ステーションワゴン輸入車の中古車おすすめを紹介。新型レヴォーグの予算で選び放題だ!

車情報

私はレガシィアウトバックオーナーのスバリストであり、ステーションワゴンは一番興味のあるジャンルで常にチェックしている。

新型レヴォーグの発表により、ステーションワゴンがネットで盛り上がりを見せているように感じる。このジャンルの好きな私にとってはうれしい限りだ。

当記事では、新型レヴォーグと比較検討すると面白そうな、ステーションワゴンの中古車について紹介しようと思う。

ちなみに新型レヴォーグの見積もり金額めやすは、以下記事にてまとめているので参考にしてみてほしい。

スバルレヴォーグの価格・グレードごとの装備・見積もり・値引き金額まとめ
スバルレヴォーグの価格・グレードごとの装備と、実際の見積や値引きはいくらくらいか?についてまとめました。 私はスバリストで、レガシィを2台10年程度乗り継...

この記事に書いているが、新型レヴォーグのベースグレードでアイサイトXを搭載した「GT-EX」の見積もり金額めやすは、約400万だ。

400万あれば、プレミアムブランドの新しい中古車含めて選び放題!なので、ご紹介していこう。

新型レヴォーグの予算があれば中古は選び放題!

上述した、新型レヴォーグ購入として最低限必要な予算の400万があれば、プレミアムブランド含めて選び放題だ!

ご紹介していこう。

以前新型レヴォーグのライバルになりそうな車種を紹介したので、それをベースにご紹介していこう。

スバルレヴォーグのライバル車種との比較!輸入車と比較してどうなのか?
スバル新型レヴォーグですが、その仕上がりの良さ、ハンドリングと乗り心地についてはどのメディアでも絶賛の嵐になっています。 BMWなどのドイツプレミアムブラ...

アウディA4アバント

レヴォーグのライバルといえば、まずはアウディA4アバントからだろう!

400万以下で探せるものをピックアップしてみた。

年式 グレード 走行距離 車両価格 中古/新車
2019 35TSFI Meisterstück 1.3万km 364.0万 67.5%
2019 40TSFI Meisterstück 0.6万km 388.0万 62.8%
2017 1.4TFSI 2.1万km 238.0万 49.0%

・・・値落ち率すごすぎないですか!?

40TFSIなど、1年落ち、0.6万キロしか走ってない車両が、もう62.8%と、車両価格に対して4割近く下がっている!新車価格618万~ですよ!?

3年落ちまで行くと、もう大体車両価格の半分くらいまでいってしまうようだ。

やはり輸入車は、新車至上主義とかでない限りは、一度中古車を見てみたほうがよいだろう。

スペックは以下の通りだ。

1.4TFSIと35TFSIは、名前こそ違うが、スペックは同じのようだ。

スペック 1.4TFSI、35TFSI 40TFSI
全長×全幅×全高(mm) 4750×1840×1430
車両重量(kg) 1450 1510
エンジン 1.4リッターターボ 2.0リッターターボ 
最高出力 150ps/5,000-6,000rpm 190ps/4,200-6,000rpm
最大トルク 250Nm/1,500-3,500rpm 320Nm/1,450-4,200rpm
トランスミッション 7速DCT
駆動方式 FF
燃費(JC08) 16.6km/L 16.6km/L

スペック的には40TSFIのほうが、新型レヴォーグのライバルになりそうな感じだ。

個人的には、40TFSIの1年落ち0.6万キロ388万が、ほぼ新車みたいなもので、レヴォーグ新車と似たような価格で購入できるので、比較検討してみたい気はする。

メルセデスベンツCクラスステーションワゴン

メルセデスベンツCクラスステーションワゴンも、高級安全ワゴンという位置付けではメジャーな車種なので、紹介したいと思う。

年式 グレード 走行距離 車両価格 中古/新車
2019 C220d アバンギャルド AMGライン 0.9万km 368.0万 60.2%
2017 C220d スポーツ 3.9万km 318.0万 50.1%

・・・輸入車って中古だとガクンと値落ちするんだな、というのがよくわかる。

2019年のC220dは、新車価格611万だが、わずか1年で368万になってしまっている!相当にお買い得ではないだろうか?

