【大人も楽しめる漫画!】スパイファミリー最新47話公開と最新7巻が6月4日発売!

漫画紹介

大人でも楽しめる漫画ということで、SPY×FAMILY(スパイファミリー)という、少年ジャンプ+で連載されている漫画を以前の記事で紹介しました。

 

話の内容としては、超ざっくり紹介すると、

スパイ漫画 + 偽装家族のほのぼのホームコメディ、という感じです。

公式ページでは、ハラハラのスパイ劇×ほのぼの家族物語

と紹介されています。

 

スパイ漫画なので、主人公のスパイ活動の心理描写や、アクションシーンも楽しめる。

また、偽装家族としての、ほのぼの家族物語も楽しめる。

という、1つの漫画で2つ美味しい、みたいな、色々な要素が楽しめる漫画となっています。

私もハマってしまい、全巻一気に読んでしまいました。2021年6月で7巻が発売されました!

 

スパイファミリーですが、少年ジャンプ+公式ページにて、最新2話が無料で閲覧可能となっています!

 

隔週月曜日に公開されるようで、5月31日が、最新47話の公開日でした!

 

また、1話・2話も無料閲覧可能なため、興味を持たれた方は是非チェックしてみてください!

スパイファミリー47話をジャンプ+公式ページで見る

 

スパイファミリーの紹介記事を書いているので興味のある方は参考にしてみてください。

【おすすめ漫画】スパイファミリーの感想・魅力を紹介!【子持ちお父さんでも楽しめる!】
私は双子のパパでしがないサラリーマンなのですが、そんな立場でも楽しめる漫画を最近購入して読んだので、紹介します。 SPY×FAMILY(スパイファミリー)...

 

また、最新7巻が、6月4日発売されました!

私は発売後、即購入しました(笑)


ebookjapanでスパイファミリーを試し読みする

 

スパイファミリーのあらすじ

舞台はヨーロッパ風の地域で、西と東に国が分かれて、西と東の間には、「鉄のカーテン」が下りている、という設定になっています。

時代的にも、第二次世界大戦後の、西ドイツと東ドイツが元ネタ、というイメージです。

主人公は、西国の敏腕スパイとして活躍する「黄昏」。東西の国の平和のため、様々なミッションをこなす姿が描かれています。

とある任務で東国に送られ、東国の危険人物と接触するために、偽装家族を作って接触する、というのがおおまかなあらすじになります。

面白いのが、偽装家族の正体で

主人公(夫):精神科医、裏の顔は敏腕スパイ

妻:市役所事務員、裏の顔は凄腕の殺し屋

娘:孤児院から、主人公の養子となり名門イーデン校に入学。正体は実験で生み出された人の心を読めるエスパー

・・・という個性的な設定です。

出典:SPY×FAMILY コミックス1巻

 

個性的な裏の顔を持っているにもかかわらず、ほのぼのとした家族物語として描かれているのが、この漫画のおもしろいところです。

 

最新47話のあらすじ、44話からはヨル編!

最新47話のあらすじ紹介ですが、妻ヨル編となっており、長編になると予想される話が、44話よりスタートしています!

私はコミックス全巻を購入して読みましたが、妻ヨルは、殺し屋という職業で身につけた、驚異的な身体能力をたまに見せるものの、今まではあまりメインで登場することのないキャラになっていました。

私は戦闘マンガが好きなので、ヨルの驚異的な戦闘能力は見ていて面白いのですけどね(笑)

出典:SPY×FAMILY コミックス1巻

こんな感じで、ぶっちゃけ凄腕スパイの主人公ロイドよりも強い(笑)

 

ただ、44話からは、ヨルにスポットが当てられた話がとうとう始まった、という印象で、長編にもなりそうなのでとても期待のできる話になっています!

ヨルに依頼する「仕事」内容も、単純な殺しとは違い、要人を殺し屋から護衛する、というもので、いつもの内容とは逆の立場での「仕事」を依頼されることになります。

 

「仕事」の舞台は、豪華クルーズ船の2泊3日の旅、となっており、豪華客船旅行とカモフラージュして、要人を別の国に逃がすまで護衛する、というものになります。

その豪華クルーズ船の旅行に、偶然(と言っても超能力で)ペアチケットを当てた娘アーニャと主人公ロイドが、なんと偶然、妻ヨルの「仕事」と同じ船便に乗ることになるという・・・

 

44話からのヨル編ですが、長編でとても盛り上がるストーリーになる予感!

長編は、4巻18〜22話の、爆弾テロを未然に防ぐ話が長編になっており見応えがありましたが、今回の話は、それを超える話になる予感がします!

 

最新の47話では、護衛対象の要人の偽名と部屋が暗殺者たちにバレて、ヨルさんが殺し屋たちと戦闘するシーンが描かれています。

 

出典:SPY×FAMILY 47話

しばらくヨルさん戦闘シーンがなかったですが、この47話では、殺し屋3人をヨルさんがあっという間に倒してしまう!?という戦闘シーンがあります。

相変わらず、強すぎる・・・(^^;

戦闘もの少年漫画の主人公よりも強いのでは!?

 

47話最後のシーンは、次なる敵がヨルさんたちと接触しそうなシーンと、夫ロイドと娘アーニャがすぐ近くにいて、アーニャが妻ヨルの存在に気づく、というシーンでおわっています・・・

なんて良いところで次回に続くんだ!続きが早く見たい!(笑)

と思ってしまうあたり、私もスパイファミリーにどっぷりハマってしまっているなあ、と思います。

 

最新刊7巻の紹介

6月4日に発売された、最新7巻についても、紹介します。

 

7巻は、38〜44話と、ショートストーリー1話で構成されています。

38〜43話については、1話完結型の話になっていて、続きのストーリーになっているわけではないので、様々な登場人物の話が楽しめるようになっています。

 

38話:ロイドの標的デズモンドと初接触

38話は、スパイである主人公ロイドと、その標的であるデズモンドが初接触し、デズモンドの腹の中を探るという、ロイドらしい心理戦が楽しめる話になっています。

この話では、主人公ロイドらしく(?)本心を隠して嘘をつきまくり(笑)、標的デズモンドに興味を持ってもらうという話になっていますが

唯一ロイドの、「正直うちの娘ははちゃめちゃすぎて、私もどうしていいか自信がない・・・」という発言が、これは本心だろうなと思えるところにニヤっとしてしまいました(笑)

 

39話:標的デズモンドの次男・ダミアンの話

この話はめずらしく、主人公家族のフォージャー家3人が誰も登場せず、標的デズモンドの次男ダミアンとその取り巻き(?)2人の話になっています。

主人公たちが出てこないのですが、この話も意外と面白い!

ダミアンも素直でないながら、努力している姿や、野外授業に連れていかれたときに自然とのやり取りを素直に楽しんでいる姿、あと取り巻き2人の友情など、楽しめる内容になっています。

また、大人の立場で、とても魅力的だなと思ったのが、野外授業に連れ出したグリーン先生の、豊富なアウトドア知識と、決して子供の考えを否定しないで尊重する振る舞い、でしょうか。

このグリーン先生の姿は、小学生になったばかりの子供を持つ私としても、とても参考になり、共感できます。言うこと聞かないから怒ってばかりでは駄目なんだろうな・・・

スパイファミリーはどの登場人物も魅力的なのが、見ていてとても楽しいです!

 

40話:飼い犬ボンドと主人公ロイドのタッグでスパイ任務を達成する話

この話は、主人公ロイドがスパイのミッションをこなしているときに、飼い犬ボンドが予知能力などを使って主人公を助け、ミッションを達成するという話になっています。

ヨルさんの食事によってボンドが昇天するという予知をしてしまう、食事を拒否してもヨルさんに殺されるという妄想をしてしまう、という、八方塞がりなボンドに失笑してしまいました(笑)

 

41話:ヨルの弟ユーリの仕事の話

41話はヨルの弟ユーリの仕事である、秘密警察の仕事についての話になっています。

ユーリは、優等生ながら、ヨルのことや秘密警察の仕事になると我を忘れて暴走してしまう、という、ちょっと危ない(!?)キャラとして描かれていました。

ただ、この話では、秘密警察としてターゲットを逮捕に追い込みながらも、ターゲットに少し優しさや同情を見せるという、これまた憎めないような話になっています。

 

42話:アーニャとダミアンの話

42話は、アーニャとダミアンのほのぼのとする話が描かれています。

ダミアン、素直ではないのですが、アーニャのことを思って、勝負のババ抜きにわざと負けてあげたり・・・やっぱり良キャラとして描かれていますね。

この話の最後で、アーニャが古語のテストで意外な才能を見せて、主人公ロイドが詮索しようとするが途中で止めるという話があり・・・今度何かのフラグになるのでしょうか?

 

43話〜44話:妻ヨル編のはじまり

ここからが、妻ヨル編の長編の始まりとなり、ジャンプ+の公式ページでも47話まで公開されていますが、まだ長編の途中で盛り上がりを見せているところになります!

出典:SPY×FAMILY 7巻 44話

ヨルが、雇い主である「店長」から、要人護衛を任されるところが描かれています。

この長編、まさに連載中の話ですが、とてもおもしろい!

いままでの長編の中でも一番面白いと思える話で、次の8巻も大いに期待できる話です!

 

スパイファミリーは子持ちサラリーマンにも気晴らしに読むマンガとしては最適!

私のような子持ちサラリーマンだと、だいたい皆さん同じ感じと思いますが

  • (自由に使える)時間がない
  • (自由に使える)お金がない

という問題に、常に悩まされていると思います(^^;

 

その点、スパイファミリーは、そんな私みたいな立場でも、コスパよく、時間のバランスよく気晴らしができるマンガだと思います。

Kindleで購入してしまえば、かさばることもなく、ネットで即時購入、閲覧可能です。

また、時間も、スパイファミリーのように6巻程度ならば、仕事終わりで子供が寝たあと、通勤時間などにささっと読むことができます。

1巻あたりの値段もさほど高くなく、私はAmazonで1〜6巻購入しましたが、1巻の定価が502円、ポイントもついたので6巻で3000円弱で購入できました。

 

私は、気に入った漫画は割と何回も読み返すタイプなので(鉄拳チンミも好きで何回も読んでます)、

3000円弱でこのコスパはなかなか、と改めて思いました。

 

ゲームもコスパはよいと思うのですが、ゲームだと今度は時間がいくらあっても足りなくなるので・・・

ハマってしまって、子供ほったらかしでやってしまうと、家族崩壊の危機になってしまいますしね(^^;

漫画くらいがちょうどよいのかもな、と思っていたりします。

 

ぜひスパイファミリーに興味を持たれた方は、まずは公式ページの無料閲覧を見てみて、続きが気になるならばAmazonなどで購入してみてください。

また、ebookjapanで、試し読みということで、すべての巻の一部が、無料で閲覧可能になっています!

ebookjapanならスパイファミリーが一部無料で読める!

 

また、AmazonのKindle版なら、6月4日発売予定の7巻も含めて、全7巻が3012円で購入可能です!

1巻あたり430円と、かなりお得に購入可能です!興味を持たれた方は購入して読んでみましょう!結構ハマりますよ。

スパイファミリー全7巻がAmazonでお得に購入可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました