 256GB~1TB
液晶 14.0-インチ 16:10 FHD+ (1920 x 1200) 非光沢 非-タッチ 250nits WVA ディスプレイ 
重量 約1.59kg
サイズ 約 314×226.6 x16.49~19.5 mm
バッテリー 54Wh (最大時間は未公表)
価格 6万円台〜(時期により変動)

DELLのInspiron 14も、7万円台から購入可能でコストパフォーマンス抜群、最大のメリットは納期が安定しているということです。

2023年9月現在、メモリ16GBが7.48万と安くなってきています。

レビュー記事を書いているので参考にしてみてください。こちらは旧型ですがCPU以外はほぼ同じです。

【5万台から】DELL Inspiron 14 AMD購入レビュー【コスパ最強でほぼ完璧・納期も超早い】DELL Inspiron 14 AMD(5425)を購入しましたので、レビュー記事を書きます。 購入したマシンのスペック...

 

DELL Inspiron 14 AMDとレノボ IdeaPad Slim 5i Gen8の比較

比較項目 IdeaPad Slim DELL Inspiron
CPU ◎(Core i5-13500H) 〇(Ryzen7530)
メモリ 16GB 16GB
ディスプレイ ◎(有機EL) 〇(IPS)
サイズ 14インチ 14インチ
アスペクト比 ◎(16:10) ◎(16:10)
解像度 1920×1200 1920×1200
輝度 400nit 250nit
色域 133%sRGB 63%sRGB
ボディ質感 〇(アルミ) 〇(アルミ)
キーボード
重量 1.46kg 1.59kg
USB-A 〇(2) 〇(2)
USB-C 〇(2) 〇(1)
USB-C充電
USB-C映像出力
Thunderbolt/USB4 × ×
HDMI
Webカメラ 1080p 1080p
プライバシーシャッター
バッテリー 56.6Whr 54Whr
指紋認証 ×
その他
価格 8.98万円 7.94万円

この2機種はとても良い勝負です。

Intelが良いとか、有機ELがよいならレノボIdeaPad Slim 5i Gen8ですが、DELL Inprion 14 AMDも安くてコスパが良いです。

ただこれは現時点での価格であり、今後価格変動や、DELL Inprion 14 AMDは新型に切り替わるなどで変わる可能性があるので、最新の価格は購入検討の際にはチェックしましょう。

スタンダードノートパソコンがコスパ良く欲しいなら、上述のレノボIdeaPad Slim 5シリーズか、DELL Inspiron 14 AMDのどちらかを購入すればほぼ正解だと思います。

どちらがよいかは、買うタイミングでの価格や納期、メーカーの好みで決めればよいと思います。

 

14インチノートパソコンのサイズ感や特徴

14インチノートパソコンというと、実に様々な種類の製品がラインナップされています。

ここでは14インチノートパソコンのサイズ感や特徴について紹介します。

サイズ感

左:HP ENVY 13インチ 解像度1920×1080 画面比率16:9

右:Lenovo IdeaPad Slim 550 14インチ 解像度1920×1080 画面比率16:9

 

写真の通り、14インチのほうが一回り大きいです。

ただ13インチよりも大きすぎて邪魔になるということはほぼ、ないです。

それに持ち運びの大きさで考えても、大差ない違いです。

15インチ以上だと、一気にサイズアップして持ち運びが苦しくなるので、持ち運びを考慮するなら14インチまででしょう。

 

14インチのほうが、一回りサイズが大きくなる分、以下のメリットがあります。

  1. ディスプレイが大きいので見やすい
  2. キーボードサイズが大きいので打ちやすい

そのため、作業性を考えると、14インチのほうが13インチよりも良いのは間違いないです。

 

ちなみに画面描画領域(描画範囲の広さ)については、解像度・拡大率の設定によるので、解像度・拡大率の設定が同一であれば13インチでも14インチで描画領域の違いはありません。

私は、13インチ・14インチとも、フルHD(1920×1080)の場合、拡大率125%で使っています。

そのため描画領域は、どちらも同じですが、14インチのほうが画面が大きい分、やや見やすいのは間違いないです。

 

左:HP ENVY 13インチ 解像度1920×1080 画面比率16:9

右:Lenovo ThinkPad 14インチ 解像度1920×1200 画面比率16:10

 

上記の写真は、14インチに画面比率16:10の少し縦長ディスプレイを搭載した、Lenovo ThinkPad X1 Carbonを例に紹介しています。

最近、この16:10の画面比率のディスプレイがトレンドになっており、高めの価格帯のノートパソコンは大抵16:10の画面比率になっています。

トレンドになっている理由は、縦長のほうがExcelなどの事務作業がやりやすくなるからです。

事務作業をしていると実感しますが、縦に描画領域が長いほうが、情報量が多くなり作業性が上がります。

そのため作業性重視であれば、16:10の縦長ディスプレイを搭載した機種を選定してみましょう。

 

コスパ最強の機種が多い

14インチのノートパソコンは、コスパが最強の機種が多くラインナップされています。

モバイル重視の13インチや、据え置き型の15~16インチのノートパソコンよりも安いことがほとんどです。

そのため、サイズに拘りはないがとりあえず快適に使えるノートパソコンが欲しいとなったら、14インチから選べば、最も安く購入できます。

 

上記は、妻のテレワーク用のために購入したLenovo IdeaPad Slim 550(14型)で、14インチのコスパ最強ノートパソコンです。

2021年9月に購入しましたがOfficeなしで約5.7万で購入できました。性能や質感もなかなかよく、コスパは抜群でした。

 

ほかにもDELL Inspiron 14 AMDなど、14インチは各メーカーのコスパ重視マシンが多いので、そこそこの品質のノートパソコンをとにかく安く購入したい方には最もおすすめできます。

 

ただし、コスパ重視機種は、重量はそれなりに重いことは気を付けておきましょう。

例えばLenovo IdeaPad Slim 550の実測値は1.39kgでした。毎日持ち運ぶにはきつい重さです。

持ち運びを考慮するなら、高くなりますが軽量な機種を探してみましょう。

 

高いが軽量な機種もラインナップされている

14インチのノートパソコンは、持ち運びを考慮した機種もラインナップされており、軽量な機種も存在します。

上記写真は、過去にレビュー用として借用した、NEC LAVIE NEXTREME Carbonという14インチノートパソコンです。

高いですが重量858gと、すばらしく軽量な機種でした。

14インチには、探すととても軽量な機種が存在するので、作業性を損なわずに持ち運びたいのであれば、軽量な14インチを選んでみましょう。

 

現在、コロナでの出社控えも少し落ち着き、テレワークと出社をバランスよく組み合わせるスタイルの勤務形態が増えていると思います。

出社とテレワークが混在した勤務形態だと、ノートパソコン1台を家で使うか、勤務場所に持ち運ぶかで作業をすることになりますが、この場合、軽量な14インチが最強と思います。

 

テレワークと出社混在のおすすめノートPC
  1. 14インチ(持ち運びと作業性のバランス良し)
  2. 重量1.2kg以下
  3. 画面比率が縦長(16:10もしくは3:2)

上記を満たすノートパソコンは高いのですが、テレワークと出社を繰り返す勤務形態には最強の相棒となります。

 

14インチノートパソコンの快適性能スペックと価格目安

テレワークなど一般的な用途で使うのに快適なスペックはどの程度が目安になるか、は以下の通りです。

 

快適に使えるスペック目安

重量
  1. 毎日持ち運ぶなら1.2kg台以下が目安、1kg未満が理想
  2. コスパ重視なら1.4~1.5kgくらいが標準
ディスプレイ
  1. 解像度FULL HD(1920×1080)以上
  2. 解像度WXUGA(1920×1200)以上だとなお良し
  3. IPS液晶、有機ELであればなお良し
  4. 輝度250~300nit以上
  5. TN液晶は視野角が狭いので避けよう
CPU
  1. Intel Core i3以上
  2. AMD Ryzen 3 以上
メモリ
  1. 最低8GB
  2. 少し予算に余裕があれば16GB以上
  3. デュアルチャネル(4GB×2もしくは8GB×2)だとなお良し
記憶媒体
  1. SSD 256GB以上
  2. メインとして長く使うならSSD 512GB以上

 

重量について

毎日持ち運ぶのなら、重量1.2kg台以下が目安になります。

1.3kgを超えると、通勤などで毎日持ち歩くのはしんどくなるでしょう。

 

私は、通勤の際はDELL Latitude 5320を毎日持ち歩いており、重量は1.21kgです。

ビジネスリュックに入れてしまえば、通勤に限定すれば、まあ持ち運べるかなという重量です。

ただこの重量を常に持ちつつ、いろいろ歩きまわると疲れます・・・

 

ノートパソコンを相棒のように、外出時には常に持ち歩きたいという方は、重量1kg未満を目安にしましょう。

私はLenovoのクロームブックも持っており、こちらは約940gで、この程度の重量であれば、カバンに入れつつ持ち歩くのも、そこまで苦にはならないです。

ただ軽量になるほど、価格は上がると考えておきましょう。

特に14インチの場合、1kg未満の重量のノートパソコンは高く、選択肢も少ないです。

 

CPUスペック目安

ノートパソコンに搭載されている主要CPUのベンチマークとなる、PassMarkというスコアを紹介します。

 

CPU PassMarkスコア
Core i7-12700H(最新12世代) 27020
Ryzen 7 6800H 23797
Ryzen 7 6800U 20727
Ryzen 7 5800U 18837
Ryzen 7 5825U 18386
Core i7-1260P(最新12世代) 17203
Core i5-1240P(最新12世代) 17345
Ryzen 7 5700U 15747
Ryzen 5 5600U 15000
Ryzen 5 5625U 15000
Core i5-1235U(最新12世代) 13865
Ryzen 5 5500U 13348
Core i7-1165G7 10681
Core i5-1135G7 10298
Ryzen 3 5300U 10000
Core i3-1115G4 6610
Intel Celeron 7305 2665
Intel Celeron N4120 2510

事務作業でブラウザをたくさん立ち上げ、かつ重いアプリを複数立ち上げたまま快適に使うのであれば、Ryzen3 5300Uのスコア10000以上あると、重作業でも十分快適に使えます。

 

スコアを見てみると分かりますが、少し前まではIntelのCore i3,5,7 が主流でしたが、AMD Ryzenの躍進により、とりあえずIntelを選んでおく、という時代は終わりました。

AMD Ryzenのほうが値段が安く、性能も十分なので、一般用途であればAMD Ryzenを選んでおいたほうがよい状況です。

 

IntelのCPUのほうが、充電器につないでいないときのパフォーマンスが落ちにくい、ということがよく言われています。

モバイルノートパソコンは、充電器に繋がないで使うことが多いと思うので、パフォーマンスが落ちにくいというのは重要です。

ただ、私の私用パソコンはHP ENVYで、CPUはAMD Ryzen 7 5800Uですが、充電器に繋がないで使っていても、普段使いでパフォーマンスが落ちたと感じることはほぼないです。

そのため、コスパ重視であればそこまで気にせずAMDモデルの購入でよいと思います。

テレワークなど用途で快適な性能を確保する場合、Core i3以上、もしくはRyzen 3以上のスコアを持つCPUを選びましょう。

 

CPU選びまとめ
  1. Intel Core i3もしくはAMD Ryzen 3 以上を選択すれば普段使いでは問題なし
  2. AMD Ryzen がコスパ良くおすすめ
  3. Intel最新12世代はまだ高い

 

メモリ容量目安

普段使いでコスパ最重視なら、8GBが目安です。

4GBだと、普段使いでもレスポンスが厳しくなることが多いので、最低でもメモリ8GBは確保しましょう。

 

メモリは、容量を増やすことによる価格差はさほどでもないのですが、快適性能の体感を得やすいパーツと言えます。

つまり、スペックアップによるコスパの良いパーツです。

例えば、CPUをAMD Ryzen 5→7に変えても、体感性能はほとんど違いを感じられないと思いますが、メモリ8GB→16GBに増やすのは、効果を体感しやすいです。

そのため、少し予算に余裕があるのであれば、CPUよりも、メモリをスペックアップすることを最重要視したほうがよいでしょう。

 

また、グラフィックス性能を最大限に活かす場合、メモリはデュアルチャネル(同じ容量のメモリを2枚差し)が必須となります。

デュアルチャネルでないと、メモリの性能がネックになり、グラフィックス性能を引き出しきれないからです。

メモリ16GB以上の場合、ほぼ間違いなくデュアルチャネルですが、8GBの場合はデュアルチャネルかどうかは機種によりけりです。メーカーの仕様表をよく確認してみましょう。

ただゲームや動画編集などをしないのであれば、さほど影響はありません。

 

メモリ
  1. 最低8GB
  2. 少し予算に余裕があれば16GB以上
  3. デュアルチャネル(4GB×2もしくは8GB×2)だとなお良し

 

価格めやす

コスパ重視か、モバイル用途を見据えた軽量機種かで、価格に大きな違いがあります。

  1. コスパ重視機種なら5万円台~7万円台
  2. 重量1.1kg台以下の軽量機種なら20万以上

 

コスパ重視でそこそこ快適・そこそこの質感のノートパソコンでよければ、時期にもよりますが5万円台~7万円台で探せます。

以下に、コスパ重視でのノートパソコンを紹介している記事を書いているので、参考にしてみてください。

ノートパソコン コスパ最強おすすめ機種紹介【2023年】ノートパソコン購入を検討されている方向けに、「この機種を買っておけば間違いなくお買い得!」という機種を当記事で紹介します。 コスパ...

 

コスパ重視の14インチノートパソコンで、妥協しなくてはいけない点は以下です。

コスパ重視14インチノートの妥協点
  1. ディスプレイ品質(輝度・色域)
  2. 重量
  3. キーボードやボディの質感

 

左:HP ENVY 輝度400nit、色域(sRGBカバー率)約100%

右:Lenovo IdeaPad Slim 輝度300nit、色域(sRGBカバー率)約63%

 

右のIdeaPad Slim 550がコスパ重視の機種です。

輝度と色域の性能差が、HP ENVYとの価格差に表れています。

上記写真の通り、明るさと色の鮮やかさに若干の違いがあることが分かります。

事務作業として使うには、IdeaPad Slim で十分ですが、写真編集などを行う場合は少し物足りなくなるでしょう。

 

また、コスパ重視だと重量がやや重くなり、毎日持ち運ぶのはきつくなります。

軽量な14インチの機種は素晴らしいですが、高くなることを覚えておきましょう。

 

関連記事

当記事を気に入っていただけましたら、ツイッターのフォローを頂ければ、ツイッターで最新更新情報をお届けいたします。
ノートパソコン コスパ最強おすすめ機種紹介【2023年】ノートパソコン購入を検討されている方向けに、「この機種を買っておけば間違いなくお買い得!」という機種を当記事で紹介します。 コスパ...
ノートパソコンメーカー レノボ・DELL・HPの比較とコスパ最強おすすめ機種紹介ノートパソコンをなるべく安く、品質を良いものを購入する場合 レノボ・DELL・HPのパソコンを直販サイトで購入するのがもっともお勧...
買ってはいけないノートパソコンのまとめ【高い買い物なので後悔しないように!】ノートパソコンに何を購入すればよいかが分からない、高い買い物なので買って後悔はしたくない!という方のために、買ってはいけないノートパソコ...
ノートパソコンの寿命・買い替えタイミング解説【4~5年で買い替えた方が良い】2023年9月更新 ここ数年、一気にテレワークが普及したのと、ノートパソコンの性能向上により、デスクトップパソコンよりノートパソコ...
ノートパソコンの選び方を解説【価格・用途・使う状況から選ぶ】ノートパソコンを買うとなった場合、どのような機種を選べばよいか? Windowsは特に、ラインナップが豊富なので知識がないと迷う、...
レノボのノートパソコンは学割でさらに安くなる。保護者も対象なので購入前にチェックを!レノボのノートパソコンお得情報を毎週チェックしており レノボのノートパソコンは学割で安くなる 学生の保護者も対象 ...
HPのノートパソコンは学割が安い。価格.com限定モデルよりも安いので必ずチェックを!HPのノートパソコンお買い得情報を毎週チェックしており HPのノートパソコンは学割が安い 価格.com限定モデルよりも安...
レノボノートパソコンのおすすめ機種紹介【コスパがとにかく最強】品質の良いノートパソコンを、とにかく安く買いたい場合におすすめのメーカーがレノボです。 レノボは、特定機種のコスパがとにかく素晴ら...
HPノートパソコンの評判・おすすめ機種を紹介【コスパ良くデザインが良いのが強み】レノボ・DELLと並んで、ノートパソコンをコスパ良く購入したい場合におすすめのメーカーがHPです。 私自身、HPのENVY x36...