ベンツCクラスにはC220dというディーゼルターボモデルがあり、このモデルは軽油で燃費もよく、さらにトルクもあるという、ロングツーリングには絶好のモデルである。スペックは以下の通りだ。

スペック Cクラスステーションワゴン C220d
全長×全幅×全高(mm) 4705×1810×1440
車両重量(kg) 1700
エンジン 2リッターディーゼルターボ
最高出力 194ps/3,800rpm
最大トルク 400Nm/1,600rpm
トランスミッション 9速AT
駆動方式 FR
燃費(JC08) 18.9km/L
燃費(WLTC) 16.5km/L

C220d、スペックスゲー!!

馬力194ps、トルクはなんと400Nmを1600回転でたたき出し、さらに燃費は実燃費に近いWLTCモードで16.5km/L、しかもディーゼルなので軽油だ!

個人的に輸入車は、ハイオクなのがネックだと思うのだが、ディーゼルならば軽油なので、燃料費は割安になる。しかも低燃費だ!

これが1年落ち368万か・・・新型レヴォーグの新車と比較検討してみる価値はありそうだ。

BMW3シリーズツーリング

メルセデスベンツCクラス、BMW3シリーズ、アウディA4アバントは、ドイツ御三家プレミアムブランドのDセグメントステーションワゴンとなり、新型レヴォーグとガチンコライバルになるだろう。

BMW3シリーズの中古も同様にご紹介しよう。

年式 グレード 走行距離 車両価格 中古/新車
2019 320d ラグジュアリー 0.8万km 348.0万 52.5%
2017 320d 3.0万km 268.0万 45.8%

BMWは、メルセデスベンツよりもさらに値落ちが大きい印象だ。これは、3シリーズは2019年でモデルチェンジしたからというのもあるだろう。

2019年式の320dラグジュアリーなんか、新車価格624万でっせ!それがなんと1年落ちで348万!

・・・というかベンツ、BMW、アウディはこれくらいが適正価格なのでは?と思ってしまう。

多分1年落ちで300万円台となると、新型レヴォーグの1年落ちと同じくらいの価格になるだろう。

320dも、燃料費が安くてトルクのあるディーゼルターボモデルとなる。スペックは以下の通りだ。

スペック 320d
全長×全幅×全高(mm) 4645×1800×1450
車両重量(kg) 1650
エンジン 2リッターディーゼルターボ
最高出力 190ps/4,000rpm
最大トルク 400Nm/1,750rpm
トランスミッション 8速AT
駆動方式 FR
燃費(JC08) 21.4km/L

スペック的には、メルセデスベンツCクラスのC220dとほぼ互角だ。

190psと400Nmもの大トルク、さらにはJC08で21.4km/Lの燃費と、文句の付け所がないスペックといえる。

 

ステーションワゴンの中古は輸入車が断然お買い得!

ちなみに、2019年式レヴォーグの中古をピックアップすると以下の通りだ。

年式 グレード 走行距離 車両価格 中古/新車
2019 1.6STIスポーツ 1.1万km 275.0万 76.0%
2019 2.0STIスポーツ 0.4万km 396.0万 96.1%

1.6STIスポーツはそれなりの値落ちだが、2.0STIスポーツの高値維持率がすごすぎる!

2.0STIスポーツの中古だと、なんとメルセデスベンツCクラス、BMW3シリーズ、アウディA4アバントの中古価格と逆転し、レヴォーグのほうが高くなってしまう!

やはりレヴォーグ2.0の300馬力は貴重ということか。2.0オーナーの方は大事に乗ってください(笑)下取りも高くなりそうですね!?

メルセデスベンツCクラスのC220d、BMW3シリーズの320dの中古は、ディーゼルターボモデルで燃費よし、パワーよし、燃料代安く、1年落ちのほぼ新車が300万円台中盤で買えてしまうという、かなりおすすめの状況なのではないだろうか?

新型レヴォーグを新車で検討している方は、これら輸入車の中古も同じ予算内で狙えるので、検討してみたらいかがだろうか?

自分が探すとしたら、とりあえず輸入車のほうも試乗はしてみて検討するかもしれない、と思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました